Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年6月18日火曜日

IAEAからのお返事 Reply from IAEA

私のIAEAへの手紙は以下です。

 
Here is my letter to IAEA and their reply is at the bottom of this page.
 
 
福島原発事故後に出ている甲状腺がんを含めた健康被害と、福島や稼働中の大飯におけるさらなる原発事故の可能性を訴えるため、3歳の息子と欧州に行ってまいりました。IAEAからの独立運動をやっているMichel Fernex博士の素敵なおうちに泊まらせてもらった後(庭に動物がいろいろいて、息子は大喜び!)、オーストリアのIAEA(結局面会は拒否)、UNSCEARと行ってまいりました。
 
In June, I went to Europe with my 3 year old son to appeal for the already emerging health hazards after Fukushima (including increased thyroid cancer) and possible severe accident at Fukushima and Ohi NPPs.  My boy was excited when we stayed at Dr. Fernex house with lots of animals.  In Austria, I visited IAEA (after all, I was rejected to meet anybody from IAEA) and UNSCEAR commnications officer.
 
オーストリア訪問後、欧州のある都市で一息。息子は今年に入ってNYと欧州と3歳にして2回海外経験。おかげで外国人にも物おじせず、ストリートミュージシャンの音楽に合わせてしばらく踊っていました。英語もほんの少ししゃべるよ。海外旅行に年に数百万も行く日本の皆さん、ぜひ、海外にも訴えに行きましょう~
My boy dancing to street music.  He is 3 year old but already very happy to meet foreigners!
 
 

帰ってきましたら、なぜか、私のPCが攻撃にあい、今までのブログhttp://savekidsjapan.blogspot.jpが更新できなくなりました。。。 と言い、インターネットカフェに通い、別のサイトhttp://savekidsjapan.wordpress.com/を立ち上げた矢先、いきなり更新可能になりました!

By the way, my PC was attacked by somebody and I could not update my blogs anymore so I established another site, and then I could update this page now.(But my PC is not functioning...)

下記にもあります、IAEA事務局長への公開質問状もメールで送り、面会をお願いした際のお返事が以下です。広報部長Gas氏によるお返事です。
I sent the open question to IAEA Director General via e-mail and requested to have a meeting with IAEA and I am attaching the Director of Public Information Mr. Gas’s reply below.

少なくとも、Gas氏のお返事は丁寧な言葉遣いで、きちんとこちらの言いたいことを読んで下さっています。また、Gas氏がUNSCEARのお知らせを教えてくれたおかげで、私はその後、UNSCEARの方にアポイントを取り、直接、日本における窮状、特にすでに現れている健康被害について訴えることができました。(Gasさん、ありがとう。)
At least, Mr. Gas was selecting words in his courtesy and moreover, he actually read what I wanted to say.  In addition,thanks to his information on the update of UNSCEAR, I was able to make an appointment with UNSCEAR person and was able to convey the situation in Japan particulaly focusing on already emerging health hazards. Thank you, Mr. Gas!

同時期に行われていた国連人権理事会のグローバーさんの報告にばかり注目が行き、今後の政策により大きな影響を与えるUNSCEARについては、働きかけている人が皆無なようです。
It seems like almost everybody’s attention went to UN Human Rights Council Mr. Anand Glover and nobody worked on UNSCEAR, which has more impact on future political decision.

放射線による健康被害はたいしたことがないという前報告を出しているUNSCEARにどうぞ皆さんからも訴えてください。(さらに二つの報告、子供への影響および人間と環境への影響の報告が6gつ31日に、そして本報告は9月に出ます)日本の人がやらねば、誰もやってくれません。今年に入って米国と欧州を訪問してきて、痛烈にそれを感じています。健康被害については、甲状腺がんの増加も含め、グローバー報告にも入っていません。
Please do make appeal to UNSCEAR from you as well particularly on health hazards on radiation.  Unless Japanese people make a move, nobody would help.  As I visited the US and Europe this year visiting major conference or meeting major organizations, I strongly feel this way.  As for health hazards, even Mr. Glover’s report does not mention at all including dozens times increased thyroid cancer…

以下がUNSCEARへの連絡先です。3人の方がいらっしゃり、私がお会いしたのは、インド人女性のMohanさん。私が子供を抱えて、書類をばらばらと落としてしまったのを静かに拾ってくださり、私の話をじっと聞いてくださった素敵な女性。ご自身も小さい子がいるのでよくわかる、よくぞ来て報告してくれたとおっしゃってくれました。(ああ、世の中のすべてのお母さんが立ち上がれば、原発などなくなってよいはずなのです!)
The following are the contacts of UNSCEAR communications officer.  I met Ms. Johan, a very nice Indian woman.  She calmly picked up my scattered materials while I was holding my son, and listened attentively to my talk.  She said that she understood my feeling since she herself had a small child and thanked my coming to report to her.  (I really wish if all the mothers in the world stood up against nuclear power…)

UNSCEARへのメールはこちら (英文でお願いします)
Ms. Jaya Mohan jaya.mohan@unscear.org 
Ms. Anne Thomas anne.thomas@unvienna.org  Ms Regina Rohrbach  regina.rohrbach@univienna.org

***********************
以下がIAEAからのメール
Below is the mail from IAEA

Dear Ms.Takenouchi,
竹野内様

Thank you very much for your correspondence, the background introduction and your comments and questions that I have carefully read. I am sorry to hear that you and your son have been unwell.
お手紙をありがとうございました。背景にまつわる自己紹介と貴方のコメントと質問事項は、注意深く読ませて頂きました。貴方と息子さんが体調不良であることに心を痛めています。

This are indeed very complex issues that you raise and many of the questions that you pose are of a domestic nature. The Agency, as an intergovernmental organisation would not be appropriate to address them, sometimes simply because they are not in its mandate, which derives from its Member States decisions.
貴方の提起している問題は、実際複雑なもので、質問の多くは国内問題に相当します。IAEAは、国際機関であり、これらの問題に対処するには、当事国の決定に対する権限を持たないということも時折あるため、対処するのにふさわしい機関ではありません。

I want nevertheless to inform you that the IAEA is engaged in a broad undertaking to help ensure that the world learns from the nuclear accident at Fukushima Daiichi to so that we can make nuclear energy as safe as humanly possible. We are also giving priority to supporting Japan’s efforts to recover from it.
それでもIAEAは、福島第一の原子力事故からの教訓を、原子力を人類ができる限り安全にするのに生かすため、広範な事業を行っていることをお知らせさせていただきます。

On our website you will find extensive factual information about the accident and up to date details about the extensive IAEA Action Plan for Nuclear Safety, which was unanimously endorsed by our Member States in September 2011 and has since provided a road map for the IAEA and its Member States to follow. We also continue to work with Member States of the IAEA in preparing a comprehensive report of the accident. This report is planned to be released by the end of 2014.
私どものウェブサイトでは、事故に関する広範な事実と最新のIAEAの原子力の安全性のためのアクションプランの詳細が記されています。これは2011年9月に加盟国により満場一致で支持されたものであり、IAEAと加盟国が追随していくロードマップとなっております。また、我々はIAEAの加盟国と、事故の包括的な報告書を作成するため引き続き作業を行う予定です。この報告書は、2014年末までに発行される予定です。

I would also like to mention that the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) is currently holding its 60th annual meeting in Vienna, where its secretariat is based, and on 31 June will release to the public two reports: the effects of radiation exposure on children, and the radiological impact of events at the Fukushima-Daiichi nuclear power plant in Japan on humans and the environment. It seems to me that this information will be particularly pertinent to your concerns. These reports will be presented to the United Nations General Assembly later in the year, see their press release: http://www.unis.unvienna.org/unis/en/pressrels/2013/unisinf475.html
また、放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)が事務局のあるウィーンで第60回目の会合を開いており、6月31日に二つの報告書をリリースします。ひとつは子供に対する放射線の影響であり、もうひとつは日本における人間と環境に対する放射線の影響についてです。この情報は、あなたの懸念事項に特に関連しているように思われます。これらの報告書は、国連総会に、今年度中に提出されます。(訳者注:その後UNSCEARの人に直接聞いた話だと9月だそうです)

As for your request of meetings, with other pressing commitments, and the limitation of the Agency’s capacity to answer most of your questions, Director General Amano and Deputy Director General Flory will unfortunately not be in the position to offer you an interview.
あなたのリクエストされている面会についてですが、他にも緊急事項があり、またIAEAが貴方の質問の多くにお答えする能力における制限もあり、天野事務局長および副事務局長のFlory氏は、残念ながら貴方のインタビューリクエストにお答えすることはできません。

I still hope that you will find the information I have provided useful and I wish you good luck in your undertakings.
それでも私がここでご提供した情報が役に立つこと、貴方のされていることがよい方向に行くことをお祈りしております。

Best regards,
Mr Serge GAS | Director |Division of Public Information | Department of Management | Vienna International Centre, PO Box 100, 1400 Vienna, Austria |Follow us on http://www.iaea.org