Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年2月26日火曜日

Reply from the UN 国連からのお返事

Another Good News! 
国連「子供に対する暴力に関する特別報告者」の事務所から以下のメールが届きました!

2013年3月29日

Dear Ms. Takenouchi,
竹野内真理様
Thank you so much for your kind words and important message.
親切なお言葉と大事なメッセージをありがとうございます。
We very much regret that we didn’t have the opportunity to meet with you in New York.
ニューヨークであなたにお会いできなかったことを非常に残念に思います。
We would like to thank you for all the information provided and we are committed to follow the situation with great concern and we willwelcome any additional information you would like to convey to us about this important matter in the future.
私たちは頂いた情報に感謝するとともに、おおいなる憂慮をもって状況把握することをお約束いたします。
今後とも、この大事な問題に関し、新たな情報がありましたら、歓迎いたします。
Looking forward to fostering our contact.
今後ともさらに連絡を深めていけますよう望んでおります。
Kind regards,
 
子供に対する暴力についての事務局長宛て特別報告者事務局
コミュニケーション担当者
______________________
 
Office of the SRSG on Violence against Children
Youtube: http://www.youtube.com/srsgvac


これに対し、私からも今返事を書いて出しました!


I am almost on the verge of tears receiving your mail.
メールを頂き、涙が出そうです。
Let me be very very honest what I feel and think at this moment.
私が今何を感じ、何を考えているか、どうか真正直にお話しするのをお許しください。
As a mother, I have been concerned about the children's health issue most since the onset of the Fukushima disaster, but unbelievably, government, media, municipalities, bureaucrats, even many citizens' organization have been ignoring the ongoing health hazards.
私は一人の母親として、福島事故の発生当時から、子供たちの健康問題を最も憂慮してきました。しかし信じられないことに、政府、マスコミ、自治体、官僚、そして多くの市民団体までもが、今現実に起きている健康障害を無視しています。
It has been seemed as though Japanese children's future has been abondoned...
まるで日本の子供たちの将来が、踏みにじられているように思えていました。。。
 
Your sincere response gave me a great deal of encouragement.
あなたの誠実なご返信は、私に大いなる勇気を与えてくれました。
Your reply was the third one among UN organizations, after UNEP and FAO.
あなたの返信は国連組織の中では、UNEP国連環境計画、FAO国連農業機構に続く3番目です。 
FAO has also provided me an answer stating that promised that the contents of my letter is to be considered, which was a welcoming one.
FAOの方は、私の手紙の内容をご考慮頂くと訳してくださったもので、歓迎する内容でした。
However, my concern is that UNEP gave me a bit discouraging response since it was telling me that it will solely wait for UNSCEAR. report.https://docs.google.com/file/d/1aZvhX8_vjtCOhyLplEyq9fDBfdlIA0addrpLS78BAI1c4NAFVwefgdhHuDW9/edit?usp=sharing
しかし、私が懸念しているのは、国連環境計画がUNSCEAR報告をただ待つという残念な内容でした。
 
As you see in my document Chapter XIII, UN and Nuclear Issues, UNSCEAR has been on the side of nuclear industry. It was amazing to know that the then Secretary General Mr. Kofi Annan had stated that 3 million children needed physical treatment as early as 2000.http://ochanet.unocha.org/p/Documents/Chernobyl_2000.pdf  And against this, UNSCEAR Chair bruntally denied the statement by Mr. Annan as follows.http://mailman.mcmaster.ca/mailman/private/cdn-nucl-l/0506/msg00011.html
私の書簡の13章、国連と原子力の問題にありますように、UNSCEARは原子力産業寄りにいます。前事務総長のコフィ・アナン氏が2000年には早くも、300万人もの子供たちが身体的な治療を必要としていると報告したのは驚くべきことです。http://ochanet.unocha.org/p/Documents/Chernobyl_2000.pdf
これに対し、UNSCEARの議長は、アナン氏の発言を露骨に否定しました。
 
It is apparent there are some power struggle within the UN and seems like organization with power such as nuclear power holding states and IAEA and affiliated organizations have been doing whatever they want for nuclear profits even though their actions deteriorates people's health.
国連の内部で、権力闘争があることは明白であり、原子力を持つ政府、IAEAやそれに関与する組織が、人々の健康を犠牲にしても、原子力の利益のためにやりたいことをやっているように思えます。
 
However, we cannot overlook this grave situation anymore since our children's life and health are at stake. I truly hope organization such as UNICEF or UNOCHA or UN Human Rights Council should be the main actor for humanitarin issues based on the truth rather than IAEA or UNSCEAR acting based on pro-nuclear convenient untruth.
しかし私たちは、これ以上このような状況を見過ごすわけにはいきません。子供たちの健康と命がかかっている問題ですから。私はユニセフや国連人道問題調整事務所、国連人権理事会などが、真実に基づいて、人道問題に対処するメインアクターとなってほしいと思っています。IAEAやUNSCEARが原子力推進の都合の良い不真実の上で行動するのではなく、です。
For realizing this, as a citizen from Japan which has become the victim of nuclear repeatedly, what can we do to help the good-intentioned people/organizations within the UN to become the main player without being hampered by nuclear related organizations?
そういうことを実現するために、核の犠牲を何度も受けてきた日本の市民として何ができるでしょうか?国連の中の良心をもった人、良心をもった組織が、原子力関係の組織に妨害されることなく、メインプレーヤーとなるためには何をすればよいのでしょうか?
I hope you can provide me some insights.
お考えをお聞かせいただければと思います。
Also, I would like to welcome any ideas on what could be done to change the on-going horrendous situation in Fukushima and Japan.
また、現在の福島と日本における、ひどい状態をなんとかするためにできることに関してのアイデアがあればとも思います。
Yours sincerely,

竹野内真理
ジャーナリスト、母


Good News!  I received a reply from FAO!!!
良いお知らせ~国連食糧農業機関(FAO)からの返事が3月20日に届きました

(ブログの日付と前後するのは後から加えた情報だから。国連のさまざまな部署に届けたところ、返信の一番手は、この下にある国連環境計画UNEPからの返信でした。)

FAO/IAEA食糧農業各技術部門、農業消費者保護部の所長、Qu Liang氏から、「私の国連への手紙の内容を考慮する」とお返事が届きました!!

Here are the letters of mine and reply from the Director of Joint FAO/IAEA Division of Nuclear Techniques in Food and Agriculture Department of Agriculture and Consumer Protection, Mr. Qu Liang.

私が国連へ送付した手紙全文 My letter to the UN
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/open-letter-to-un-on-health-hazards.html

FAO国連食糧農業機関への内容は特に第V章に焦点を当てている。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_16.html
(食品汚染、ストロンチウム90、バンダジェフスキー論文、茨城の児童の心臓異常にも言及)

The following are the letter exchange.
以下の私のメールとFAO, Qu Liang氏からの返信

Hello from Japan.
I am a journalist and a mother who is living in Japan.
I am sending this letter to inform you of the grave situation in Japan and potential devastation on the environment and people's health in the world.
日本からこんにちは。私は日本に住むジャーナリストで母親です。
この手紙を日本における深刻な状況と、世界における環境と人々の健康に及ぼしうる潜在的な厄災についてお知らせするために書いております。

In Japan, the food radiation standard is as high as 100Bq/kg (equal to low level radiation waste) and the government is not even measuring Sr 90 in food. Currently, Japan is even giving contaminated fish can to developing countries' school lunch. (See chapter V) Could you please read the attached open letter as soon as possible and advise me what could be done?Thank you very much in advance.
Yours sincerely,
Mari Takenouchi
日本では、食品の基準値が100Bq/kg(低レベル放射性廃棄物と同じ値)もあり、さらに政府はストロンチウム90を測定さえもしていません。現在日本は、汚染されている魚の缶詰を発展途上国の学校給食に提供しています。(第V章をお読みください。)添付の手紙をなるべく早くお読みいただき、何をするべきであるか、ご助言いただければと思います。よろしくお願いいたします。

竹野内真理拝

*********
2013年3月20日

Dear Ms Takenouchi,
竹野内様

The Food and Agriculture Organization (FAO) of the United Nations, and in particular the Joint FAO/International Atomic Energy Agency (IAEA) Division of Nuclear Techniques in Food and Agriculture, is responsible for the consideration of nuclear and radiological emergencies affecting food and agriculture.
国連食糧農業機関(FAO)、中でもFAO/IAEA食糧農業核技術部門、農業消費者保護部は、食糧や農業に影響する放射能緊急事態に関して、責任管轄部署となっております。

These efforts include on-going activities initiated by the Joint FAO/IAEA Division in relation to the Japanese nuclear emergency, including the dissemination of information on food monitoring and food restrictions, the consideration of agricultural countermeasures and remediation strategies to mitigate immediate and longer term effects arising from radionuclide contamination, and the interpretation of standards related to radiological protection of the public.
この業務の中には、FAO/IAEA食糧農業各技術部門、農業消費者保護部がイニシアティブをとり現在進行中である、日本の原子力危機関連の業務が含まれており、食品モニタリングや食品制限、農業対策、放射性核種汚染からくる短期的長期的影響の削減のための改善戦略、公衆の放射線からの防護に関連する基準値の解釈なども含まれます。

These activities are carried out within the context of FAO obligations as a full party to the IAEA Early Notification and Assistance Conventions, and under the FAO cosponsored Joint Radiation Emergency Management Plan of the International Organizations (EPR JPLAN 2010), which provides the management tools for coordinating international organization arrangements in preparing for, and responding to, nuclear or radiological emergencies.
これらの活動は、IAEA早期通知及び支援条約、そしてFAOが共同スポンサーを担う国際組織における放射線緊急管理共同計画(EPR JPLAN 2010)の元、条約締結組織のFAOの義務の範囲内で行われ、原子力もしくは放射線緊急事態への準備及び対策として国際機関の調整をするための管理ツールを提供しております。

Please be advised that the points raised in your letter will be considered by the Joint FAO/IAEA Division when undertaking its future coordinating activities with other UN agencies related to the Japanese nuclear emergency.
貴女の書簡に掲げている点については、FAO/IAEA食糧農業各技術部門、農業消費者保護部が、将来国連の他の組織と日本の原子力緊急事態に関して調整活動をする際に、考慮するということをお知らせいたします。

Yours sincerely,
Qu Liang
Director,
Joint FAO/IAEA Division of Nuclear Techniques in Food and Agriculture
Department of Agriculture and Consumer Protection
The Food and Agriculture Organization (FAO) of the United Nations

Qu Liang
FAO/IAEA食糧農業各技術部門、農業消費者保護部所長
FAO国連食糧農業機関

これに対し、私も今お返事しました~

Mr. Qu Liang
Qu Liang様
Thank you very much for your reply.
I really appreciate it.
お返事感謝いたします。 
In Japan, though the food contamination has not been improved especially among fish due to organic concentration, the Ministry of Health loosened the food inspection standard as follows.

日本では、食品の汚染は特に魚においては生体濃縮のため、改善されておりませんが、厚労省は以下のように、食品検査を緩めております。
As you know, the Japanese trading companies are quite efficient and contaminated foods can be spread not only in Japan but also worldwide.
I would be very appreciative if you could thoroughly consider the points I raised for saving health of not only Japanese but world population.
 
ご存知のように、日本は商社が活発ですから、日本のみならず世界で汚染食品が広がる恐れがあります。
日本のみならず、世界の人々の健康を守るために、私が指摘した点について徹底的に考慮していただけたらと願っております。
Yours sincerely,
Mari Takenouchi
竹野内真理拝

********************************

こちらは、以前に来た国連環境計画からのお返事。

Here is the reply from UN Environment Programme to Mari Takenouchi.

https://docs.google.com/file/d/1aZvhX8_vjtCOhyLplEyq9fDBfdlIA0addrpLS78BAI1c4NAFVwefgdhHuDW9/edit?usp=sharing

*残念ながら、UNSCEARに追従するという内容。下記の私の手紙をよく読んでいるとは思えません。特に原子力と国連の章は、読み飛ばされてしまったか?

国連と原子力の問題
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/xiii-un-and-nuclear-power-issues.html



UNITED NATIONS ENVIRONMENT PROGRAM

国連環境計画

2013213

Ms. Takenouchi

2013212日付の国連環境計画(UNEP)へのEメールと添付書類をありがとうございました。

私たちは、あのような情報をまとめて送付してくださった貴方の情熱に敬意を表します。情報のほとんどは、かつて見たことのないものでした。

ご存知のように、国連は事故後に様々な活動を行っております。最も重要なものが、エビデンスの客観的科学分析と公平性と中立性に基づた、科学的な線量レベルと被曝影響の評価です。この作業はUNSCEARによって行われており、UNEPは、UNSCEARの事務局の役割を担っています。

UNSCEARは世界中からの専門家がいくつかのグループに分かれ、一般公衆、労働者、そして環境への放射線量の事前評価を行っております。今、分析をまとめ、国連総会に提出する包括的な科学報告書を提出するために作業をしているところです。詳細な科学的根拠とともに今年中に科学界と一般公衆のために、国連より発表される予定です。

そののちに、事故後肉体的精神的な苦痛を被った福島県住民と直接意見交換し、事故による放射能の影響についての科学的知識に関しての憂慮点について対処する機会が得られると考えております。

これらの活動により、事故の影響に関しての混乱を軽減することがいくらかできるのではないかと願っております。国連の他の組織がこの問題に関して何をしているか、また何をしようとしているかについてあなたに情報を届けてくれることを願っております。

Peter T. Gilruch,

Director, Division of Early Warning and Assessment (DEWA)