Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年2月21日金曜日

RT: ETHOS Japan Started! 刑事告訴下の竹野内インタビュー動画、同時期に日本版エートス本格始動!

5月22日、竹野内へのエートス代表からの刑事告訴は取り下げられました。しかし、日本版エートスと言えるものはまだ本格始動しています。また、福島の子供たちの甲状腺がんと疑いは89名となっているのに、健康被害は認められず、国はいまだ原発を再稼働させようとしています。ぜひ、今後とも情報拡散をしていきましょう!!

On May 22, the indictment against Takenouchi by ETHOS leader was dropped.  However, Japan ETHOS has been in full swing!  Prime Minister Abe does not admit any health hazards though there are as many as 89 thyroid cancer kids in Fukushima and the government is trying to restart nuclear power plants.  Accordingly, let's keep disseminating information!

健康被害も従軍慰安婦問題も隠そうとする安倍首相の話
89 thyroid cancer kids and Prime Minister Abe
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/09/dear-citizens-in-world-prime-minister.html



余談:IWJの動画は、エートス代表による刑事告訴について検察の捜査がこれからという大事な時に、「日数がある程度たつと格納することになっています」と岩上さんに言われ、非公開にされてしまいました。
(ただし、この動画はきー子さんが一部文字お越しをしてくださいました。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3576.html


その後、私が独自にある方にお願いして撮影した英日の動画がこちらです。実はIWJの方からは、せっかく撮った英語の動画のタイトルを英語にできない(それでは見て下さる外国の人はいない!)とか、日英とも自分のブログには共有できないことなどを言われ(非常に疑問に思いました。もとの情報源は私なのに)、それでは拡散できないと思い、取り直したのでした。
(前日モトケンこと矢部弁護士に嫌がらせをされ、疲れた老け顔だった理由もありますが、あくまでそれは理由の一部です。)


今はカメラも安い時代。私は動画も、団体や有名ジャーナリストに頼らず、皆が撮影して自由に拡散すべきと思います。

Save Kids Japan by Mari Takenouchi, Japanese Mom & Journalist
(English)
 
 
日本版エートス本格始動と竹野内真理、エートスから刑事告発
(日本語)


エートス問題、ICRP、ホールボディーカウンター、福島の子供たちのがんの転移の話など
Mari Takenouchi, talking about ETHOS, whole body counter figures, Fukushima childrens' cancer metastasis


福島では、恐ろしいことに子供向けのがんセミナーが開かれようとしています。このようなこと、許されるのでしょうか?
 
In Fukushima, surprisingly, there will be a cancer seminar for kids.  Do you think this can be forgivable?




***************

さて、ほぼ同時期に福島では大変なことが起きていることを知りました。



以下のOur Planet TVからの転載記事をご覧ください。

また、エートス主催者、ロシャール氏(仏原子力村の経済学者)はICRP副委員長の肩書で福島医大と覚書を締結、そして、復興庁が日本版エートスに乗り出しています。
(こちらは国が前面に出るよりも地元の人々にやらせたほうが、胡散臭さがないかららしい)

Coinciding the criminal accusation against me by the Japanese ETHOS leader, Mr. Jack Rochard, French ETHOS leader who used to work for French Atomic Energy Comission, had concluded a memorandum with Fukushima Medical University!
(Mr. Jack Rochard was using his title as Vice Chairman of ICRP)

Meanwhile, Japanese Reconstruction Agency embarked on the Japanese version of ETHOS as in below.  (They say that if residents are more involved, they would become less skeptical...)


福島医大とICRPが事業協力で覚書締結
Memorandum between Fukushima Medical University and ICRP


投稿者: ourplanet 投稿日時: 木, 02/20/2014 - 04:08



仏原子力ロビー、エートス代表でICRP副委員長でもあるジャックロシャール氏の動画

Mr. Jack Rochard, the director of ETHOS and vice chairman of ICRP

 


福島県立医科大学と国際放射線防護委員会(ICRP)は19日、事業協力で覚書を締結した。福島から世界に発信されている情報は必ずしも正しいものばかりではないとして、福島医大とICRPとの関係をさらに発展させ、情報共有や発信などを強化する。
On February 19, 2014, Fukushima Medical University and International Committee on Radiological Protection (ICRP) concluded a memorandum to reinforce sharing and sending out information on Fukushima, which they say is not always correct, through enhanced relationship between the University and ICRP.


 
この覚書の締結は、2011年秋から、ICRPが福島県内でシンポジウムや住民との「ダイアローグ」などを開催する際に、福島医大が協力してきた実績をもとに、関係性を明文化したもの。

The memorandum is a stipulation of relationship of Fukushima Medical University and ICRP, which conducted symposiums in Fukushima through Dialogues, supported by the University.

ICRPが福島医大の関係者に対して、防護体系に関するアドバイスを提供するなどの協力を行う一方、福島医大は福島県民健康管理調査の結果を、ICRPのネットワークを使って情報発信し、国際的な理解を促進させたいとしている。
While ICRP is to cooperate by providing advice for radiation protection system, Fukushima Medical University will send out information of the Fukushima Prefecture Health Survey through ICRP network in order to enhance international understandings.

また、ICRPは、福島原発事故の経験をもとに、新たな防護体系の構築することも視野に入れる。

In addition, ICRP is eyeing on building a new radiological protection system based on the experience of Fukushima nuclear accident.


 
締結式では、福島医大の菊地臣一理事長兼学長とICRPのジャック・ロシャール副委員長が覚書に署名。阿倍正文副学長兼放射線医学県民健康管理センター長と同センター国際連携部門の丹羽太貫特命教授が同席した。

In the ceremony, Mr. Shinichi Kikuchi, the chief director/president of Fukushima Medical University, and Mr. Jack Rochard, the vice chairman of ICRP signed the memorandum.  Mr. Masafumi Abe, the vice president/director of the Radiological Medicine Prefectural Health Management Center, and Special Prof. Otsura Niwa, the international liason of the Center were attending.

菊地理事長は「国際防護の世界的権威であるICRPのネットワークを活用し、世界と連携していきたい」と述べ、ロシャール副委員長は「福島の人々のために力を尽くす」と述べた。
The chief director Kikuchi said, "We would like to enhance international coordination using the network of ICRP, the global authority of international radiological protection."

 
会見では、記者から、締結によって何が変わるのかといった質問が相次いだが、ロシャール副委員長は「この締結によって、ICRPが具体的な取組みをすることはない」と回答。福島の経験を生かして、新たな防護体系を構築したいと述べた。

In the press conference, questions such as what would change after the conclusion etc, and Mr. Jack Rochard answered, "There is no concrete plans as to what ICRP will do after the conclusion," adding that he wanted to build up new radiological protection system using the experience of Fukushima.

 
<配布資料>Distributed materials.

福島県立医大とICRPとの覚え書き(日本語)
http://www.ourplanet-tv.org/files/jpn.pdf
MEMORANDUM OF AGREEMENT BETWEEN FMU AND ICRP (Englsh)
http://www.ourplanet-tv.org/files/en.pdf

 

「日本版エートス」本格始動へ〜帰還促進に向けリスコミ強化

Full-fledged Japanese ETHOS to be started~Stepped Up Risk Communication toward Enhanced Return of Residents to Fukushima 

投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 02/18/2014 - 03:44

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1729より転載

復興庁は18日、原発事故による健康影響への不安低減策として、「帰還に向けた放射線リスクコミュニーションに関する施策パッケージ」を公表。個々人の不安に対応するため、地元人材の活用し、車座や一対一の少人数によるリスク・コミュニケーションを強化する。
On February 18, the Reconstruction Agency announced "Package on Radiation Risk Communication Toward Return of Fukushima Residents."  In order to cope with concerns of individuals, local human resource is to be utilized holding small meetings and person-to-person communication on radiation risk. 

 
この施策パッケージは、原発事故の旧警戒区域の避難解除に向け、住民の早期帰還を促進しようと、環境省と復興庁がまとめたもの。地元の住民が「依然として放射線による健康影響等に対する不安を抱えている」として、「国際的な知見や線量粋人に関する考え方を、分かりやすく伝える」ことが急務だとして、国が積極的に不安解消策に乗り出す。

This package was consolidated by Ministry of Environment and Reconstruction Agency to promote early return of residents.

The government is now aggressively involved in erasing residents' anziety on health effects by radiation, by conveying international findings and ways of thinking on radiation doses.

 

 
同パッケージの取りまとめを行った復興庁の秀田智彦参事官は、国が表にでると「国の都合の良いように説明している」などと指摘する声があると紹介。地域にとけ込んでいる地元の方をリスクコミュニケーション人材として育成したいと述べた。
Mr. Tomohiko Hida, a counselor of Reconstruction Agency who conslidated the Package said, "There are voices saying, If the government comes forward, residents would think that the government is forcing residents some convenient explanations.  Therefore, we would like to nurture human resources of risk communicators among local residents."

また、チェルノブイリ原発事故後、EUがベラルーシの一部地域で実施した「エートス・プロジェクト」などを参考にした、車座などによる少人数のリスクコミュケーションを強化。「講義」形式ではなく、講師を囲んでの親密な対応を推進する。地域には相談拠点を設け、相談員も配置する。
The Agency also is going to fortify small number risk communications based on ETHOS project conducted in part of Belarus by EU.  In stead of lecures, they are going to promote intimate communication with lecturer in circle.  They will also provide counselling places with counselors.

 
これらリスコミを進める際の手引書として、10の省庁が連携して「放射線リスクに関する基礎的情報」を作成。各自治体や相談員などに配布する。同手引書は、「100ミリシーベルト以下の被ばく線量では、被ばくによる発がんリスクは小さい」と説明。
As a hand book for their risk communication, they prepared, "Basic Information on Radiation Risk" by 10 Ministries.  In the Handbook, it says, "The cancer risk by radiation exposure is small under 100mSv."

去年10月に国連科学委員会(UNSCEAR)が公表した「福島第一原発事故の放射性被ばくによる急性の健康影響はなく、また一般住民や大多数の原発従事者において、将来にも被ばくによる健康影響の増加が認められる見込みはない」との評価を引用している。
In October 2013, UNSCEAR announced, "There has never been any acute health hazards by radiation after the nuclear accident, and there is no prospective of increase of health effects among local residents and most nuclear workers in the future," which was cited in this handbook. 

巻末には、この手引書にアドバイスを寄せた専門家の名前がずらりと並び、その数は54人にのぼる。同手引書は初回3000部を印刷すものの、基本的にはインターネット上に公開し、情報が更新される度に内容を見直すことにしている。
In the end of the Handbook, 54 names of experts are listed.  3000 copies of the Handbook is to be printed initially, but it will be on the internet and will be updated. 

 

 
これらの施策について、記者からは「100ミリ以下はがんは増えないというのは政府の見解か」「リスク・コニュケーションを強化することによって、かえって政府への不信を高めるのではないか」など質問が殺到。
On these measures, there are countless questions such as, "Isn't it a government opinion that there will be no increase of cancer under 100mSv?" "Don't you think residents would be more skeptical against the government by fortifying the risk communication?"

福島県の地元紙記者は声を荒げながら、「これによって、被ばくを我慢しろというのか」「健康への不安を抱えて生きるのはバカだと言いたいのか」「福島県に放射性物質が降ったという環境に置かれている現状をどう説明するのか」と厳しく追及した。
Some Fukushima local reporters yelled, "Are you saying that Fukushima residents should put up with radiation exposure?" "Are you calling residents as idiot if they fear about health effects?" "How do you explain about the situation in Fukushima with fallout from nuclear power plants?"

 
政府は、旧警戒区域の避難解除に向け、福島県に対し新たに512億円(平成25年度補正)、1087億6100万円の「福島再生加速化交付金」を積み増す。この一部なども、相談員の配置など新規のリスク・コミュニケーション対策に充てられる。対象地域は、避難指示を受けた12市町村が中心。それぞれの回数や規模、人数など詳細の検討はこれからだとしている。
The government has provided additional 51.2 billion yen (supplementary budget) for lifting the evacuation zones and 108.761 billion yen for "Subsidy for Accelerating Fukushima Reconstruction."  Part of them will be used for allocating counselors and holding new risk communication measures.  The areas in subject are mainly 12 municipalities, where the evacuation has been ordered. 

Reference materials (Japanese)
 
「帰還に向けた放射線リスクコミュニケーションに関する施策パッケージ」
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-1/201402171759...
「放射線リスクに関する基礎的情報」
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-1/20140218_bas...




 

 

  

2014年2月3日月曜日

国境なき記者団も竹野内の起訴猶予判決を批判!Reporters Without Boarders Criticized Japanese Prosecutor's deferred indictment on Takenouchi !



国境なき記者団も、フリーランスジャーナリストの竹野内がエートスに刑事告訴されたこと、そして日本の検察が起訴猶予というの判断をしたのはおかしいと批判!以下に記事を掲載します。
****************************

Reporters without Boarders criticized the criminal accusation by ETHOS to freelance journalist Mari Takenouchi and also criticised the Japanese prosecutor's judgement, "deferred indictment." The following is their article.
 
国境なき記者団の竹野内へのエートス(福島への機関を奨励する市民団体)からの刑事告訴と日本の原子力推進と帰還促進を批判する記事
Reporters Without Boarders criticized ETHOS criminal accusation on Takenouchi and Japanese policy to return Fukushima residents.

Japanese prosecutor suspends contempt proceedings against journalist

日本の検察官、ジャーナリストへの侮辱罪を起訴猶予

Published on Friday 30 May 2014.

2014年5月30日      
 
             

Reporters Without Borders takes note of prosecutor Eiji Masuhara’s decision to suspend “criminal contempt” proceedings against freelance journalist Mari Takenouchi in connection with her coverage of the aftermath of the Fukushima Daiichi nuclear disaster.

国境なき記者団は、フリーランスジャーナリストの竹野内真理氏による福島第一原発事故後の発信で「侮辱罪」で告訴されていた事件で、検察官の増原英司氏が起訴を猶予したことに注目している。

The proceedings were initiated as a result of a complaint by Ryoko Ando, the head of an organization called Ethos, after Takenouchi tweeted that its efforts to get people to return to live in contaminated areas were an “experiment on human beings.”

竹野内氏が汚染地帯に人々が帰らせ居住させようという行為が「人体実験」にあたるとツイートしたことに対し、エートスという団体の代表である安東量子氏が刑事告訴をした。
(竹野内注:エートスという団体は福島への帰還を奨励している団体ではないと国境なき記者団の当初の記者には説明していましたが、この記事を書いた別の記者が把握していなかったと思います。)

“The decision to suspend the proceedings against the journalist Mari Takenouchi is obviously encouraging, but we persist in calling on the authorities to abandon them altogether and not just suspend them,” Reporters Without Borders secretary-general Christophe Deloire said.

国境なき記者団事務局長、Christophe Deloire氏は言う。「ジャーナリスト竹野内真理氏が起訴猶予されたことは明らかにうれしいニュースであるが、しかし当局は、起訴を猶予するだけではなく、起訴そのものを破棄すべき(日本の法律用語でいうと嫌疑不十分の不起訴)だと要求し続ける。」
 

The prosecutor urged Takenouchi to continue her work and even wished her “good luck” with it. Takenouchi told Reporters Without Borders that her goal now was to “save the children living in contaminated areas and suffering from thyroid cancer.”

検察官は竹野内氏に彼女の仕事を続け、さらには勇気づけたという。竹野内氏は国境なき記者団に、現在の目標は「汚染地帯に住む子供たちや甲状腺がんに苦しむ子供たちを助けることだ」との述べたという。

Japan is ranked 59th out of 180 countries in the 2014 Reporters Without Borders press freedom index.

 
日本は2014年の国境なき記者団の自由の報道ランキングで180か国中59位である。

********





2014年5月22日、エートス代表安東量子氏による竹野内真理の刑事告訴を不起訴にすると決定すると、福島地方検察庁の増原検事からお電話がありました。

On May 22, 2014, the Fukushima prosecutor called Takenouchi to tell that he will NOT INDICT Mari Takenouchi under criminal accusation by ETHOS leader, Ms.Ryoko Ando!

この事件を拡散し、またサポートして下さった皆様、本当にありがとうございました!

Thank you all who have helped disseminating my story!!

ただし、その後、安東量子氏が私を犯罪者と見做し、非常に侮辱するまとめを書いていたので、検察官に翌日聞いたところ、「起訴猶予」という事でした。安東氏と同じ法律用語で言ってほしかったです。私はこの決定に不満です。

However, Ms. Ryoko Ando was writing a contemptuous togetter regarding as a "criminal" under suspended indictment.  I checked regarding this to the prosecutor and he said, "defer indictment." I am not satisfied with this decision and moreover, I wanted the prosecutor to use the same wording as the one toward Ms. Ando from the beginning. 

そして、この問題はまだスタート地点に立ったところです。

福島で89人もの甲状腺がんと疑いが出ているときに、安倍首相に健康被害がないことにされ、また大飯原発の再稼働差し止め判決が出ても、国が原発再稼働を進めようとしているからです。

Besides this, I consider this being at the starting point.  PM Abe says "There is no health hazards" while there are 89 thyroid cancer and suspected cases among kids in Fukushima and the government of Japan still promotes restarting of nuclear power plants while Fukui local court ordered injunction of Ohi NPP.


私はエートス批判しだしてから、そして刑事告訴を受けてからさらなる嫌がらせを受け続ける中、国への質問状も書きました。子供の疎開問題や原発再稼働問題、原子力村の殺人まで入れています。ぜひ、皆様も拡散ください。そして国に心ある市民は、子供たちと将来のため、皆でこれらの問題を問いただす時だと思います。ぜひ拡散ください!
http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html


Since I started criticizing ETHOS, I have been harrassed by countless number of people, all the more after this criminal accusation case.  So I wrote an open question to the Ministries of Japan, regarding this case, children's need to evacuate, restart of nuclear power plants, and also murder by nuclear lobbies. 

I think it is time for us to ask questions direclty to the government to protect our children and future.

Please share the page below!

http://koukaishitsumon.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html


以下も拡散を!情報のみが私たちの命を守る武器です。

Please share the URLs below,too!
Information is the only weapon to protect our lives!

89人の甲状腺がんと安倍首相 Prime Minister Abe and 89 thyroid cancer kids
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/09/dear-citizens-in-world-prime-minister.html

白血病が出ている! Leukemia is emerging!
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html

エートス、原発、従軍慰安婦 ETHOS, nuclear power, comfort women
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/05/ethos-comfort-women-unit-731-mr.html

731部隊と広島、チェルノブイリ、福島 Unit 731, Hiroshima, Chernobyl, Fukushima
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

竹野内真理の海外記事 Overseas articles on Mari Takenouchi
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/05/please-disseminate-this-article-along.html

7q11遺伝子検査を Conduct 7q11 gene test and evacuate kids!
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/09/a-fukushima-teenager-found-to-have-lung.html

原発と地震の問題含むIAEAへ質問 Questions to IAEA including nuclear and earthquake
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/05/open-questions-to-iaea-director-general.html








To understand ETHOS criminal accusation, please watch this video! Mari Takenouchi, a single mother under a criminal accusation!



私が被曝問題で最も尊敬しているバンダジェフスキー博士からも以下の嬉しいコメントが。
I got some encouraging messages from Dr. Bandazhevsky, whom I respect most in regard to radiation exposure issue.

(博士の最新のコメントと5月5日発表の最新の論文はこちら
His latest mail and his latest article dated on Mary 5 2014 is as follows.
→http://takenouchimari.blogspot.jp/2014/05/httpchernobyl-today.html )


親愛なる真理!メールをありがとう。
貴方の状況を理解し、憂慮を共にします。
この闘いを継続するには、力が必要です。僕はフランス、及び他の国々の友人に頼んで、貴方を守ってくれるよう行動してくれるようにお願いしてみます。役に立てばよいのですが。引き続き情報提供してください。

ユーリ・バンダジェフスキー

Dear Mari! 
Thank you very much for your letter. I understand your condition and worry with you. Need to find the strength to continue the fight. I'll ask my friends from France and other countries to act your protection. 
Hope this helps. Keep me informed. 
Regards, 
Yuri Bandazhevsky


バンダジェフスキー博士には2013年7月に東京専門家セミナーでお会いして以来、私も日本の状況を知らせるメールを発信し、時々メールのやりとりをしておりました。
 
I had e-mail communication with Dr. Bandazhevsky since I met him in July 2013, at an expert seminar held in Tokyo.

Contents of Dr. Bandazhevsky Seminar博士の講演内容

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/07/dr-bandazhevsky-seminar-in-tokyo-july.html


エートス刑事告訴事件に関しての問い合わせは竹野内真理mariscontact@gmail.com まで(エートスに反対しだしてから、不審者が近所に現れたため、メールを主な通信手段としています。)

外国人記者からは何人も問い合わせが来ましたが、いまだ日本人記者からはまったくありません!本当に悲しく、情けないです!


 

以下は背景も入れた詳細説明です。*****

2014年1月29日、福島県警いわき南署から、エートス代表、鎌田陽子氏(エートスでは安東量子という偽名を使用)が、竹野内真理を以下のツイートひとつで、刑事告訴したと告げられました。


On January 28th, 2014, I received a telephone call from Iwaki Minami police office in Fukushima, noticing me that the leader of Fukushima ETHOS Ms. Ryoko Ando (real name is Yoko Kamata) filed a legal complaint against me.


Mari Takenouchi@mariscontactのツイート
世紀の罪人2人に共通項→日本に原発導入した中曽根康弘「2011年の日本がこんなにくたびれているとは思わなかった。」
福島で人体実験エートスを主催する(御用)市民活動家、安東量子「戦後67年かけて辿り着いたのが、こんな世界とかや。」長崎の日にて

*エートスとは、汚染地帯で子供たちや妊婦を含める住民が自分たちで除染をしたり、線量を測ったりして工夫しながら住み続け、結局子供たちの大半が病気になってしまったのに、この一番大変な問題を無視され、チェルノブイリでも、そして今福島でも推し進められている原子力村を資金源としたプログラムです。
Ethos is a program where residents including pregnant women and children are encouraged to keep living in contaminated areas through carrying out decontamination and radiation measurement, which most importantly resulted in sickness among majority of children.  This was condcted in Belarus and now is in Fukushima funded by pro-nuclear lobbies.


相手は国家権力と国際原子力ロビーであり、長期戦になる可能性があります。
これから弁護士さんを雇いますので、どうかカンパをよろしくお願いいたします。
琉球銀行松尾支店 普通529695

This could be a fight against the state power and international nuclear lobby, which could be prolonged. 

I am going to hire a lawyer and your generous support will be appreciated.

My bank account
RyukyuBank (serial No. 0187) Matsuo Branch (No. 301)
Holder's name: Mari Takenouchi
Ordinary Account 529695


ある弁護士さんからは、以下のコメントが。
I received a following comment from a lawyer.


「このケースは、憲法21条の言論の自由の侵害に当り、罪人という表現が強い点を除いては、無数の子供を守る正義の観点からの主義主張で、裁判になり話題になったら、相手側が不利になるだろう。逆にあなたが世間に広く訴える機会となる」
"This case comes under the violation of Article 21, Freedom of Speech.  Except that the word "Criminal" was too strong, your word came from the sense of justice to protect countless number of children.  If this case was indicted, it would be a chance for you to disseminate this issue to the society."

相手が「名誉棄損罪」ではなく「侮辱罪」にしたのは、名誉棄損の場合は「公共の利益が関わる場合は、これを罰しない」という規定があるからだろう。しかし対応は一緒。あなたが福島の子供たちの将来の大変な被害を防ぎたい、今でないと遅い、私以外に誰がやるのかと説明していけばいい

"Probably the reason why the accuser used "criminal contempt" in stead of ""defamation of character" is that the latter has the stipulation saying, "If the case is involved in public benefit, the accused shall not be punished." However, what you are supposed to do is the same in both case.  You can explain that you are trying to prevent massive health damages among children in the future, which should be now and nobody has been doing this so far."

また、私のツイッターフォロワーさんたちから、ありがたいコメントが続々と届いています。
Also, I appreciate various kind comments from my followers.


「訴訟による嫌がらせで言論を封鎖しようとする汚い手口を容認するということは、脱原発も脱被爆も諦めて、弱者を見殺しにする事を容認することに等しい。」
"To admit such dirty way of silencing someone's speech through legal harrassement means to admit helpless people to die by giving up nuclear phase out and protection from radiation exposure."

「母子避難の社会的弱者である竹野内さんに、権力側が嫌がらせする原発スワップ裁判に当たるのではないか?」
"Isn't this a case of SLAPP(strategic lawsuit against public participation), where powerful pro-nuke people  harass the weak like Ms. Takenouchi, who is a single mother. "

「竹野内さんの発言は法律違反ではなく、公共の利害に関与するので、立件されたら闘うべき」
Ms. Takenouchi's statement is not against law, but is involved in public benefits, so if she is prosecuted, she should stand up and fight.

「福島の事実を広げる竹野内さんへの口封じだろうが、真実は打ち勝つだろう」
"An attempt to silence Ms. Takenouchi who disseminate facts about Fukushima.  But truth will prevail."

「告訴によるエートスからの恫喝。竹野内さんを全面支持」"ETHOS Threat using criminal accusation against Ms. Takenouchi. I support her 100%"

「言論弾圧事件であり、言論の自由が侵されているゆゆしき事態」
"This is a case of suppression of free speech, which brings us grave concerns."

「秘密保護法の先駆け的兆候で危惧する。市民で情報共有し、竹野内さんを守ろう」
"It is truly worry some since this is the sign of coming Japan's Secrecy Act.  We need to share this info and protect Ms. Takenouchi"

****************************************
エートス代表、安東量子(本名、鎌田陽子)
Ms. Ryoko Ando, the leader of Fukushima ETHOS



"It is important to establish your own standard of radiation safety to achieve your true sense of security."





↑ I really do not understand what she has been saying.
Please relocate children from Fukushima!  It is dangerous to live there.
The truth is as simple as this!

私は安東量子氏(本名はなぜか鎌田陽子氏)の言っていることが理解できません。
福島の子供たちは疎開させてあげて!住むのは危険です。
真実というものは、単純なもののはずです。

Ryoko Ando also contributes thesis to Health Physics Journal in Japan using this ETHOS experience.

驚くのが、エートスの安東量子(鎌田陽子)は、この状況を利用し、保健物理学会誌に論文寄稿。

ちなみに今回の告訴騒動を昨年7月の時点で一緒に協議していた,白血病発症の専門家である伴信彦氏は、保健物理学会委員長であり、理事です。

Professor Ban Nobuhiko, an expert of leukemia, who talked about this allegation of criminal charge is the director and board member of Health Physics Society in Japan. (Please see the end of this page)
 
保健物理学会のイベントに一度だけ、もう10年以上も前に参加したことがある。忘れもしない。「チェルノブイリでは白血病は増えていないのですか?」という私の質問に、放医研の岩崎民子氏が「ロシアは色白だから白血病の子が多いって言われているだけ」と答えた。

I once participated in an event by Health Physics Society and asked, "Isn't there any increase of leukemia after Chernobyl?" and a member answered, "Since Russian kids have fair skin, people say that there are leukemia children after Cheronobyl." 

************************

侮辱罪に相当するというツイートは以下です。

Ms. Kamata insists that my following tweet is the subject to "criminal contempt."

Mari Takenouchi@mariscontactのツイート
世紀の罪人2人に共通項→日本に原発導入した中曽根康弘「2011年の日本がこんなにくたびれているとは思わなかった。」 福島で人体実験エートスを主催する(御用)市民活動家、安東量子「戦後67年かけて辿り着いたのが、こんな世界とかや。」長崎の日にて

Mari Takenouchi's tweet  @mariscontact

Common points of the 2 criminals of the century:
 
Yasuhiro Nakasone who introduced nuclear power to Japan
"I've never thought that Japan 2011 could be so worn-out."
 
Ryoko Ando, government sided citizen activist who leads ETHOS "What a world are we seeing 67 years after the war" (On the day of Nagasaki)

中曽根康弘氏は、1954年の水爆実験による第五福竜丸の被爆直後、盛り上がる反核運動の中で、以前から準備していた原子力予算を国会で通過させました。読売新聞社主の正力氏や日本テレビ重役の柴田氏の「毒を持って毒を制せ」発案の日米政策の下政治家、マスコミ、学者が力を合わせて日本に原発を導入。これCIAの関与も知られている史実です。http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/2011_genpatsu/index02.html

Mr. Yasuhiro Nakasone passed the nuclear budget at the Diet in 1954, when anti-nuclear movement was mounting after the Lucky Dragon Bikini H-bomb case, "  Under the slogan, "Poison can control other poison" recommended by Shibata, a surbordinate of Shoriki who was the president of Yomiuri and Nippon TV, nuclear power was promoted in Japan. 
This is a historical fact that CIA involvement has been proven.
http://fukushimanewsresearch.wordpress.com/2011/08/02/japan-ex-pm-nakasone-influential-shoriki-played-key-role-in-promoting-nuclear-power/

そして、福島事故後に、中曽根氏がそもそも日本に導入した原発のおかげでこれだけの被害が出ているのにも関わらず、自らの責任を顧みない上記のセリフを、2011年9月5日のニュースウォッチ9の番組でおっしゃいました。

On September 5, 2011, after the Fukushima nuclear accident, he stated the above in spite of the fact that he was the very person who introduced nuclear power to earthquake prone country like Japan.



また、安東量子氏は、なんと長崎の日、自らは(福島の子供たちの被曝問題を無視して)、国際原子力ロビーをバックにした偽りの安全神話をふりまきながら、まるで自分が被害者であるかのような語り口の歌を詠んでいます。

Ms. Ryoko Ando read the above poem of her own on the Day of Nagasaki, in spite of the fact that she is the very person who diseminated false safety myth in Fukushima to encourage people to keep living in contaminated zones.

共通点があると思いました。原発導入と子供たちへの積極的な被曝放置という行為を自分たちがやっているにもかかわらず、まるで知らんぷりをしている。

I thought these two have something in common.  Though they themselves have been involved in, nuclear power introduction to Japan (Mr. Nakasone) and scattering radiation safety myth in Fukushima resulting in more chidren's radiation exposure (Ms. Ando), they pretend that they do not know anything and they are one of the victims/observers who live in this unfortunate society.

私は世紀の罪人というセリフの表現がきつすぎたことについては、安東氏と中曽根氏に謝罪したいとは思いますが、同時に両氏にはご自身のやられていることを顧みていただきたいと思います。

I would like to appologize regarding the expression of "criminals of the century" to both Ms. Kamata and Mr. Nakasone.
At the same time, I would like both of them to reflect themselves what they have done.

私の強い言葉には、国の未来を揺り動かす、原発の過酷事故、そして子供たちの被曝放置の責任者がまったくニュースに取り上げられないことへの憤りが込められていました。

I used the word "criminal of the century" due to my long time resentment seeing that nobody has taken true responsibility after the nuclear accident while lots of children are left being exposed to radiation.

またできることであれば、批判を受けている安藤氏と中曽根氏が自らやってきたことを顧みて、被曝に晒されている子供たちの状況を考え直してくれないかという淡い期待もありました。

In addition, I had a slight hope that both Ms. Ando and Mr. Nakasone whom I criticized would rethink what they have done and reconsider the situation of children who have been exposed to radiation.


私は、事実に対する自分の意見や思いを含めた上記の発言が、刑法に相当する犯罪である「侮辱罪」に当たるとは、思っていません。

I do not think the above tweet of mine with my opinion and thoghts on some facts is subject to "criminal contempt."

この件における事実が、より多くの人々に知られることを望んでいます。

 I hope this case would be known to public widely.

そして、汚染地帯の子供たちを安全な場所に政府が責任をもって移住させるための世論形成、そして、原発事故問題においても、その責任をきちんと追及され、二度と悲劇が起こらないことを望んでいます。

I truly hope that the dissemination of this case could contribute to form the public opinion to make the government to relocate children in contaminated areas with responsible manner. 

In addition, those responsible for the accident should be brought to justice in order to avert the same kind of tragedy.


**********************************


東京新聞もエートスを報道!
Tokyo Newspaper Reported ETHOS on January 1, 2014

"ETHOS Meetings Backed by Pro-Nuke Funds"
"Prevailing Grassroots Radiation Safety Myth"
"Inviting ETHOS Missionaries from Overseas"




以下が2013年初頭に書いた、私のエートスの説明です。
The following is my explanation of ETHOS.


ベラルーシでもエートス導入で活躍した元IAEA、現在ICRPそして仏のAREVA社から自らの団体CEPNの資金援助を受けている経済学者のジャック・ロシャール氏。

福島のエートスリーダー安藤量子氏(なぜか偽名で本名は鎌田陽子)に20mSv/yearはグッドニュースと言い、母親には科学はわからないだろう(とても失礼)、20Bq/kgなら大丈夫だと福島の人を説得。

結果、ベラルーシ汚染地帯では、健康な子供が2割を切る悲惨な状態になった。

ちなみにNHKはNHK福島のみでエートス関連の番組を宣伝のような形で放送している。

Mr. Jack Rochard, an economist and former member of IAEA and member of ICRP and CEPN founded by pro-nuclear organization such as AREVA.  He wrote "20mSv/year is a good news" and said, "Mothers do not understand science (I am a mother, too, how rude!), and food upto 20Bq/kg is OK in Fukushima." 
In Belarus contaminated areas, due to ETHOS program lead by Mr. Lochard, less than 20% of kids stayed healthy in the contaminated areas after the program. 
ETHOS Fukushima program was aired by NHK only in Fukushima and not in nationwide.

エートスの活動はICRP(国際放射線防護委員会)を根拠として、セミナーなどを共同開催している。

ETHOS radiation safety myth is based on ICRP and they hold seminars locally. 

ICRPの放射線防護の理論は、原子力推進のためのアリバイ根拠づくりのような物で、本当に人々を放射線から守るためのものではありません。以下に問題を列記してあります。

The theory of radiation protection of ICRP seems to be a alibi making to promote nuclear power.  They do not seem to really protect the public from radiation. I put their problem as in the following.

ICRP が間違っている5つの理由→http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_4503.html



 
ICRP had talks with Fukushima residents on food safety
Jacque Rochard: "It is important to establish a society where residents themselves can measure radioactive materials and exchange information...Mothers would not understand science...20Bq/kg is good enough..."
 

長期にわたり汚染した土地で工夫しながら暮らしていくという「福島エートス」計画(http://ethos-fukushima.blogspot.jp/)は大変危険です。汚染地帯の人々の故郷を離れたくないという心情を利用して、住民、特に子供たちの健康を犠牲にするものです。

Fukushima Ethos (http://ethos-fukushima.blogspot.jp/) , in which residents are encouraged to live resourcefully in contaminated areas, is a dangerous program. This program seems to be solely taking an advantage of Fukushima residents who do not want to be relocated and at the same time, sacrificing health of the residents, especially children.

 

 ベラルーシのエートス計画(http://www.irpa.net/irpa10/pdf/E11.pdf)では、専門家の指導を受けて、作物の汚染の測定を住民が積極的に行い、作物の放射能汚染度を減らしたり、ホールボディーカウンターで内部被曝を計測し、数値を下げることに成功したと言います。

In ETHOS Belarus, experts advised people to voluntarily measure radiation to reduce radiation levels, and they saw some success.  Also doctors cooperated measuring residents internal exposure using whole body counters (WBC) and recorded some decrease in their bodies. 

 

しかしながら、このような研究で測定や記録をしている間に、長年たってみたら、病気の子供が爆発的に、場合によっては10倍以上も増えてしまったというプロジェクトです。この件に関しては、元WHO顧問のミッシェル・フェルネックス博士が痛烈に以下の動画で批判しておりますので、まずはぜひご覧ください。http://www.youtube.com/watch?v=2_oKtjnh52c&feature=yout...

However, while these figures were measured and recorded for studies of this program, the number of children with ill-health increased dramatically, sometimes more than 10 times, after years in Belarus.  As for this issue, former WHO advisor Michel Fernex explained in the following video, which is strongly recommend. http://www.youtube.com/watch?v=2_oKtjnh52c&feature=yout...

 



エートスプロジェクトとは何か?(フランス語+日本語字幕)

What is ETHOS project? (French with Japanese subtitle)

by Dr. Michel Fernex



 

また、私も何度も見ている日本語タイトル『WHO-真実はどこに?』の映画では、良心的な科学者と、子供たちの犠牲者も出ているのに被曝の被害を隠そうとする科学者たちが数多く出演しています。WHOが原子力推進のIAEAと結託している様子も描かれているので是非世界の市民に見ていただきたいです。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=oryOrsOy6LI



Original title: Controversies nucléaires by Wladimir Tchertkoff
 
with Japanese subtitles (日本語字幕)
 

Also, in the following film I have been watching many times, there are a number of conscience scientists and scientists who try to cover up health hazards of radiation exposed children. The fact that WHO is in collaboration with IAEA, nuclear promoting organization is also depicted.  I would like this film to be watched by citizens in the world.


Original title: Controversies nucléaires by Wladimir Tchertkoff
 
with English Subtitles

 

このベラルーシでのエートスは、ジャック・ロシャールという方が代表されていましたが、彼の代表を務めているCEPNはNGOということになっているものの、驚くべきことに原子力推進組織の4団体EDF, IRSN, CEA, AREVAがメンバーとなっています!ロシャール氏はICRP第四委員会委員長でもあり、201111月には日本の内閣府で低線量リスクについてのプレゼンテーションも行っております。ロシャール氏とともに、 ロシャール氏とCEPNとIRPAで同僚である、テリー・シュナイダー氏もこの内閣府でのプレゼンテーションに参加しておりますが、なぜか内閣府のプレゼンテーションは両者のものともネット上から削除されております。

 This Belarus ETHOS project has been conducted by the director of CEPN, Mr. Jacque Lochardhttp://www.oecd-nea.org/press/press-kits/lochard.pdf, the director of a NGO called CEPN.  Amazingly, the members of CEPN are from four nuclear stakeholders- EDF, IRSN, CEA, AREVA (http://www.cepn.asso.fr/spip.php?lang=en.).   Mr. Lochard was invited to give a presentation on risk of low level radiation, along with his colleague, Terry Schnider from CEPN and IRPA, at the Japanese Cabinet Office in November 2011. http://www.cas.go/jp/jp/genpatsujiko/info/twg/dai5/siryou2.pdf.  (The Cabinet Office presentation was deleted now.) 

 

このロシャール氏とシュナイダー氏は、2000年に広島でもベラルーシ・エートスの報告(19961998年)をしていますhttp://www.irpa.net/irpa10/pdf/E11.pdf。この中で、P9には「1日50ベクレル(年間2万Bq、年間0.2mSvに相当)までを目標値として、1日300Bq(年間10万Bq、年間1.3mSvに相当)以上は超えないようにしたい」とあります。

As for Mr. Jack Lochard and Mr. Terry Schneider, he reported on ETHOS Belarus (1996-1998) in Hiroshima in 2000 http://www.irpa.net/irpa10/pdf/E11.pdf.  In page 9, the report said, A daily intake of 50 Bq (corresponding to an annual budget of about 20000 Bq and an annual dose of about 0.2 mSv) was retained as the target value of 300 Bq per day (100000 Bq and 1.3 mSv per year) as the frontier beyond which it was not recommended to go.

 

なぜ、テリー氏は、昨年来日した際、日本の500ベクレル/kgのときに注意を勧告しなかったのでしょうか?また2012年4月から改善された100ベクレル/kgという基準でも、大人は1日約2kg以上の飲食をするのですから、単純計算すると1日200ベクレルになり、彼らが過去に言っていた最大で1日50ベクレルと比較すると高すぎます。なぜこれらの値に注意勧告をしてくれないのでしょう。

Why didnt he give warning to Japanese government when they set the food regulation as 500Bq/kg in 2011 when he visited Japan?  Also, why doesnt he give warning to the current 100Bq/kg in Japan, which is way too high considering their recommended 50Bq/day, since adults consume more than 2kg of food/drinks. 

 

また、健康に関する記述はほとんどなく、1か所だけ、「医療面での改善を見るのは、母親たちが注意を続けていたとしても、2,3年のうちに見るのは難しい。しかし、この3年間で放射線防護においてかなりの変化が見受けられ、いくつもの興味深い教訓が引き出せたことは大変興味深いことだ。」(P11)と書かれてあります。この部分を読んだだけでも、エートスが、何よりも優先されるべき健康面を配慮した計画でないものであることがこれからもよくわかるのであります。

In addition, on page 11 of the report, From medical point of view it will be difficult to see improvements, if any, before a few years, taking for granted that mothers will maintain their vigilance.  However, it is interesting to mention that during the three years a profound change with regard to radiological protection took place and several interesting lessons can be drawn.  By reading this, we can see that ETHOS project does not concentrate on human health, which is supposed to be the top priority more than anything else.

 

遡れば、このロシャール氏は1990-1991年の「放射線と直接関係がある障害は見られなかった。ストレスが影響を及ぼした」と結論付けたIAEA国際チェルノブイリ・プロジェクトに関わっていました。http://www-pub.iaea.org/MTCD/Publications/PDF/Pub885e_web.pdf  http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/Pub894_web.pdf

As a matter of fact, Mr. Lochard was involved in the IAEA Chernobyl Project in 1990-1991, which concluded that there was no direct health damages observed caused by radiation.    http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/Pub894_web.pdf

 

ロシャール氏はもともと経済学者です。ロシャール氏はこのプロジェクトにおける「移住に関する評価」のセッションで「コスト・ベネフィット分析」と題した報告を行い、ソ連の科学者らが年に1mSVを限度として全員の移住を求めたのに、ICRPとWHOからの専門家がそれより高い、年5mSVとしたところ、ロシャール氏はもっと線量を上げて(なんと上限は100mSV!)、コストを考え、移住を減らしてよいと主張していたといいます!すなわち、より安全でない側の主張をし、ソ連の科学者は妥協をして5mSVで合意したと言います。

そしてこの報告には、子供や妊婦には一切言及がないのです。

Mr. Jacque Lochard is an economist.  He conducted cost benefit analysis on the evaluation for relocation in this IAEA Chernobyl Project.  While the former Soviet Union scholars demanded the residents relocation above 1mSv/year, and experts from ICRP and WHO for above 5mSv/yr, Mr. Lochard insisted that it could be up to 100mSv considering the cost.  Since Mr. Lochard suggested such an unbelievable figure, scientists made the compromise to 5mSv.  In his report, there was no mentioning about children and pregnant women.

 

ロシャール氏は、NGO団体、福島エートスの代表、安藤量子氏のところにも訪れています。すなわち、この福島エートスは国際的な原子力ロビーの支援を受けています。そして日本政府もエートスを支援しており、2011年11月には内閣府にてプレゼンテーションが行われています。

Mr. Lochard has been visiting Fukushima for promoting ETHOS Fukushima along with the Japanese counterpart, Ms. Ryoko Ando, the director of ETHOS Fukushima, another NGO.  In November 2011, before the startup of Fukushima ETHOS, Japanese government held a meeting at the Cabinet Office inviting Mr. Lochard. 

 

そして安藤氏には20121月に手紙を送っており、「20mSvはよい知らせである。これで多くの人が早期に家に帰ることができる、と言っています。」http://ethos-fukushima.blogspot.jp/2012_01_01_archive.html 

Mr. Lochard sent a letter to Ms. Ryoko Ando, the director of Fukushima ETHOS and he said, The decision about the 20 mSv is a good news. This will allow many people to return to their home soon. http://ethos-fukushima.blogspot.jp/2012_01_01_archive.html

 

しかし、日本ではこの20mSVの基準ができた時には、無数の母親たちが、文部科学省に押し掛けて反対の声をあげました。しかし、国民の声を日本政府は全く無視しております。

However, when the Japanese government came up with 20mSv relocation standard, countless number of Japanese mothers opposed to it and gathered around the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.  However, the Japanese government totally ignored these voices.

 

このようにエートスプロジェクトは、ベラルーシでも福島でも同一人物が活躍し、表面的には移住できない住民のためにというNGOの顔を持ちながら、背景には、国際的な原子力推進組織、すなわち、IAEA, ICRP, UNSCEAR , IRPA , CEPNEDF, IRSN, CEA, AREVAがメンバー)そして日本を含む原子力を持つ国が絡んでいるのです。

In this way, the same people from ETHOS project have been working both in Chernobyl and in Fukushima.  While they try to appear to be helping those who cannot relocate by themselves under NGO organization CEPN (the members are French EDF, IRSN, CEA, AREVA ), in reality, this program has been backed up by international nuclear lobby such as IAEA, ICRP, UNSCEAR , IRPA and nuclear power states including Japan!

 

既にチェルノブイリの何百万と言う数知れない住民、特に子供たちが犠牲になっているのです。そして日本でも既に健康被害が死亡者の増加も含め、始まっています。私はこのニュースはまさに世界でトップレベルのスキャンダルであり、全世界の人に今すぐにこの恐ろしい現実を知ってもらうべきだと思っています。

In Chernobyl already, millions of residents and children have been suffering.  And now in Japan, health damages have been observed including the increase of death rate.  This is the world scandal of the centuries and I would like to let the citizens of the world to be aware of this horrendous facts.

 

国内外の学者がチェルノブイリと福島の住民たちに、間違った安全論を掲げ、多くの犠牲者を出したこと、汚染地帯の子供たちの命と健康を犠牲にしていることは、世界に知らされるべき重大ニュースであり、国際刑事裁判所に付託するべき犯罪だと思います。
It is a criminal acts of Japanese and overseas scholar to downplay the risk of radiation, which consequently lead to a number of residents health hazards both in Chernobyl and in Fukushima.  I believe these facts should be known to the world and eventually, those responsible should be referred to the International Criminal Court.


エートスの重要人物;伴信彦東京医療保健大学教授(白血病が専門)
Important person in ETHOS: Professor Nobuhiko Ban, Tokyo Health Medical University (a leukemia expert)


Professor Ban (left) and Mr. Gonzalez (right)

この伴信彦教授ですが、インターネット上で@buveryのニックネームで以前から、ずっと私(竹野内真理)はデマリンと呼ばれ続けています。私はフリーランスで被曝問題の翻訳をやっており3冊の海外の本も出版、福島事故後から「汚染地帯の子供たちは逃がすべきである」と警告を発信しているのですが、伴信彦教授は私のことをデマリンと誹謗中傷し、信頼性を傷つけようとしています。(問題その1)


伴教授のマナーが「教授」という肩書にふさわしくないのは明らかであり、私は東京医療保健大学に7月5日に公開質問状を送りましたが、8月19日現在、何の返事もありません。

Under the name of @buvery, he also kept calling me, "DEMARIN" (coined word from Dema=demagogy + Mari=my first name) on twitter.  I am a freelance journalist/translator who released three radiation exposured related books from overseas and I have been calling for children's evacuation since the Fukushima accident, and Professor Ban has been slandering me trying to degrade my credibility. 

His manner is clearly contrary to the one titled as the "Professor at Tokyo Healthcare University." I have written a open question letter to Tokyo Healthcare University, but I haven't received any reply as of today.(Jan 31, 2014)

同時に、このエートスの推進学者、伴信彦・東京医療保健大学教授が、実は「放射線による白血病の発症機構」という重大な論文を数年前に自ら書いていたことを知りました。それによれば、マウスを使った放射線の実験で、2番染色体上のSfpi1遺伝子が傷つき、同時に造血幹細胞が老化するという、遺伝子レベル、血液細胞レベルでの異変により、1~2年目くらいからマウスが白血病を発症するというメカニズムまでつきとめていたのです!!!

The other day, I was truly shocked to find that Professor Nobuhiko Ban from Tokyo Healthcare University had written on the mechanism of developing leukemia by radiation some years ago.  According to his papers, he had already found that radiation damages the gene Sfpi1 on chromosome No. 2 and promotes the aging process of hematopoietic stem cells, thus mouse could develop leukemia only after 1 or 2 years after irradiation!!


伴信彦氏の論文→
http://www.oita-nhs.ac.jp/member/cat5_top/cat193/cat351/post_20.html

Thesis written by Prof. Nobuhiko Ban

http://www.labome.org/expert/japan/oita/ban/nobuhiko-ban-572788.html

このようなすごい論文を自分で書いていながら、一方で汚染地帯に子供まで含んだ住民を居続けてよいものとするエートスを賛同する姿勢は倫理的に許されるものではないと思います。これは1の問題とは比較にならない、多くの住民の命と健康にかかわる問題です。

While, Professor Ban wrote a number of excelled thesis on radiation effects, he assistes ETHOS progam that allows even pregnant women and children to live in contaminated areas.  I truly believe what he is doing is ethically wrong and this issue is a one of the most grave character which could affect the health and lives of many residents , uncomparable to the question No. 1.


もうひとつ、東大児玉龍彦教授が福島で行うべきとする、甲状腺がんの被曝原因を見分ける7q11遺伝子検査というのがあるのですが、この伴信彦教授はbuveryの日記でその可能性を否定しています。d.hatena.ne.jp/buvery/20120112
福島の子供たちの甲状腺がんの多発が、被曝由来であることをなんとか隠そうとしているように思えます。

One more important thing to add.  Prof. Ban is denying the possibility of finding the causal relationship of radiation and child thyroid cancer that has been increasing in Fukushima, namely, 7q11 gene band inspection.

It seems that Prof. Ban is trying to hide the possibility that Fukushima children developed thyrod cancer caused by radiation.

本来であれば、7q11遺伝子検査は早急に行われ、福島の子供たちの非難を即すべきだと思います。

7q11 gene test should be conducted immediately and early relocation of Fukushima children should be conducted.

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/09/a-fukushima-teenager-found-to-have-lung.html

最も憂慮されるのが、白血病がすでに福島その他で出始めているという点です。
My top concern is that there is an emergence of leukemia in Fukushima and other areas in East Japan.

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/01/blog-post.html

私はこのブログを書いたら、今まで信頼していた市民活動家まで、出さないようにと言われました。

When I wrote the above blog, a citizen activist I have been trusted even tried to stop me.

(残念ですが、権力側の人でこちら側のふりをして入り込んでいる人はたくさんいるのです。)
(To my regret, there are many infiltrated people in the citizen side, too)

今回の私の刑事告発も、白血病が増加している中、なんとか私の口封じをしようとしているのではないかと思いました。
I thought, the criminal accusation against me was made in order to silence me when leukemia came to emerge in contaminated areas. 

*その後、刑事さんとの取調べの中で、人体実験エートスという単語が告訴の対象と判明しました。
しかし、私はこの人体実験と言う言葉はその通りだと思っているので、撤回するつもりはありません。