Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2015年10月22日木曜日

Important! Bandazhevsky's Latest Studies バンダジェフスキー教授の最新研究 (重要)

Dr. Bandazhevsky's latest studies are here! チェルノブイリの第一人者、バンダジェフスキー教授の最新論文がこちらで読めます!





The latest paper refers to the elevated level of mortality rate among people living in contaminated areas.  (ETHOS which let people to stay in contaminated areas is truly nonsense!)


一番上にある最新の論文では、汚染地域に長く住む人々の間で、ガンや循環器系の疾病による死亡率が高まっている事。(本当に汚染地域に住み続けるエートスどころではないのです!)


One of the cause is metabolism disturbance leading to cancer, cardiovascular diseases, diabetes, chronical miscarriages, congenital malformation, etc.


その原因の一つとして代謝阻害により、ガン、循環器系の疾病、糖尿病、慢性流産、先天性異常などが引き起こされていると考えられると言う話。




Dr. Bandazhevsky mentioned that particular attention should be paid to the lealth of boys aged 12-17 years.  Yes, they are experiencing the 2nd generation in Chernobyl...though in Hiroshima and Nagasaki, even health impacts among 2nd and 3rd generations have been denied till today....


また2番目の論文で、教授は2世代目では12歳から17歳の男子に特に憂慮される循環器系異変が見られると述べています。


そう、もう2世代目なのですね。チェルノブイリでは。広島・長崎では2世代目の健康被害でさえ、否定されていますが、チェルノブイリでははっきりと出ているのだなあと改めて思いました。


Dr. Bandazhevsky continued, "Pathologies found in the adolescent period are the basis for the occurence of serious diseases leading to death in adults." (from the Conclusions of "Chernobyl: Prospects for the Second Generation")


バンダジェフスキー教授はさらに続けています。「思春期に発見される病変は、成人になった後、死にもつながる深刻な疾病発症の基礎をなすものである。」 ("Chernobyl: Prospects for the Second Generation"のConclusionより)