Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年1月14日火曜日

弁護団が白血病を取り上げるのを拒否!/郡山高校の生徒が白血病! Lawyer Not Tackle leukemia issue! /Leukemia student in Kooriyama High School!


悲報!2014年9月、レーガン号の米海軍の20代の水兵が白血病でお亡くなりになったと言う情報が入りました。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/11/2-us-sailors-dead-after-fukushima.html ご冥福をお祈りすると同時に、このような事態を少しでも回避してほしい。


Very sad news...a US Navy sailor in his 20s died of leukemia in September 2014.  The court proceeding will start in Southern California soon http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/11/2-us-sailors-dead-after-fukushima.html ...I really don't want to hear such kind of tradgedy..


私がこのブログを本格的に書くようになったきっかけも福島で幼い兄弟がほぼ同時期に白血病に罹ったと言う悲惨なニュースを聞いてからでした。。
I started writing this blog very seriously right after I heard a tradgedy of young brothers in Fukushima were diagnosed with leukemia simultaneously in 2012...


2014年7月、ある人を通して、福島のお母様で息子さんが白血病になり、「福島原発被害弁護団」に連絡をし、弁護士とアポを取ろうとしたら、忙しいのを理由に断られたと聞きました。

In July 2014, I heard a story from a mail friend that a son of a Fukushima mother develped leukemia and she tried to make an appointment to a lawyer from Fukushima Nuclear Power Victims' Lawyers Group.  But she was refused to get an appointment by the lawyer who said, "Too busy."

本当に衝撃です。そういえば、今いる日本の反原発弁護士で、すでに出ている健康被害で行動している弁護士が一人もいません。原発事故後、人の命と健康が最も大事なはずなのに、いったいどういうことなのでしょうか。

This is quite shocking.  I think there is nobody among anti-nuclear lawyers who take up the issue of on-going health hazards.  Why is this? Isn't life and health the most important issue after nuclear accident?


白血病の件は、警察や人権擁護局にも相談したところ、両方とも不自然なくらいに議論するのを避けています。


As for the leukemia case, I also consulted the local police and the Human Rights Protection Bureau, but both of them obviously avoided taking up this topic.


********************
Nov 27, 2014


今朝、いかのようなやり取りを見つけました。白血病の専門家、伴信彦教授が所属する東京医療保健大学に私が問い合わせたことが主なきっかけとして私を刑事告訴したと言う安東量子氏からです。安東氏が他の方とツイートしながら、また脅迫めいた発言をしています。


(後から本人曰く、私に対してではないと言っていますが、私は既に安東氏から海外ニュースにもなったありえない刑事告訴され、安東氏の支援者から今も嫌がらせを受けていますし、また仮に対象が他の人であっても、警察権力を使って人を不当に脅すことは許されない行為だと思います。なぜ普通に話し合いもせずにこのように他人の家庭生活を破壊しながら脅すことができるのか理解できません)

ところでbuvery氏が伴信彦教授であることは、エートス内部の人物が内部告発してきた情報です。


This morning, I found the following tweet by Ms. Ryoko Ando who said that she filed the criminal accusation against me mainly because I telephoned and questioned Tokyo Health Medical University where Prof. Nobuhiko Ban (@buvery, I acquired this information through whistle blower inside ETHOS through a third party) belongs to.


While Ms. Ando was communicating with another person, she suggested that she would attack someone again.




ando_ryoko:これ以上、伴先生にご迷惑をおかけするようでしたら、不本意ながら、私も、あなたの情報源と思われる方に対して、それなりの対応を取らせていただかざるを得なくなろうかと思います。
If you (another person, not Takenouchi) annoy Prof Ban furthermore, I need to take another countermeasure against the person who is the source of this information.


https://twitter.com/ando_ryoko/status/537617462280212480


以前彼女は、不起訴になった直後にも反原発連合の野間易道氏(官邸前デモの主催者の一人で本も出している)
ともさらなる竹野内に対する脅迫を示唆しており、私はとうてい安東氏の警察権力を使った脅迫を許容することはできません。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/03/further-legal-case-against-takenouchi.html


Prior to this, Ms. Ando made another threat against Takenouchi right after the non-indictment in collaboration with Mr. Noma (Tokyo No Nukes Coalition, organizer of Prime Minister's Residence Ralley). 


I cannot tolerate Ms. Ando's harassement and threat using police power any further.
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/03/further-legal-case-against-takenouchi.html


私の両親も、「いまだに悪いことをしてないうちの真理が、なぜ刑事告訴を受けたのかさっぱりわからない。いわき市に住む安東氏とやらと直接話がしたい。いったいどういう人物なのか。」と言っております。


My parents also say, "We really do NOT understand why our innocent Mari got criminal accusation.  We really want to talk to Ms. Ando from Iwaki City.  What kind of person is she?"





*****************




悲しいニュースが入りました。

A sad news came recently.

福島県郡山市、郡山高校の陸上部の生徒が白血病にかかっていたことが、今年わかりました。

A track and field club student was found to have leukemia early this year.

ちなみにこの生徒の友人は、2013年5月に試合中に倒れて心肺停止になり、突発性心室細動と診断されたそうです。

A friend of him also collapsed during  a sport game and became
cardiopulmonary arrest and diagnosed as "sudden ventricular fibrillation."

学校の周りには、匿名の父母たちが、以下の張り紙を学校の外壁に貼っています。

Some anonymous parents put up the following notices around the school.

 
張り紙にはこう書かれてあります。
「白血病の責任を取れ!県教と校長は放射能を軽視している!」
 
「これ以上、白血病の生徒を出すな!生徒の野外活動を中止せよ!」
子供たちを放射能から守りたい父母
 

The notice says, "Take responsibility of occurence of leukemia!  The Education Board and the school principle play down the radiation issue." 

"Do not make another student suffer from leukemia.  Stop all the outside activities at school. From fathers and mothers who want to protect children from radiation."

「以前に(学校の外側の)囲いはなかったはずだ。隠蔽しなければならない事実があるのか?Youtubeに生徒に除染をさせた動画が載ったから急いで隠蔽したのか?」

"There was no outside fence around the school.  Is there any fact the school needs to hide?  Since youtube video where students were made decontaminate the swimming pool, did you hurriedly build up such a fence?"

そして除染の動画というのも以下にありました。郡山高校の水泳プールでの複数の生徒たちが無防備で除染をさせられています。

The following is the video in which Kooriyama High School students are made to clean up the swimming pool without any protective gears.


しかしながら、なんといっても悲しいのが、このような学校で実際に白血病の生徒が出たという事、そしてそれがまったくニュースにもならず、大々的な抗議ではなく、このように匿名の一部の父母が張り紙でしか、訴えられてないという背筋が凍る福島の現実です。

What saddens me most is that actually a young leukemia patient emerged from a careless school as in the above, and this hasn't made through a major media.

Moreover, only a handful of parents are anonymously protesting only through such notice sheets. 

This is a chilling fact in Fukushima.

どうか国民みんなで福島の子供たちの問題を訴えましょう。今、これ以上に大事な問題はないはずです!

Let's raise our voice regarding the Fukushima children's health issue!  I don't think there is nothing more important than this right now!

福島と宮城県南部では、厚生労働省が、白血病を含む疾病の統計を取ることをなぜか、原発事故後に止めてしまいました。それまで統計を取っていたのにもかかわらずです。

After Fukushima accident, Ministry of Labor, Health and Welfare suspended collecting data of various diseases including leukemia in Fukushima and southern Miyagi, though the data had been collected before the accident.

そして、白血病の実は大家である、伴信彦教授が、福島の汚染地帯で人々が暮らし続けるという、福島エートスのプロモーターとして活躍しています。

Meanwhile, leukemia experts, such as Professor Nobuhiko Ban from Tokyo Health Medical University has been vigorously promoting Fukushima ETHOS.

チェルノブイリでも行った、放射能被曝をより安全にしていけば汚染地帯でも住めるとして子供たちの病気を急増させたエートスを、ここ福島で繰り返しているのです。

The ETHOS program, which increased diseases among children after Chernobyl though demagogue of safer living ways in the contaminated areas, is now being repeated in Fukushima.

ところが、伴信彦氏は、実は「放射線による白血病の発症機構」という重大な論文を数年前に自ら書いていたことを知りました。

それによれば、マウスを使った放射線の実験で、2番染色体上のSfpi1遺伝子が傷つき、同時に造血幹細胞が老化するという、遺伝子レベル、血液細胞レベルでの異変により、1~2年目くらいからマウスが白血病を発症するというメカニズムまでつきとめていたのです!!!

伴信彦氏の論文→http://www.oita-nhs.ac.jp/member/cat5_top/cat193/cat351/post_20.html

To my surprise, Professor Ban had actually written on the mechanism of developing leukemia by radiation some years ago. 

According to his papers, he had already found that radiation damages the gene Sfpi1 on chromosome No. 2 and promotes the aging process of hematopoietic stem cells, thus mouse could develop leukemia only after 1 or 2 years after irradiation!!

Thesis written by Prof. Nobuhiko Ban
http://www.labome.org/expert/japan/oita/ban/nobuhiko-ban-572788.html

このようなすごい論文を自分で書いていながら、一方で汚染地帯に子供まで含んだ住民を居続けてよいものとするエートスを賛同する姿勢は倫理的に許されるものではないと思います。多くの住民の命と健康にかかわる問題です。

While, Professor Ban wrote a number of excelled thesis on radiation effects, he assistes ETHOS progam that allows even pregnant women and children to live in contaminated areas.  I truly believe what he is doing is ethically wrong and this issue is a one of the most grave character which could affect the health and lives of many residents.


この件で、私は伴信彦教授に2013年7月に公開質問状を送り、学校にも問い合わせましたが、いまだに返事はありません。

伴信彦東京医療保健大学教授への公開質問

同大学学長への書簡


事故直後はこんなツイートもあったのに。。。
buvery@buvery 2011年3月28日

今回の事故は短期で解決できません。『屋内退避』は『棄民』を体よく言っただけです。早く組織的な疎開を。:「汚染地扱い」されて「陸の孤島」 http://news.livedoor.com/article/detail/5446539/





追記

Post Script

さらには、ツイッター上で3月15日に東京から九州に避難した現在4歳のお子様が急性白血病を発症したという話が出ています。

I also saw a report of a 4 year old boy who developed acute leukemia.  The boy was evacuated from Tokyo to Kyushu on March 15, 2011 when a thick radioactive plume passed through Tokyo.

私の息子もまったく同じ条件なので、怖くて仕方ありません。。東京における初期被曝はこちらを。3月15日の被曝は半端ではありません。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/i-2011315tokyo-march-15-2011.html

Since my boy has gone through exactly the same path, I am so scared when I saw this report.  Please see the initial exposure in Tokyo.  The radiation level on March 15 was so high!
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/i-2011315tokyo-march-15-2011.html

その他にも、新潟の高校生が白血病に罹ってしまったという報告が来ています。

In addition, report of leukemia high school kids are heard both from Fukushima and Niigata.

ちなみに新潟には世界最大の出力である柏崎原発があり、東京電力はこちらを今年中に稼働させようとしています。柏崎原発は、建設前から小断層がしきちないにたくさんあると指摘されてきた原発です。地盤そのものが変形して、福島のように制御棒が入らなくなる可能性だってあるはずです。
http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/please-stop-insane-japan-from-nuke.html

In Niigata, the world biggest nuclear power station is located and TEPCO intends to restart the reactors.

However, the premise of Kashiwazaki nuclear station is known to have a number of small sized faults even before the construction of the plant.
http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/04/please-stop-insane-japan-from-nuke.html

Unlike Fukushima, there could be a case that the control rods cannot be inserted if the soil itself is massively deformed.


柏崎原発の緯度は福島原発とほぼ同位置であり、今度事故が起きれば、真に破滅的なものになるでしょう。

The latitude of Kashiwazaki and Fukushima nuclear power station is almost the same, and if another accident takes place in Kashiwazaki, the impact would be truly catastrophic.


子供たちが既に被曝による健康障害に見舞われている事、そしてこの重大な事実に関わらず、危険な原発が再稼働していることを知った大人たちは、真剣に、行動すべきだと考えます。

Grown-ups who have realized the facts that children are being harmed by radiation related health hazards and that some people try to restart perilious nuclear reactors should stand up and act.

今年、これ以上大事な活動はないと思います。

I believe there is nothing more important than this to do in this year in Japan.



追記2

ドイツ反核医師の会がチェルノブイリでも事故後1~2年でベラルーシで白血病が増加という記事を書いています。
German IPPNW wrote the following article saying that leukemia was increased only after 1 or 2 years in Belarus.
http://takenouchimari.blogspot.jp/2013/05/198733199019921152.html



2014年に入って、福島に限らず、全国の病院で様々な重大疾病が上昇傾向にあることを示す以下のまとめを拡散していたら、いつのまにか非公開とされました。なぜなのでしょうか?
In 2014, when I was spreading the information of nationwide hospitals' data showing the increased trend of various diseases, it was closed...whey?



→ショック!DPC導入病院の甲状腺悪性腫瘍、肺の悪性腫瘍、白血病などの年次変化抜書き togetter.com/li/631559 が見えなくなっている!



Also, a frequent twitter user @japanwings who had lost his ex-wife through leukemia was suspended December 2013.   I trusted him most among all the twitter users with important information and his followers were more than 10000.


また、(フォロワーが1万超えており、私が最も信頼していたツイッターユーザーの)前妻を白血病でなくされたと言う@japanwingsさんは2013年末に凍結されてしまいました。彼も一方的に多くのネット嫌がらせ者から誹謗中傷されるばかりで、いつも貴重な情報を発信し、凍結される理由のない人でした。



Most of all, I got criminally accused by ETHOS leader only 2 weeks after I posted this page.
なにより、私がエートス代表安東量子氏から刑事告訴を受けたのが、このブログページをアップしてからたった2週間後の2014年1月末でした。


こんな悲しい話も。。本当に学者、学校関係者、良心ある大人たちがみんなで守らないと、子供たちの健康や命が失われていってしまいます!→中学2年生の女子が急性白血病で亡くなった。訃報を知った子供達はマスクをつけ始めた