Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/
真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/
Mari's video https://maritakenouchiyoutube.blogspot.com/
Dr. Bandazhevsky's research paper (English and Japanese) https://bandazhevskypaper.blogspot.com/

2017年5月4日木曜日

USA Today がバンダジェフスキー博士の記事掲載 USA Today Covered Dr. Bandazhevsky





Exiled scientist亡命科学者バンダジェフスキー博士:https://www.usatoday.com/story/news/world/2016/04/17/nuclear-exile-chernobyl-30th-anniversary/82896510/

'Chernobyl is not finished, it has only just begun'「チェルノブイリは終わっていない。始まったばかりである。」

*訳者注Translator's note:バンダジェフスキー博士も福島のことを心配し、何度も来日されています。

Dr. Bandazhevsky visited Japan several times being very concerned with the situation in Fukushima.

そして福島は、いまだ不十分なチェルノブイリの健康被害の報道よりも、さらに報道されていません。

Health hazards in Fukushima has been covered even less than Chernobyl.

Yury Bandazhevsky detailed Chernobyl’s devastating impact on people's health, particularly that of children, in Belarus. Now he lives in exile while the government insists "Everything's OK."
バンダジェフスキー博士が、ベラルーシの特に子供における健康への影響について詳しく語りました。博士は現在、「すべて大丈夫である」と喧伝する政府により、亡命しています。
Yury Bandazhevsky, 59, was the first scientist in Belarus to establish an institute to study Chernobyl’s impact on people's health, particularly children, near the city of Gomel, about 120 miles over the border from Ukraine. He was arrested in Belarus in 1999 and sentenced to eight years in prison for allegedly taking bribes from parents trying to get their children admitted to his Gomel State Medical Institute. He denied the charges.
ユーリ・バンダジェフスキー博士(59)は、ベラルーシに置いて、チェルノブイリの人々への健康影響を研究する機関を設立した初めての科学者であった。特に、ウクライナの国境から120マイル離れたゴメリ市近郊において、子供への健康影響を調査したのである。1999年、博士はベラルーシで逮捕され、8年間投獄された。容疑は、(博士が学長を務めていた)ゴメリ州立医科大学において、子供を入院させたいと希望した保護者らから賄賂を受け取ったと言う事であるが、博士は起訴内容を否定している。

The National Academy of Sciences and Amnesty International say he was detained for his outspoken criticism of Belarus’ public health policies following the nuclear disaster. He was released in 2005 and given French citizenship, after rights groups took up his case along with the European Union, Britain, France and Germany. He now runs a medical and rehabilitation center outside Kiev dedicated to studying and caring for Chernobyl’s victims.

全米科学アカデミーとアムネスティー・インターナショナルは、博士が原発災害の後、ベラルーシの保健政策を明白に批判したことから投獄されたと言明している。博士は2005年に釈放され、人権組織がEU,英国、フランス、ドイツのと共にこの問題を公けにしたことにより、フランスの市民権を獲得した。博士は現在、ウクライナのキエフに置いて、チェルノブイリの犠牲者への医療措置やリハビリを行うセンターを運営している。



Bandazhevsky has not returned to Belarus for fear that his family there could be persecuted or arrested by authorities. 
バンダジェフスキー博士は家族が当局により迫害され逮捕されるのを恐れ、ベラルーシには帰っていない。
Here are his words, edited and condensed for clarity: 
KIEV, Ukraine ウクライナのキエフに在住の博士の言葉をまとめて編集したものを以下に記す— 
If you were told that a lot is already known in Ukraine and Belarus about what Chernobyl has done to these countries, than I can tell you that you are wrong. How can I put it? It is only after 30 years that we are starting to see the real impact. We can say for sure that Belarus was affected more. There was more radioactive fallout there. The doses the general population received were huge. My students and colleagues and I observed it when I arrived in Gomel in 1990 to organize the medical institute (now a university). 
ウクライナとベラルーシでは、チェルノブイリがこれらの国々に行ったことについて多くのことがすでに知られていると言われました。 どう説明すればいいのでしょう? 真の影響が見られるようになったのは30年後になってからなのです。 確信をもってベラルーシがより影響を受けたと断言できます。 ベラルーシにはより多くの放射性降下物がありました。 一般住民が受けた線量は膨大なものでした。 私の学生と同僚は、1990年にゴメルに到着して医療機関(現在は大学)を組織したときに実際に見てきたのです。
At the first, we were observing the effects of the large doses because Gomel was located in the epicenter of this high level of contamination. Then we started to look at the accumulation of radioactive elements in internal organs at lower doses, children’s in particular. We were already seeing a complex pathology affecting the endocrine system (which produces hormones), the cardiovascular system and almost all the internal organs. This was work that had never been done in Belarus and has not been done since.
最初は、ゴメリが高レベルの汚染の震源地にあったため、大量の線量の影響を観察していました。 それから、低線量、特に子供の臓器の放射性元素の蓄積を調べ始めました。 私たちはすでに、内分泌系(ホルモンを産生する)、心血管系、およびほとんどすべての内臓に影響を与える複雑な病状を見ていました。ベラルーシでは一度も行われたことのない作業であり、以来行われてもいません。

When I arrived in Ukraine in 2009, I did not find any serious objective source of information about the state of health of the children and people in the Ivankiv and Polesskiy regions (two areas that neighbor Chernobyl). There was no interest. We have now examined about 4,000 second-generation children and most of them have serious problems with their cardiovascular systems. I was starting to see the same thing in Belarus before I left. I am especially disturbed by irregularities I see in teenagers, in particular boys ages 12-17.
2009年にウクライナに到着したとき、IvankivおよびPolesskiy地域(チェルノブイリに隣接する2つの地域)の子供と人々の健康状態に関する深刻な客観的な情報源は見つかりませんでした。 誰も興味を持っていませんでした。 現在、約4,000人の第2世代の子供を検査しており、そのほとんどが心血管系に深刻な問題を抱えています。 私が去る前に、私はベラルーシで同じ状態を見始めていました。 私は特にティーンエイジャー、特に12歳から17歳の男の子に見られる異常な状態に悩みました。





Around 80% of them have much too high a level of (an amino acid) called homocysteine, which is a recognized marker of heart disease. We have found very serious changes to the hormone levels of 45% of the children. Some Western scientists don’t agree with this because there is no specific marker to prove that this is an impact from Chernobyl. Yet these scientists come here only in small expeditions and they don't have access to any sources.
ティーンエージャーの約80%において、ホモシステインと呼ばれる(アミノ酸)のレベルが非常に高値となっています。ホモシステインは、心臓病のマーカーです。 私たちは、子供の45%のホルモンレベルに非常に深刻な変化があることを発見しました。 チェルノブイリの影響であることを証明する特定のマーカーがないため、一部の西洋の科学者はこれに同意しません。 しかし、科学者は短い期間の遠征でしかここに来ず、いかなる情報源にもアクセスしません。


Several million people in Ukraine live on land contaminated by radiation, so we need to evaluate a very large number of people. But there are no such projects. You have to live among the people here to truly understand what is happening, because the problem is very complicated. I have even tried to send interested people to the cemetery in Ivankiv so they can see for themselves how many graves are there — many who died at a very young age. None of this is in the official statistics.
ウクライナでは数百万人が放射線で汚染された土地に住んでいるので、多くの人々を健康調査する必要があります。 しかし、そのようなプロジェクトはありません。 問題は非常に複雑であるため、何が起こっているのかを真に理解するために、ここの人々の間で生活しなければなりません。 私は、興味のある人々をイヴァンキフの墓地を紹介し、墓がいくつあるかを見ることができるようにしましたが、公式統計にはありません。



I don’t have any objective information about what is happening now with the health of children in Belarus. Everything is closed. The government says, ‘Everything’s OK, everything’s OK.’ But I get telephone calls from people in Gomel and they tell me that many of the children we were observing before I left have died. They were of different ages: 6, 12, 14. I will never forget appearing on television in Belarus with the president (Alexander Lukashenko). I was saying we were seeing very serious problems in children because of radiation, while he was saying ‘Everything’s OK.’ But I can’t touch this, because I can’t go there, or work there.
ベラルーシの子供たちの健康に関して現在何が起こっているかについての客観的な情報はありません。 すべてが闇の中です。 政府は「大丈夫、大丈夫」と言います。しかし、私はゴメリの人々から電話を受け、私たちがゴメリを去る前に観察していた多くの子供たちが亡くなったと聞いています。 6、12、14歳など様々な都市の子供たちでした。私はベラルーシのテレビに大統領(Alexander Lukashenko)と出演したことを決して忘れません。 私は、放射能のために子供たちが非常に深刻な問題を受けていると言っていましたが、大統領は「大丈夫」と言っていました。
For me, the problem of Chernobyl is not finished, it has only just begun.
I am very much afraid that in one or two generations from now, the (descendants) of the population of Belarus and Ukraine that were affected by Chernobyl will vanish. I am afraid of that very much. I don’t want my countrymen to perish. It’s possible that help from the international community to understand what is going on is needed now, just as much as it was immediately after the accident.
私にとって、チェルノブイリの問題は終わっていません。まだ始まったばかりです。
今から1、2世代で、チェルノブイリの影響を受けたベラルーシとウクライナの人口の(子孫)が消えてしまうのではないかと非常に恐れています。 それがとても怖いです。 私は国の民が滅びることを望んでいません。 国際社会から何が起こっているのかを理解するための支援が、今、
事故直後と同じように、必要なのです。