Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2015年12月23日水曜日

ジャーナリストの安田純平さんシリアで行方不明に!Japanese Reporter Missing in Syria

安田純平さんがシリアで行方不明になっており、身代金が要求されている件についての「国境なき記者団」は、その後、記事を撤回しました。

The article on Japanese journalist Jyumpei Yasuda who has been allegedly held hostage in Syria was withdrawn by Reporters Without Borders 6 days later.

(なぜか身代金要求のオリジナルのニュースは毎日新聞以外はほとんどカバーされず(安田さんは元、信濃毎日新聞記者)、撤回のニュースについてはNHK,日経などがこぞって報道。不思議です。)

しかも安田純平さんの行方不明については、どの機関からもほとんど報道されていませんでした。(私自身、知りませんでした。)

However, the original article was covered only by a limited media in Japan such as Mainichi (Mr. Yasuda was formerly a newspaper journalist at Shinano Mainichi Newspaper) and strangely, the withdrawal of the original article was covered widely including NHK, Nikkei, etc...


また菅官房長官がいつものように「全力で対応している」と言っていますが、後藤健二氏の件もあり、本当にそうなのか不安を感じています。その意味で、今回「国境なき記者団」がカバーしたこと自体が、意義があったと思う。とにかく安田純平さんご本人がご無事でいることを祈っています。



In addition, the Japanese Chief Cabinet Secretary, Suga commented, "Japanese government has been dealing with this issue at its best," but looking back the incident of Kenji Goto, it is quite a worrysome situation.  In this regard, I believe that the mere fact that Reporters without Borders covered the issue of Jyumpei Yasuda was meaningful.  I truly hope for the safe return of Jyumpei Yasuda.

RSF withdraws press release about Jumpei Yasuda

Published on Monday 28 December 2015.
Reporters Without Borders (RSF) issued a press release on 22 December about Jumpei Yasuda, a Japanese journalist held hostage in Syria since July. The release was not drafted according to normal procedure and was not sufficiently verified. It has therefore been withdrawn pending fuller information. We ask Yasuda’s family and friends, and the families of other hostages in Syria, to accept our apologies.




http://en.rsf.org/syria-japanese-journalist-in-danger-rsf-22-12-2015,48687.html
国境なき記者団のページより

Japanese journalist in danger, RSF calls for his immediate release

日本人記者が人質にー国境なき記者団、即時釈放を要求


Published on Tuesday 22 December 2015.
12月22日火曜日、パリ発
       
Reporters Without Borders (RSF) calls on the Japanese government to do everything possible to obtain the release of Jumpei Yasuda, a Japanese freelance journalist who was kidnapped in Syria in July and who is still being held hostage by an armed group.

国境なき記者団(RSF)は日本政府に対し、シリアで7月に拘束され、現在も武装集団に人質となっている日本のフリーランスジャーナリスト、安田純平氏の解放のために全力を投じることを要請する。

According to the information obtained yesterday by RSF, those holding Yasuda have started a countdown for the payment of a ransom, failing which they are threatening to execute him or sell him to another terrorist group.

国境なき記者団が昨日得た情報によれば、安田氏を拘束している武装集団は、身代金支払いのためのカウントダウンを始め、身代金が支払われなければ、「安田氏を処刑するか、別の武装集団に売り飛ばす」と脅迫している。

Yasuda was kidnapped by an armed group in an area controlled by the Al-Nusra Front a few hours after crossing the border into Syria in early July. The stories he had wanted to cover included Islamic State’s execution of his friend and fellow Japanese journalist Kenji Goto in January.

安田氏は、今年7月初頭、シリアへの国境を越えた数時間後に、武装集団の管理下にあるAl-Nusra地域の前線で人質となった。安田氏は1月にISにより処刑された、仲間の日本人ジャーナリストである後藤健二氏の報道をしようとしていた。

RSF urges the Japanese government to act quickly. According to their obligations under international law – the Geneva Conventions and their additional protocols, UN Security Council Resolution 1738 on the safety of journalists (adopted in 2006) and a UN General Assembly resolution in 2013 – governments are responsible for the safety of journalists and must take active measures to protect and free them.

国境なき記者団は、日本政府に対し迅速に行動するよう要請する。国際法であるジュネーブ条約と追加議定書、およびジャーナリストの安全について定めた国連安保理決議1738号(2006年採択)及び2013年の国連総会決議によれば、各国政府はジャーナリストの安全と保護、および自由のために積極的な対策を講じることを義務付けている。

We are very concerned about Jumpei Yasuda’s fate and we call on the Japanese government to do what is needed to save this journalist,” said Benjamin Ismaïl, the head of RSF’s Asia-Pacific desk. “We also urge all parties to this conflict to respect the media’s work and to stop taking journalists hostage for political or financial purposes.

国境なき記者団のアジア太平洋地域デスク長であるBenjamin Ismail氏は述べる
「我々は安田純平氏の安否について非常に憂慮しており、日本政府に彼を救うために必要な措置を講じることを要請する」
「また我々は、この紛争に関与するすべての人々に、メディア関係者に敬意を払い、政治的もしくは経済的な目的でジャーナリストを人質にすることを停止することを求める。」

A total of 54 journalists are currently held hostage worldwide, 26 of them in Syria. The world’s most dangerous country for media personnel, Syria is ranked 177th out of 180 countries in the 2015 Reporters Without Borders press freedom index.

現在世界では、54人のジャーナリストが人質となっており、このうち26人がシリアである。シリアは報道陣にとって世界で最も危険な国であり、2015年の国境なき記者団の報道の自由度ランキングでは180国中177位となっている。

2015年11月14日土曜日

川内原発が危険!手遅れになる前に・・Sendai NPP in danger! Before it gets too late...



Mari Takenouchi explainig the danger at Sendai Nuclear Power Plant and other nuclear plants in Japan
こちらは英語、日本語動画は下にあります。



歴史的ともいえる、国家による無謀で人命にかかわる最悪の決断、川内原発再稼働が正式決定いたしました。


Sendai Nuclear Power Plant is to be restarted by the decision of Japanese government, which could be called as a historical decision that ignores the future lives of the people.


2015年から稼働する予定です。しかし川内原発は、以下の質問3以降に書きましたように、敷地の周囲に活断層があり、また地盤もボーリングコアの差し替えの内部告発もあった通り、劣悪な場所です。


Sendai is to be restarted in 2015, but as I wrote in Question 3, it has numerous faults and there was even a whistle blower who confesssed that many changed the sample of boring cores of the site.  (The ground of Sendai NPP is not solid enough so many people exchanged the samples to go ahead with the construction.)


建設前に現地入りした生越忠元和光大学教授は、この事実を拡散されたところ、ある自民党員から刑事告訴されたと言う経緯まであります。


Former professor of Wako University, Mr. Sunao Ogose, a geologist who pointed out this issue, was later criminally accused by a member of Liberal Democratic Party.


90歳を過ぎた生越氏から竹野内は11月17日、手紙を受け取りました。


I received a letter from Mr. Ogose who is over 90 years old now on November 17, 2014.


地盤問題や不当な刑事告訴事件がまるで知られないまま、川内原発が稼働されることを嘆いていらっしゃいました。また反原発団体の不勉強についても嘆いています。


Mr. Ogose is deploring the fact that Sendai NPP is to be restarted without these important facts known widely...He also deplores the insufficient effort by anti-nuclear groups!


どうかこのことを皆さん、広めて下さい。


Dear all, please disseminate the article below!





*******************

7月12日追記:川内原発問題については私の「おかしな人々」や「竹野内真理ファイル」ブログにも掲載しています。
http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/2014/06/blog-post.html

Sendai Nuclear Power Plant issue is covered in the following of my blog.

http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/03/blog-post_15.html


******************



ボーリングコア差し替えの内部告発あり川内原発建設前から反対していた地質学者の生越忠氏も刑事告訴を受けていた!

Former professor of Wako University, Mr. Sunao Ogose was also criminally accused for revealing the facts of Sendai Nuclear Power Plant scandal (intentious exchange of boring core samples) ! 

 
 Mr. Sunao Ogose, anti-nuke geologist
He predicted Great Hanshin Earthquake (1995) and supported a lawsuit against the construction of Rokko Liner in Kobe before the earthquake.  He also predicted Niigata-Oki Earthquake which brought more than 3000 damages to Kashiwazaki Kariwa Nuclear Power Plant.  In 1970s, he gave a warning to Sendai Nuclear Power Plant, which is now decided to be restarted by the government.

新潟沖地震で柏崎原発が事故を起こす以前から活断層の存在を指摘、住民と原発反対裁判。
1995年の阪神淡路大震災も予測し、住民と地元で六甲ライナー反対の裁判を行っていた生越忠元和光大学教授。最も再稼働の可能性の高い川内原発も建設前から警鐘を鳴らす。
 
 
生越忠元和光大学、地質学教授
「開発公害研究資料・第四集」(1982年)より要約、抜粋
Extract and Summary of Mr. Ogose's work, "Document on Development and Pollution Studies, Vol IV" (1982)



***川内原発建設前にボーリングコアの差し替え!***
Exchange of Boring Core Samples of Sendai Nuclear Power Plant Before the Construction!


「おかしいですねえ。ふしぎですねえ。これ、こんなにボロボロでしょ。断層や節理(ひび割れ)が縦横に入っていて、まるで寄木細工みたい。この地層は、原子炉設置場所の基礎岩盤と一連のものなんですけどね。九電は、地質上の問題はまったくないようにいっている。。。」

1975年、12月13日川内原発の反対派地元住民に招かれて地盤調査に入った生越忠氏。


"Wierd...so strange...See?  This easily breaks off like this.  The ground here has countless faults and cracks vertically and horizontally like a wooden mosaic work.  The layer here is the same layer as the ground rock foundation of the Sendai nuclear power plant.  However, Kyushu Electric Company talks as if there is no problem..."


This was the word of  a geologist, Mr. Sunao Ogose who was invited to investigate the foundation of Sendai Nuclear Power Plant on December 13, 1975.



すると同日、川内市寄田町の農業・中野近夫さんが、なんと、九電の下請けの会社でボーリングコアを差し替えたと内部告発をした!


Then on the very same day, Mr. Kimio Nakano (farmer in Sendai City, Yoseda Town) exposed that HE HAD EXCHANGED THE BORING CORE SAMPLE OF SENDAI NPP for the subcontractor of Kyushu Electric Company! 



翌14日、住民側は記者会見を開き、地元各紙はこの件を大きく報道。九電は否定しようとしたが、中野さんは「自分もやったし、他人もやった。やった証拠に、余ったコアを磨いて私の家の茶の間に飾ってあります」と明言。


On the following day, the residents held a press conference and this became a major news in local papers.  Kyushu Electric Company tried to deny the fact, but Mr. Nakano refuted as, "I did it and others did it.  As a proof, I polished a left-over borig core and put it as a decorative ornament in my living room."



この問題は1977年11月21日の参議院科学技術振興対策特別委員会にもちこまれたが、九電や山崎達夫九州大学教授らが「たとえボーリングコアの差し替えがあったとしても結論に影響を与えるようなものではない」と誤魔化した。(影響を与えないものなら初めから差し替えするはずがないのだが)


This issue was discussed in the Committee of Scientific Promotion Measures in the Upper House on November 21, 1977, but Kyushu Electric Company and Tatsuo Yamazaki, a professor of Kyushu University, deluded this serious fact saying, "Even though there was some exchange, there would have been no impact on the decision of NPP construction."


(IF THERE WAS NO IMPACT, NOBODY WOULD HAVE EXCHANGED THE BORING CORES FROM THE BEGINNING!) 



***地元の右翼から告発される*****
Mr. Ogose Criminally Accused by a Local Right Winger



さて私は右のような差し替えの事実は地質学的にも証明できる旨を内外に説明したことを理由に川内市在住の井上正三なる右翼の人物(福田派の自民党員と言われる)から、九電に対する信用棄損・営業妨害の容疑で最高検察庁に告発された。

1976年1月29日付(偶然私がエートスから刑事告訴を受けたのも今年の1月29日!)の告発状は、その後、東京地方検察庁に回されたため、私は3回にわたって同検察庁の検事から取り調べを受けた。


Regarding the above fact of the whistle blower, I explained I could geologically give proof of the boring core exchange.


Then a local right winger called Mr. Shozo Inoue (so called Fukuda Faction of LDP member) criminally accused me for infringement of trust and obstruction of business against Kyushu Electric Company through the Supreme Prosecutors' Office.


Letter of accusation dated on January 29th, 1976 was filed in Supreme Prosecutors' Office and was forwarded to Tokyo Local Prosecutors' Office, and I was investigated by the prosecutors for 3 times.
(Note: Takenouchi was also criminally accused by ETHOS on the same day of 2014!)



しかし私は、ありもしないことをいいふらして故意に九電の信用を棄損したわけでも、九電の営業を妨害したわけでもないばかりか、コアの差し替えは正真正銘の事実であることが参議院で明らかにされたと言う事もあって、私に対する井上正三の告発は不発に終わった。


However, I was not disseminating something untrue or infringed the trust of Kyushu Electric intentionally or obstructed its business.


Moreover, the exchange of boring core is an irrefutable fact which was also revealed in the Upper House, so the accusation by Mr. Shozo Inoue was not successful.



ところが井上は、生越氏が検事に「コアの差し替えの事実はなかったと釈明し、私の言動が行き過ぎであったことを私自身がみとめると共に、この件については、これ以上、井上と争う事はしないと言明した」とまるで正反対のことを宣伝していた。



さらに井上は、みずからが発行している『法律と鹿児島』紙で、生越氏のことを「私立も私立、それも名もない次第のインチキ学者」と誹謗中傷していた。


However, Mr. Inoue was disseminating the following as contrary to the fact,
"Mr. Ogose explained to the prosecutor that the core exchange was not a fact and admitted that his action was excessive and he had no intention to fight legally with Mr. Inoue."


Furthermore, Mr. Inoue was slandering Mr. Ogose saying, "He is a demagogue scholar who is working for a nameless private university."



ところでこの井上氏は自民党の候補者の選挙運動にも積極的に取り組んでいたが、選挙違反で逮捕・起訴されたこともある経歴の持ち主。自民党にとって邪魔な人間を、いろんな難癖をつけてやたら刑事告発したので「告発魔」と言われており、反原発の大阪大学講師だった久米三四郎さんも刑事告発されたと言う。


Mr. Inoue was also actively involved in election campaign supporting for LDP candidate, but he has the records of arrest and accusation for violating the Election Law. 


He is also dubbed as "The Accuser" since he was known for accusing inconvenient people for LDP with various reasons.  A famous anti-nuclear lecturer, Mr. Sanshiro Kume was also criminally accused by Mr. Inoue.






***御用学者の罪と無実の人間を殺人罪にまでしようとした東大名誉教授***
Crime of Government Sided Scholar: A Professor Emeritus of Tokyo Univeristy Who Tried to Put Crime of Homicide on an Innocent Citizen



「真理の探究」という美名に隠れて、ある専門分野の学問の研究に、その道一筋にうちこんできたようなふりをしながら、大学教授などの地位を得た「学者」のなかには、実は学問を食い物にした権力のひもとしか言いようのないような人間が極めて多いこと、しかもこれらの「学者」が、反開発、反公害、反薬害などの闘争に関わる住民・市民を権力に売り渡すと言う卑劣な行為を進んで行っていたという例が少なからずあることが明らかにされた以上、反原発・反公害・反薬害などの闘争は、御用学者糾弾闘争へと必然的に発展していかざるを得なかったのである。


Behind the cause of "Seeking for the truth,"pretending that they had been studying for their expertise, there are many scholars who can be just regarded as puppet of the state power sacrificing the truth of the very expertise. 


It has been revealed that there are MANY examples where these scholars sacrifice honest residents and citizens who are struggling for anti-development/pullution/harmful drugs.


In this regard, there is no other way than pursuing the untruth of government-puppet scholars in the struggle of anti-nuclear/pullution/harmful drugs.



さらにここで指摘しておかなくてはならないことは、警察や司法権力に手を貸し、無実の人間を罪に陥れた極悪非道の御用学者が、とくに国家権力との癒着の強い一流有名国立大学の中に少なからずいると言う事である。


I need to emphasize here that especially in 1st grade state-owned universities, there are many government-puppet evil scholars who would even give helping hands to the police and judicial power, driving innocent citizens into false crimes.


この種の御用学者のうち、もっとも悪質と言われている人は東大名誉教授で科学警察研究所長をも歴任したことのある古畑種基(故人)であるが、かれは弘前事件、島田事件、財田川事件などの冤罪事件で警察側あるいは検察側の鑑定に関わり、白を黒と言いくるめ、無実の人間が殺人罪の汚名を着せられると言う結果を招いた。


The late Mr. Tanemoto Furuhata, a Tokyo Univeristy Professor Emeritus who used to be the dicrector of Science Police Institute is known to be the most evil one until today. 


Having involved in the investigation and scientific judgement on the side of police and the prosecutor in the case of Hirosaki, Shimada, Zaidagawa (they were revealed as false accusation after all), Mr. Furuhata lied that there were evidence of crimes so that innocent citizens were accused as murderers.


********************************
なお、この問題を含め、竹野内は法務省に3つの質問をしましたが、8月1日、法務省から回答できないという回答が来ました。

Including the Sendai NPP issue, I gave 3 questions to Ministry of Justice.  On August1, there was an answer from Ministry of Justice saying that they cannot answer the questions.

メール拝見させていただきました。
 個別の事件に係る弁護士や捜査機関に対するご意見をお寄せいただきましたが,
 法務省は捜査機関ではなく,また,警察や弁護士の監督官庁でもありませんことから,
 直接捜査することはできませんし,警察や弁護士に指導等を行うこともできませんことを
 ご理解願います。
 この度お寄せいただいたご意見については,全国の警察を所管する警察庁や
 日本弁護士連合会にお寄せいただきますようお願いします。

   法務省



(竹野内注:エートスともんじゅ西村事件の問題は日本弁護士連合会にも送りましたが、回答を拒否され、またもんじゅ西村事件については警察庁にも電話しましたが回答を拒否されました。)







国への質問を出した際に、法務省にもメールを送ったのですが、URLのリンクを含めない1000文字以内の質問にしてくださいと回答があり、以下に書き直して7月5日に送りました。

非常に大事な内容だと思いますので、ご覧ください。

Please take a look at the 3 very important questions.


1. 福島原発事故を起こした東電幹部や国の責任者などへは、住民が刑事告訴を起こしたにもかかわらず、警察も検察も捜査さえされませんでした。ところが事故前から地震と原発の問題を憂慮してIAEAに単独直訴まで行い、事故後は「福島の子供たちに多数の甲状腺がんや白血病など健康被害が出ているので疎開させよ、エートスは人体実験である」とツイッターで訴えたシングルマザーの私の所には、沖縄まで福島から警察と検察が沖縄まで来て捜査を行い、起訴猶予となりました。海外のメディアもこれを驚くべきニュースとして取り上げています。不公平な司法措置ではないですか?

1. There was no investigation by police/prosecutor on TEPCO executives in spite of criminal accusation by residents.  However, as for me, a single mother who had visited IAEA regarding nuclear and earthquake issue before the Fukushima accident, and called for evacuation of kids saying through twitter, "health hazards such as many thyroid cancer or even leukemia are observed.  ETHOS is a human experiment" was actually investigated by Fukushima police and prosecutor who came all the way to Okinawa.  I eventually got deferred indictment and foreign media took up this case as a shoking news.  Isn't this an unfair judicial treatment?

2. 1996年に起きたもんじゅ西村事件(動燃のナトリウム漏れ事故調査社内担当の西村成生氏が自殺、それを境にマスコミが事故の報道から離れた事件)では、X線写真や医療カルテ、深部体温の記録などより、飛び降り自殺ではなく、他殺であると検死をしたした医師その他の法医学者がご遺族に見解を話しています。ところが担当弁護士の海渡雄一氏は最も大事な自殺・他殺の争点を無視し、刑事事件としてではなく民事事件として扱い、また警察に問い合わせても「弁護士がそのような対応であれば、警察は絶対に動かない」と言います。このような扱いはあり得ないのではないですか?再捜査すべきではないですか

2. In 1996, Monju Nishimura Case took place, in which Mr. Shigeo Nishimura, in-house investigator of Monju Fast Breeder Reactor accident comitted a suicide.  However, X-ray photoes and medical records showed that he did not jump off from the building and instead was killed, which was testified by the doctor in charge along with other forensic doctors.  Surprizingly, the lawyer who was in charge of this incident took the case as civil case in stead of a criminal case, ignoring the high possibility of homicide.  The police says that they would not make any move if the lawyer acted that way.  I am quite shocked at the treatment of this case.  Isn't it necessary to reinvestigate this case?

3. 40年来の反原発の反骨の地質学者であり、1975年12月川内原発建設前に調査に入った元和光大学教授、生越忠氏は、予定地と連なる地層の中に多くの断層や節理を見つけ、原発建設の地盤として不適切であることを指摘したところ、地元の農家の人がボーリングコアをより強度な地層の土とすり替えていたことを内部告発。この件を発表した後、1976年右翼の人物から九州電力への名誉棄損と営業妨害の容疑で刑事告訴され、最高検察庁が受理、その後東京地検に回され、結局は不起訴となったが、生越氏は3度にわたり取り調べを受けたと言います。本来であれば、九州電力が告発されるべき事件であり、反原発の憂慮する住民や学者に対する嫌がらせとしてか思えず、非常に不当な司法措置と考えますが、どうですか?また川内原発が最も再稼働に近いと言われている現在、この事件を再検証する必要があるのではないですか?

3. In December 1975, former Wako University professor Sunao Ogose made a research on the soil of Sendai Nuclear Power Plant premise, and found out countless number of faults and cracks in the same layer of soil, which showed inappropriateness of building a nuclear power plant in that site.  Then a local farmer who worked at the boring core site confessed that he switched the core with firmer soil. After Mr. Ogose announced this whistle blower's statement, he was criminally accused by a LDP related right winger and the Supreme Prosecutors' Office took up the case.  Then the case was taken by Tokyo prosecutors' office and Mr. Ogose was investigated for 3 times and eventully non-indicted.  To begin with, Kyushu Electric Company who ordered switching the cores should be the one to be criminlly accused and what had happened seems to be harassement against anti-nuclear residents and scholars.  Sendai Nuclear power plant is said to be the one which is closest to the restart.  Isn't it necessary to reinvestigate this case?


驚愕!40年来反原発の地質学者、生越忠氏も、川内原発反対運動で、九電と受益者に大きな不安を掛けたと、自民党系で右翼とつながりのある井上正三なる人物から1976年に刑事告訴、最高検察庁が告訴を受理していた!(ただし起訴は免れたと言います。昔からやられていた手法なのです!)

原発建設前から、原発各地を訪れ、40年以上にわたり反対運動を続けてきた地質学者、生越忠氏著『悪用される科学』(1981年)より

 
私は生越忠氏の本はすべて復刻版を創るべきだと思います。
『開発と公害』シリーズ(自費出版で100冊以上ある)なども秀逸です。
原発建設前から各地の地質調査をした反原発地質学者は彼だけです!

  • 現地調査に臨んだところ、川内原発の原子炉設置予定地の地盤は、断層や節理でずたずたに切られた、傷だらけのもの

  • 1965年にこの地域一帯の地質調査をした鹿児島県が、地盤を安定したものと見せかけるため、中生層を古期岩層に塗り替え

  • 川内川筋に存在すると推定されていた大断層を抹殺

  • 九電の下請け業者がボーリング・コアの差し替えという恐るべき行為を続けていたことが、内部告発によってわかった。「私や他の作業員、現場監督などが、何回もコアを差し換えた。差し替えは公然と行われていた」

  • ところがボーリングコア差し替え事件を、九州大学生産科学研究所の山崎達雄教授がごまかしてしまった!)

  • 当時、鹿児島大学理学部地学科の露木利貞教授に公開質問するも、露木教授は逃げ回った。

以下は『開発と公害』第87号より(1999年9月)






より簡単に理解したい方は、竹野内真理のこちらの動画を!


  • 鹿児島の中心街は川内原発からたった44km
  • 現地調査を建設前の1975年に行った生越氏は、 敷地の一部および周辺の平山溶岩に顕著な断層粘土を伴った大規模活断層ありと主張したが、九電は無視。
  • 川内原発の敷地の一部を含む南九州地方の新第三世紀末ないし第四紀古期の火山岩類に断層で切られている部分があることは、以前から公知の事実で文献も発行されている。ところが、これも九電も国も無視。
  • 1979年の着工前であった、1977年、村山喜一衆議院議員からの質問に、国は断層の存在は認めつつも、問題にならないと国会答弁。
  • 1997年、2回にわたり「鹿児島県北西部の地震」が発生。一回目はM=6.5(深さ12km)で震度5強、二回目はM=6.3(深さ9km)で震度は6弱。 →それでも川内原発は止まらなかった!(より地震規模が大きく、震央距離が川内原発に近く、震源深さがより浅ければ、重大事故が起きていた可能性。)
  • 1997年地震は、プレート間地震でもなく、海洋プレート内地震でもなく、大陸プレート内の潜在活断層の再活動によっておこった活断層地震であることは確か。
  • ところが、97年の地震では活断層もリニアメントも見られなかった。つまり同地域には潜在的に断層が存在。
  • ただし、上記活断層はボーリング調査(せいぜい深さ3km)で分かる範囲ではない。九電は「活断層の存在がわかっていない」というべきところを、「活断層は存在していないことが分かった」とすり替えた。
  • 1997年地震の後に、非常に余震が多かった。(断層や節理が多い地層なので、蓄積されていたひずみエネルギーが一挙に放出されなかった可能性)
  • 佛像構造線が川内原発の敷地の製法を通っているので、延岡ー紫尾山構造線の南方延長部が、もし、川内川河口の左岸付近にまで及んでいるとすると、その位置は、佛像構造線の東方、つまり川内原発の敷地内または近傍になり、内陸直下型の大陸プレート内地震が発生する可能性が多分にある。
  • すべての原発に言えることだが、原発の支持基盤が地震断層の出現によって変位・変形することがあり得るのに、これを原発の耐震設計では考慮していない。
  • 建築物の固有周期と支持基盤の固有周期が似通っていて共振現象を起こすと、より大きな被害をこうむる。剛性の強い原子炉施設は、震央距離が短い大陸プレート内地震が起こった場合に共振現象を引き起こす恐れがある。
  • 1978年9月29日、活断層の定義を50万年前以降に動いたものから5万年前以降にしてしまった。(現在は40万年前以降)
  • 施設の基礎岩盤に変位・変形が生じた場合は、たとえ施設をいかほど頑丈に作ったとしても、被害の発生が防止できなくなる恐れがある。原発は、基礎岩盤が破壊されることはないという誤った前提に立っている。
  • 九電は海洋プレート内地震を全く無視している。1909年の宮崎県西部の地震はM=7.6、深さ約150kmのユーラシアプレートとその下に沈み込んでいるフィリピン海プレート内の地震。震央位置は、宮崎・熊本両県境にある市房山付近で、川内原発に近い延岡ー紫尾山構造線が走っている。
  • 海洋プレート内地震には、プレート間地震とほぼ同一の巨大地震もある。例:1911年喜界島近海の地震(M=8.0、深さ=100キロメートル)、1993年釧路沖地震(M=7.8、深さ101km)、1994年北海道東方沖地震(M=8.1、深さ23km)
  • 特に上記の海洋プレート内地震である、喜界島近海の地震では、震央位置がより北方で発生する可能性もあるのであり、その場合は川内原発の敷地の直下で、見かけ上は「内陸直下型地震」の形をとった海洋プレート内地震が発生することも皆無ではない。(ただし、電力会社は海洋プレート内地震を検討していない)
  • 地震が今まで起こっていないとされていた空白域でM=7.5を超える大地震、もしくはM=8.0前後という巨大地震が起こった例はある。
  • 川内原発に関しては、大地震の空白域であること、97年の中地震で活断層が存在することが明らかになったこと、そして九州電力が国内で最低基準の地震動を川内原発に適用してしまったことで、地震による危険度は高いと言える。



2015年10月22日木曜日

Important! Bandazhevsky's Latest Studies バンダジェフスキー教授の最新研究 (重要)

Dr. Bandazhevsky's latest studies are here! チェルノブイリの第一人者、バンダジェフスキー教授の最新論文がこちらで読めます!





The latest paper refers to the elevated level of mortality rate among people living in contaminated areas.  (ETHOS which let people to stay in contaminated areas is truly nonsense!)


一番上にある最新の論文では、汚染地域に長く住む人々の間で、ガンや循環器系の疾病による死亡率が高まっている事。(本当に汚染地域に住み続けるエートスどころではないのです!)


One of the cause is metabolism disturbance leading to cancer, cardiovascular diseases, diabetes, chronical miscarriages, congenital malformation, etc.


その原因の一つとして代謝阻害により、ガン、循環器系の疾病、糖尿病、慢性流産、先天性異常などが引き起こされていると考えられると言う話。




Dr. Bandazhevsky mentioned that particular attention should be paid to the lealth of boys aged 12-17 years.  Yes, they are experiencing the 2nd generation in Chernobyl...though in Hiroshima and Nagasaki, even health impacts among 2nd and 3rd generations have been denied till today....


また2番目の論文で、教授は2世代目では12歳から17歳の男子に特に憂慮される循環器系異変が見られると述べています。


そう、もう2世代目なのですね。チェルノブイリでは。広島・長崎では2世代目の健康被害でさえ、否定されていますが、チェルノブイリでははっきりと出ているのだなあと改めて思いました。


Dr. Bandazhevsky continued, "Pathologies found in the adolescent period are the basis for the occurence of serious diseases leading to death in adults." (from the Conclusions of "Chernobyl: Prospects for the Second Generation")


バンダジェフスキー教授はさらに続けています。「思春期に発見される病変は、成人になった後、死にもつながる深刻な疾病発症の基礎をなすものである。」 ("Chernobyl: Prospects for the Second Generation"のConclusionより)

2015年3月10日火曜日

Message to Mr. Abe from Ms. Shimabukuro, Okinawan Grandmother 沖縄のおばあから安倍首相へ

竹野内真理の最新記事:

月刊誌『紙の爆弾』安倍政権に反対すべき七つの理由特集号

「辺野古基地建設 本土マスコミが沈黙する市民への暴力と 「基地災害」の可能性」

Webもしくは書店でご注文を!

*************


85歳の辺野古の伝説のおばあ、島袋文子さんが、キャンプシュワブ前のダンプカーにしがみつく指を機動隊に一本一本外され、後ろに転倒、一時意識不明で救急搬送の連続写真。 後ろにいた複数の警官たちは避け、おばあを守らず、写真撮影していただけという。。
沖縄の俳人でカメラマン、豊里友行さんのブログより toyotanneru4.ti-da.net/e7018430.html


この重大ニュースは地元マスコミにはカバーされたが、本土のニュースにはひとつもなっていない。


85 year old legendry Henoko Gramdmother, Ms. Shimabukuro was carried by an ambulance after each of her finger on the dump truck mirror was taken away by a riot police and fell off to the ground in front of the Camp Shwab where a new US Base is being constructed.  She was at one time unconscious and no police man was trying to protect her when she was falling with her head against the concrete ground, which made her unconscious.  An ambulance was called only by the citizens and police were only taking pictures of her on the ground...this became only a local news and never covered by any national news.


The series of photos were taken by an Okinawan photographer/Haiku poet, Mr. Tomoyuki Toyosato.
toyotanneru4.ti-da.net/e7018430.html


***
2014年9月撮影の島袋文子おばあの動画
Video of Ms. Fumiko Shimabukuro (Sep 2014)


留置所に入っても辺野古新基地をつくらせないと語った85歳の沖縄戦体験者、島袋文子さん。(真ん中)


左側の上間芳子さんは、「65歳以上は子育ても終わっているし、最前列で闘うべき。」


The following is the famous Okinawan 85 year old grandmother, Ms. Fumiko Shimabukuro. (middle)


Ms. Yoshiko Uema on the right said, "Women above 65 years old should fight in the frontline at Henoko, since they finished child rearing..."


なんとお二人とも、以下のビデオを収録した後、辺野古新基地問題で機動隊のやりとりで頭を打ち、脳しんとうで救急搬送されていました!!!(ありがたいことに、お二人のけがは軽傷ですみましたが、おふたりとも一時意識を失ったそうです!このような大事なニュースが全国紙に載らないなんて!島袋さんの沖縄タイムズ記事は文末に)


To my surprise, both of them had concussion facing against the mobile police and were carried by the ambulance  late 2014 in front of Camp Shwab where new Henoko US base is to be constructed.


Luckily, their injuries were not serious, but both of them at one time lost their consciouness by hitting their heads!  Amazingly, this news did not become national news and was covered only locally... the article in Okinawa Times is at the end of this page.






3月9日、久々に辺野古のキャンプシュワブ前の座り込みテントに行き、島袋文子さん(85歳、沖縄戦中は15歳)にお昼のお時間にお話を聞きました。


だいたいの内容を記します。


On March 9th, I visited the sit-in tents in front of Camp Shwab near the new Henoko US base and listened to the story by Ms. Fumiko Shimabukuro, 85 year old Okinawan famous grandmother.  Please read the following message to Mr. Abe.


******


戦前、「朝鮮、台湾、うちなー(沖縄県民の事)」と言われていた。


Before the war was ended, Japanese people used to say, "Korean, Taiwanese, Uchina (local Okinawan people)" 


私たちは同じ人間なのに、差別されてきた。
We have been discriminated though we are the same human beings with Japanese.




しかし沖縄の女性たちは強く闘ってきた。
However, Okinawan women were fighting quite strongly.


女性は強い。子供たちを産み育てねばならないのだから。
Women are strong.  Because they have to give birth to children and to rear the children.




大人は2,3日我慢できるが、子供は違う。
Adults can stand hunger for 2 or 3 days, but children are different.


戦中は山の草木も食べれるものを捜し歩いた。
During war time, we used to look for food in mountains.




腹をすかし、水さえ十分ないなか、お芋、米、砂糖などはすべて日本軍にとられた。
We were all hungry without enough food and even water.  But Japanese army took away all the food such as potatoes, rice and sugar.




わたしたちに残ったのは、ちんくわーと呼ばれる水っぽいかぼちゃを水で煮たものだけ。それでもごちそうだった。
What was left for us was only waterly pumpkin.  We boiled the pumpkin with water, and still it was a feast for us.




ところが日本軍は沖縄県民を殺しこそすれ、守ってはくれなかった。
But Japanese soldiers never protected us though they killed us.




軍は権力を持ち、やりたい邦題。警察も一言もものが言えない。


壕の中では、軍人は一番奥に陣取った。
The army had the power and did all they wanted.  The local police could not say a ward to the army.


Soldiers stayed in deep in the shelter and told mothers with infant children in the shelter.




そして幼子をもつ母親には、「出るか、(泣いている)子供を殺すか、どちらかにせよ」と言われた。
"Mothers and crying children should get out of the shelter, or mothers should kill the children."




子どもを殺せるはずがない。(砲弾が飛び交う中)母子たちは泣く泣く壕を出て行った。
For mothers, it was impossible to kill their own child.  They had no choice but to go out to the outside where shells were attacking like rain.




日本軍は悪いことをしても、悪いことをしたと認めない。
「叩き殺したいくらい」だ。
Japanese army never admitted though they had done horrible things.  I sometimes feel like smashing them until they die.




沖縄に来たカシマという偉い軍人が今も生きているらしい。
彼はこう言ったそうだ。


I heard a man named Kashima (army officer who stationed in Okinawa) is still alive.  I heard that he said,




「日本軍は文明を守り、悪い事はしていない。」
"Japanese army protected our civilization and did not do anything wrong."




彼は久米島で沖縄県民の虐殺を命じた人物である。
He is the very person who order the massive killing of Okinawan local people in Kume Island.




いったい沖縄の人間を何だと思っているのだろう。
What on earth are these people thinking of Okinawan people?




「命の予備」というものはない。
There is no reserve for life.




あろうことか、日本軍は「子供たちを命の盾」にしたのである。
Unbelievably, Japanese soldiers used Okinawa children as shields for protecting their own lives.




子供たちを盾にして、自分たちは逃げたのだ。
They themselves ran away leaving children as human shields.




私は米軍を憎んでいるが、自分が半身大やけどをして捕虜になった時、とりあえず米軍は入院させてくれた。だから私は今生きている。


I hate US military but at least they treated me with burns half of my body at the hospital.  That is why I am alive now.




日本軍だったら、大けがを負った私は、ほっておかれたであろう。
If it was with the Japanese military, me who was heavily injured at the time should have been left alone.




私は日本軍の腐った精神を踏み潰したい!
I really feel like stamping on the rotten spirits of Japanese military!




今の政治家は戦時下がどういうものか、戦争の苦しみを知らない。
Current politicians do not know how it was during the war and do not know the suffering of the people under the wars.



安倍晋三も今、未来世代を権力で踏み潰そうとしている。
Mr. Shinzo Abe is now trying to stamp on the future generations.




しかし私たちは、あの雨のように降る砲弾の中を、生き延びてきた。
However, we survived under the rain of shells.




だから絶対負けたくない。
So we would never want to be defeated.




しかし、今解決の方法がない。
But how?  There is no solution right now.




だから私は安倍首相に言いたい。
Therefore, I would like to have some words with Prime Minister Abe.




私は無学だから、国会議員を通して、安倍首相に手紙を渡したい。
I had received no education, so I would like to pass my letter to Prime Minister Abe through a Diet member.




安倍首相に言う。
I would like to ask Prime Minister Abe.




「国民の命と財産を守る」と言いながら、なぜ人質になった若者たち(後藤さんと湯川さんの事)を殺させた?
You say, "I will protect the lives and properties of our people."


Then, why did you let the young Japanese hostages be killed?




一人の人間も助けられない人間が、どうやって国民の命と財産を守るのか?
How can a person who could not save even a single person's life declare, "I will protect the lives of our people"?




「命を守る」などという言葉を軽々しく使わないでほしい。
Please do not use the word, "I will protect the lives" without sense of reality.




(ちなみに島袋さんは、15歳の時、自分も半身おおやけどを負いながら、米軍の病院で安楽死させられそうになっていた目の不自由な重症の母親を自分自身けがを負った背中におぶって逃げた。彼女は生き延び、母親も95歳まで生きたと言う。)


(At the year of 15, Ms. Shimabukuro had burns half of her body due to the attack by the US.  Still she carried her heavily wounded mother who was about to be killed with injection in the US hospital on her injured back and fleed from the hospital to save her.  She managed to survive and her mother also lived until the age of 95 years old.)




沖縄戦でも自分の親兄弟の命も助けられない人々がたくさんいた。
There were many people who could not help their own families.




自分たちの命も危うかった。(注:沖縄戦では全人口40万人の内、4分の1以上に当たる市民が戦死した)


Even their own lives were at risk.
(Note: In the battle of Okinawa, more than the quarter of the Okinawan population were killed.)




命を守るなどと、軽々しくいってほしくない。
I do not want to hear Mr. Abe say, "I will protect the people's lives" irresponsibly.




言葉が軽々しいのだ。現代の人々はお金で生活をしているから。
Politicians' words are too light and almost meaningless.  Maybe because the people living in this age are living with money.




私は鳩山内閣の時も、「話ができないのであれば、私を殺せ!」と機動隊とトラックの前に立ちはだかったことがある。
In the time of Prime Minister Hatoyama's regime, I once stood in front of the riot police and a truck saying, "If you cannot talk with me, just kill me!"




なぜ沖縄が2度も殺されなければならないのか。
I really do not understand why Okinawa should be killed twice.




(以上)
End of Ms. Shimabukuro's talk


************


島袋さんは、昨年11月に辺野古基地前の座り込みで、なんと救急搬送されています。
On November 20, 2014, Ms. Shimabukuro was carried by an ambulance during the sit-in and struggle with the riot police in front of the new Henoko US Base.






http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=91491


辺野古85歳女性けが 強制排除、一時意識失う

85 year old woman was forcibly displaced and injured with temporary unconsciousness


2014年11月21日 06:10              
     

【名護】新基地建設への反対行動が続く名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で20日午前、抗議していた市辺野古の島袋文子さん(85)が県警に排除された拍子に転倒し、市内の病院に搬送された。一時意識を失い、側頭部打撲などの軽傷と診断された。


In the morning of November 20th, Ms. Fumiko Shimabukuro (85) was fell down when she was forced to move by the the Okinawan prefectural police and was carried to a hospital in Nago city.  She was unconscious at one time and diagnosed as having a blow at the temporal region on her head.

 目撃したカメラマンの豊里友行さん(38)によると、島袋さんは基地内に入ろうとするダンプカーのミラーをつかんで阻止しようとしたが、機動隊員に手をはずされ、その拍子に転倒した。
 強制排除で自身も手を負傷したアルバイトの女性(31)は「おばあを守るべき警察は、島袋さんが倒れているのに写真を撮っていた。本当にひどい」と悔し涙を流した。


According to the witness cameraman Mr. Tomoyuki Toyosato (38), Ms. Shimabukuro was trying to stop the dump truck which was going into the new Henoko US base by grabbing the front mirror, but the riot police took her hands off the mirror and she fell down to the ground.


A female part-time worker who was also injured at the spot said with tears, "The police should have protected the old lady but instead, they were taking pictures of her lying on the ground.  How inhumane..."

 現場に駆け付けた三宅俊司弁護士は「被害者本人から話を聞き特別公務員暴行陵虐罪で告訴したい。この責任は取らせる」と話した。
Lawyer Toshiji Miyake who dashed to the spot said, "I would like to make an criminal accusation on this case after listening to Ms. Shimabukuro.  I would like to make the person pay some responsibility."
 
 県警は「警察官が転倒させたという事実はない」と否定した上で「女性が転倒したのを機動隊が確認し、テント近くまで運んだ。トラブルやけが人が出ないよう対応している。引き続き安全確保に努める」としている。


The prefectural police denied the allegation of falling her down and said, "A riot police found a woman falling down and they took her to a tent.  The police is acting so that there will be no trouble or injuries.  We will continue to keep safety."