Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/
真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/
Mari's video https://maritakenouchiyoutube.blogspot.com/
Dr. Bandazhevsky's research paper (English and Japanese) https://bandazhevskypaper.blogspot.com/

2020年4月4日土曜日

Globally high level of homocysteine (precursor of cancer/heart attack/stroke)! Dr. Bandazhevsky on Chernobyl and Coronavirus バンダジェフスキー博士、チェルノブイリとコロナを語る:世界で高い血中ホモシステインレベル!(ガン、心臓発作、脳卒中の前兆)

Newly added on April 19!
Health Hazard Today by Dr. Bandazhevsky

"People who are exposed to radiation - toxic effects due to forest fires in the Chernobyl Exclusion Zone are potential victims of coronavirus. A study conducted by us during European projects in 2013-2107 revealed that people living in areas affected by fire have increased blood homocysteine levels, indicating a malfunction of several important metabolic cycles. At the same time, blood coagulation increases, contributing to the occurrence of blood clots in the microvasculature of vital organs. The consequence of this is myocardial infarction and strokes. These people are potential victims of the harmful effects of coronavirus. The influence of the latter on the human body is noted by the fact that it also disrupts blood circulation in the lungs and other organs, adversely affects the hematopoietic system, the immune system. People living in areas suffering from the consequences of the accident at the Chernobyl nuclear power plant have violations in the immune system, which also makes them targets for exposure to viral agents, including coronavirus. The inflammatory process occurs under the influence of not only viral particles, but also microbial agents. A very rapid development of the inflammatory process is associated with a distorted, pathological reaction of the immune system, as a result of which cells of the body are damaged. An important role, in this case, is played by the genetic system. In this situation, it is very important to determine the group risk among the population in terms of viral exposure with the appropriate preventive and anti-epidemic measures."
-Professor Yuri Bandazhevsky
19/04/2020 


「チェルノブイリの立ち入り禁止区域での現在も続く森林火災による毒性により、放射線に被曝している人口は、コロナウイルスの潜在的な犠牲者集団です。私たちが2013年から2107年のヨーロッパのプロジェクトで行った研究調査では、現在火災の影響を受けている地域に住む人々の血中ホモシステインのレべルが増加していることが明らかになりました。この増加は、いくつかの重要な代謝サイクルの機能不全を示します。そして同時に、血液凝固の増加や、重要器官の微小血管系における血栓の発生に寄与し、心筋梗塞と脳卒中を引き起こします。この一帯に住む人々はコロナウイルスの有害な影響に対する潜在的な犠牲者です。人体に対する放射線の影響は、肺や他の臓器の血液循環をも破壊し、造血系、免疫系に悪影響を与えるという事実によって示されています。チェルノブイリ原子力発電所での事故の結果、免疫システムに異常があり、免疫異常は、コロナウイルスを含むウイルス感染症へのターゲットとなり得ます。炎症過程は、ウイルスだけでなく病原菌の影響も受けます。放射線被ばくによる炎症プロセスの非常に急速な進展は、免疫系の抑制された病理学的反応に関連しており、その結果、体内の細胞が損傷します。この場合、重要な役割を果たすのは遺伝系です。このような状況では、ウイルスへの曝露という観点から、適切な予防策と流行防止策のための集団感染リスクを決定することが非常に重要です。」

-ユーリー・バンダジェフスキー教授

19/04/2020 

"Люди, которые подвергаются радиационно - токсическому воздействию, обусловленному пожарами леса в Чернобыльской зоне отчуждения, являются потенциальными жертвами коронавируса. Исследованием, проведенным нами в ходе Европейских проектов в 2013-2107 г., выявлено то, что у людей, проживающих в районах, пострадавших от пожара, повышено содержание гомоцистеина в крови, свидетельствующее о нарушении функционирования ряда важнейших метаболических циклов. При этом, повышается свертывание крови, способствующее возникновению тромбов в микроциркуляторном русле жизненно важных органов. Следствием этого является инфаркты внутренних органов и инсульты. Эти люди являются потенциальными жертвами пагубного воздействия коронавируса. Влияние последнего на организм человека отмечается тем, что он, также, нарушает циркуляцию крови в легких и других органах, пагубно воздействует на гемопоэтическую систему, систему иммунитета.
Люди, проживающие в районах, страдающих от последствий аварии на Чернобыльской атомной электростанции, имеют нарушения в системе иммунитета, что, также, делает их мишенями для воздействия вирусных агентов, в том числе, коронавируса. Воспалительный процесс возникает под влиянием не только вирусных частиц, но и микробных агентов. Очень быстрое развитие воспалительного процесса связано с искаженной, патологической реакцией иммунной системы, в результате которой повреждаются клетки собственного организма. Важную роль, при этом, играет генетическая система.
В сложившейся ситуации, очень важно определить среди населения группы риска в отношении вирусного воздействия с проведением соответствующих профилактических и противоэпидемических мероприятий."

Профессор Юрий Бандажевский
19.04.2020


________________________ 


A must read article now! 必読!

A huge number of Belarusians are dying of cancer, who need to be saved, but first, they need to cope with corona virus. Professor Yuri Bandazhevsky’s talk on Chernobyl and pandemic
「膨大な数のベラルーシ人がガンで亡くなっており、救わねばならないが、今はまず、コロナウイルスに対処しなければならない。」
チェルノブイリとコロナウイルス蔓延について語るバンダジェフスキー教授
Source: Interview on Belarusian paper, Komsomolskaya Pravda
ベラルーシの新聞Komsomolskaya Pravda紙より
https://www.kp.by/daily/27112.3/4188320/?utm_source=404page&utm_medium=refferal&utm_content=top_1&utm_campaign=top_news
Translated by Mari Takenouchi
翻訳:竹野内真理 
Профессор Юрий Бандажевский: От рака умирает огромное количество белорусов, и их нужно спасать. Но вначале нужно справиться с коронавирусом. Фото: личный архив.


Yuri Ivanovich Bandazhevsky (63) graduated from the Grodno Medical Institute in Belarus, and became a medical doctor, professor, member of the New York Academy of Sciences.   At the age of 31, he became the youngest professor of medicine in the USSR.  In 1990, he became the first rector of the Gomel State Medical Institute at the age of 33. After many years of research, he made an official conclusion about the real situation with radioactive contamination in Belarus. In 1999, he was arrested on suspicion of receiving a bribe, later convicted, and was released in 2005. He became the 25th person to receive a Freedom Passport, approved by the European Parliament. He is a honorary citizen of 17 French cities, including Paris. He leads an international research center "Ecology and Health (https://chernobyl-health.org/)", established in Kiev, conducts research in contaminated areas of Ukraine.

ユーリ・イワノビッチ・バンダジェフスキー教授(1957年生まれ、63歳)は、医師でニューヨーク科学アカデミーのメンバー。グロドノ医科大学を卒業後、医学博士号を取得し、31歳というソ連史上最年少の医学部教授となる。1990年、ゴメリ州医学研究所の初代学長(33歳!)に就任。長年の研究を経たのち、ベラルーシの放射能汚染の実状について公式の結論を出すが、1999年賄賂を受け取ったという嫌疑で逮捕、有罪となり拘留された後、欧州議会よりフリーダムパスポートを承認された25番目の人物として、2005年に釈放。パリを含むフランスの17都市の名誉市民。キエフに設立された国際的研究センター「エコロジーと健康 https://chernobyl-health.org/」を率い、現在もウクライナの汚染地域で研究を行っている。

Q: Prof. Yuri Ivanovich, 34 years have passed since the Chernobyl explosion, for many this is a horror story from the past. Not so long ago, the famous pediatric oncohematologist Olga Aleinikova said in an interview that in the late 80s, Belarusian children had 48 times increased thyroid cancer. Before Chernobyl, there was almost no thyroid cancer. What else are changed among Belarusians after the Chernobyl accident?
Q:ユーリ・イワノビッチ教授、チェルノブイリ原発事故から34年が経ちましたね。多くの人にとって、これは過去の恐怖の物語となっているようです。先日のインタビューで、有名な小児腫瘍学者のオルガ・アレイニコワ博士が、チェルノブイリ以前には、甲状腺癌ほとんどなかったにも関わらず、80年代後半にはベラルーシの子供たちの甲状腺癌が48倍増加した、と語りました。チェルノブイリ事故は、ベラルーシ人に他にもどのように影響を及ぼしましたか?

-This topic is complicated. First, I must say that Chernobyl has not gone anywhere, and its consequences are terrible. And this story is not in the past, but at present. In Ukraine, we examined the children of the second post-Chernobyl generation, the state of health of many children is unsatisfactory. Radioactive isotopes, as before, continue to enter organisms through the air and food.  Today, we have dire consequences in the form of oncological diseases, congenital malformations, and cardiac disturbances. We see children with severe metabolic disorders ...
博士:この問題は複雑です。チェルノブイリの問題は今もそのまま残っていること、そして、事故の影響はひどいものである、ということをまず申し上げねばなりません。チェルノブイリは過去ではなく現在も続いています。私たちはウクライナでチェルノブイリ第二世代の子供たちを調査しましたが、多くの子どもたちの健康状態は正常ではありません。放射性同位元素は、以前と同様、空気と食物をから生体内に侵入し続けており、今日、腫瘍性疾患、先天性形成異常、および心臓障害の形で悲惨な結果をもたらしています。私たち医師は重度の代謝障害を持つ子供たちにも遭遇します。


- Why are you sure that these are the consequences of Chernobyl? A causal relationship must be difficult to trace.
Q:なぜこれらがチェルノブイリの影響であると確信して言えるのですか?因果関係を追跡することは困難なはずですが。


-You can, if you tell the truth. For example, if you take the number of people who undergo surgical treatment for thyroid diseases, the numbers are huge. My family and I are faced with this. There are huge queues for the operation ...
博士:真実を言う意思があれば、因果関係については語れます。たとえば現在、甲状腺疾患の外科的治療を受ける人の数は膨大です。私自身も私の家族も甲状腺の手術を受けました。手術のために非常に長い列ができています。

At one time with her colleagues, the late Larisa Nikolaevna Astakhova, a professor (Note: Deputy Director of the Research Institute of Radiation Medicine of the Republic of Belarus, who led the laboratory of pediatric endocrinology.) had examined on more than 20,000 children, and recorded the associated effects between thyroid damage after radioactive iodine exposure and the presence of a large amount of radiocesium in their bodies. After decades, we medical researchers in Ukraine have been registering approximately the same cases - even when there is very little cesium in children's body.
故人であるラリサ・ニコラヴナ・アスタコワ教授(ベラルーシ共和国の放射線医学研究所の副所長で、小児内分泌学の主任研究員)が、2万人を超える子供たちを対象に、同僚と研究を行いました。子供たちの放射線ヨウ素に被曝した甲状腺損傷と、体内にある大量の放射性セシウムが、相関関係にあったことを記録しました。
数十年後、ウクライナでも、我々医学研究者は、ほぼ同様のケースを記録しています。さらに、子供の体内にセシウムの体内濃度があまり高くない場合でも、甲状腺損傷が見つかるのです。

Chernobyl children are more sensitive even to minimal radiation exposure. This is due to a disturbance of the physiological regulation, including the expression of genetic information. The nonspecific resistance of the body associated with the immune, endocrine, and nervous systems has been deteriorated.
チェルノブイリ周辺の子供たちは、最小限の放射線被曝に対してさえ、より敏感になっています。この現象は、遺伝子情報の発現を含む、生理学的調節機能が損なわれていることにより生じます。免疫系、内分泌系、神経系に関連する体の非特異的な耐性が損なわれているのです。

We completed a large project, where we revealed a metabolic disturbance of the vital amino acid, methionine. As a result, a large amount of the amino acid homocysteine ​​was present in the bodies.
私たちは大規模なプロジェクトを完了し、その間、必須アミノ酸であるメチオニンの代謝異常が起きていることを明らかにしました。その結果、アミノ酸ホモシステインが大量に体内に存在していることがわかりました。

I do not want to confuse the readers’ brain with medical terminology, but in west Europe and in America, and throughout the world, a high level of homocysteine ​​in the blood is a disaster.
専門用語で皆さんの理解を煙に巻くようなことはしたくありませんが、欧州、米国、そして世界中で、高い血中ホモシステインレベルが、健康に対して悪影響を及ぼしています。

Usually it is high in seriously ill people. However, during our study in Ukraine, we found almost 80% of children are with elevated homocysteine ​​levels. These are the harbingers of cancer, congenital malformations of the future children of these girls, and blood clotting disorders, which means heart attacks and strokes. There are huge risk groups and we can say that these diseases have originated from childhood.
通常、重病患者でホモシステインのレベルは高くなります。ただし、ウクライナでの調査中に、ホモシステインレベルが上昇した子供がほぼ80%の割合で見つかりました。これは癌の前兆であり、女子が生む将来の子供たちの先天性形成異常の前兆であり、心臓発作や脳卒中につながる血液凝固障害の前兆です。巨大リスクグループが存在するのです。しかも、これらの病気のみなもとが、小児期から発生しているのです。

Prevention is needed to prevent symptoms. Yes, some Chernobyl grandmothers live up to 100 years, they are initially stronger, but children and young people are seriously ill and die.
病気を防ぐには予防が必要です。チェルノブイリのおばあさんの中には100歳まで生きる人もいます。もともと頑強な人たちだったのですが、子供や若者は深刻な病気になり、死んでいるのです。

- What do you mean when talking about prevention?
Q:予防とはどういう意味の予防ですか?

- The national government should take care of the state of people's health 24 hours a day. While I was still working in Gomel, I proposed a prevention program, offered to seek for the international community for help to develop such a program.
Radionuclides should not enter one’s body; foods grown in contaminated areas should not be eaten. In addition to the mandatory comprehensive radiation control, timely diagnosis and timely correction of metabolic system among children is important.
博士:国は124時間、国民の健康状態を管理するべきです。ベラルーシのゴメリで勤務している間、私は予防プログラムを提案しました。そのようなプログラムを開発するため、国際社会に支援を求めることも提案しました。
放射性核種を体内に入れるべきではありません。汚染地域で育った食物は食べてはいけません。包括的な放射線管理が必須であることに加え、子どもに対する早期診断と早期における代謝機能修復の治療が重要なのです。

Q: What particularly can Belarusian do for his/her own health and the health for loved ones?
Q:ベラルーシ人の健康、特に自分の家族の健康のために何ができるでしょうか?

- It's like in a joke - First they chopped off his head, and then you ask: Well, maybe he will still live? Sorry for the black humor. Too much time wasted.
博士:その質問は私にはジョークのように聞こえますね。最初に人の首を切りつけておいて、「まだこの人は生きていますかね?」と尋ねると同じです。ブラックユーモアとなってしまいました。しかしながら、実際、時間を浪費しすぎたと思います。

People continue to suffer from radiation exposure, a lot of children with congenital defects, hidden and obvious, impaired function of vital organs.
人々は放射線被曝に苦しみ、多くの子どもたちが、隠れたあるいは明らかな先天性欠損症や重要臓器の機能障害を持っているのです。

I devoted most of my life to this problem, for the sake of it I came to Gomel, where I headed the newly created Gomel Medical Institute, and went on a fundamental struggle for the truth.
私は人生のほとんどをこの問題に費やしてきました。その目的でゴメリ入りし、新しく(学長として)創設したゴメリ医科大学で、真実のための抜本的な闘いを続けてきました。

I remember how in the 90s at a meeting of the Gomel Oblast Executive Committee, summing up the annual results in the field of healthcare, I directly told officials: Stop lying. Our medical public officers were sitting, and suddenly I hear a voice of one of the then regional chiefs going Keep quiet! Do you understand how acute the question was? ..
90年代、ゴメリ州オブラスト執行委員会で、医療分野の年次研究結果を自分が報告していた時のことをよく覚えています。僕は直接当局の人たちに、「嘘をつくのはおやめなさい」と発言したのです。医療関係の役人らが同席していましたが、突然、当時の地元首長の1人の「だまれ!」と言う声が聞こえてきました。当時からどのくらい切迫した問題であったかを理解いただけますでしょうか?

The prevention system in Belarus should include informing people about the problems of radiation exposure. When we detected an elevated level of radionuclides in children in Ukraine, we conducted a survey for parents: What does children eat and where do the products come from?Then we explained to the public what was going on. And the number of elevated level cases has been decreased by half.
ベラルーシの疾病予防管理システムに、放射線被曝の問題について人々に知らせることを含めるべきです。ウクライナで子供たちの放射性核種のレベルが上昇していることを検出したとき、私たちはご両親へのアンケート調査も行いました。「子供たちは何を食べていますか?その食物はどこのものですか?」という質問です。僕たちは何が起こっているかを公衆に説明し、その後、体内の放射能レベルが上昇するケースは半分に減少しました。

We made our recommendations for Ukrainians and Europeans, where we asked: Do not buy forest mushrooms and berries, control the level of radionuclides in products from the garden. In Ukraine, for garden greens, the norm for radiocesium is up to 40 becquerels per kilogram, for radiostrontium is up to 20 becquerels.
「森のキノコやベリー類を買わないように。庭でできる農作物に含まれる放射性核種のレベルを管理するように」と訴えるウクライナ人とヨーロッパ人向けの勧告文書を作成しました。ウクライナでは、庭の農作物における放射性セシウム基準値の上限は、キログラム当たり40ベクレル、ストロンチウムは20ベクレルです。

Do you want mushrooms? Take champignons (the norm is up to 40 becquerels of radiocaesium per kilogram). But it is better to avoid any penetration of radionuclides into the body. Suppose the norm in milk is up to 100 becquerels of radiocaesium per liter. If your milk will have 90 (50 or let 20) Bq, will you really drink it?
キノコが食べたいですか?だったらシャンピニオン(キログラムあたり最大40ベクレルの放射性セシウム基準)がいいでしょう。ただし、放射性核種の体内への侵入を避ける方がもっと良いでしょう。牛乳の標準が1リットルあたり最大100ベクレルの放射性セシウム基準値であると仮定します。では牛乳が90ベクレル(50ベクレルでも20ベクレルでも)入っている場合、あなたは本当に飲みますか?

It is necessary to try to ensure that radionuclides are not present in food at all. This is the main thing that the country should do - to create a system of prevention.
放射性核種が食品中に全く存在しないように努力をせねばなりません。これは国家がすべき大事なことです。予防の医療システムを構築せねばならないのです。

Once wealthy people in power told me that we are listening to you, we have bought devices - weve checked the products we bought on the market. Individually, they have a headache, but to run a system at the national level, questions arise ...
権力のある裕福な人たちが、一度私にこう言いました。「私たちはあなたの話を聞いていますよ。私たちは市場で買う食べ物を検査しています。」個人的には、この問題は彼らにとっても頭痛の種なのですが、州レベルで何かしようとすると、いろいろと問題が生じてしまうのです。
After Fukushima, the Japanese really needed experience and an objective analysis of the Chernobyl situation, and I gave lectures in Japan. (Translator’s note: See Tokyo lecture in 2013 https://takenouchimari.blogspot.com/2013/07/721.html)
福島の事故後、日本人の方々が、チェルノブイリの状況の経験と客観的な分析を本当に必要としていたので、私は日本で講義を行いました。(翻訳者注:東京講演はこちらhttps://takenouchimari.blogspot.com/2013/07/721.html

They also published my books. (Translator’s note: 3 books can be ordered through typing “バンダジェフスキー” at www. amazon.co.jp. The first 2 books are also in English.)
日本では本の出版もしました。(翻訳者注:アマゾンjpで「バンダジェフスキー」で検索。3冊のうち、最初の2冊は英訳付き。)

Messages from Belarus sometimes come, too such as, How can we write a letter to the government about the cancer epidemic? I became at a loss.  I would like to tell the person, Yes, you have long had a total problem, but you want to limit yourself to only one letter?
また、ベラルーシからのメッセージも私のところに時々やって来ます。「癌が蔓延していることについて、どうすれば政府に手紙を書くことができますか?」などという質問ですが、どうしたものかと思ってしまいます。
「ええ、あなたは長年、大変な問題を抱えてきたようですが、たった一通の手紙でこの問題を済ませてよいのですか?」と言いたくなるのです。

Q: The world has introduced quarantine – is this reasonable? Or are we just conducting a unique experiment?  With the coronavirus raging all over the world, what do you think about the current situation?
Q:世界中でコロナウイルスの検疫を導入することは合理的でしょうか?私たちは他に類を見ない実験をしているのでしょうか?コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている間、この状況についてどう思いますか?

- In Belarus there is a structure - the sanitary-epidemiological service, which should deal with the prevention of the situation, as well as the prevention of panic. There should not be a panic.  The most regrettable is that the proper control of arrivals from abroad was not initially established.
博士:ベラルーシには衛生疫学サービスというシステムがあり、ここが現在の状況における蔓延防止とパニック防止に対処しなければなりません。パニックは起こすべきではありません。最も残念だったのは、海外からの適切な国境管理が当初確立されなかったことです。

Today I do not hear a word “prevention.” Today’s medicine has turned into a craft.
Coronavirus, like the Chernobyl accident, is a test against the societys willingness to withstand challenges. Only Chernobyl affected the territory locally, and coronavirus affected the whole world.
今日の医学は、ただの技術となってしまったようです。チェルノブイリ事故のように、コロナウイルス問題は、困難な問題に立ち向かう意思があるのかどうか、という社会にとっての挑戦でしょう。違いといえば、チェルノブイリの場合は地域に影響を与えましたが、コロナウイルスの場合は全世界に影響を与えています。

The system in many countries was not ready, otherwise panic would not have happened. If it was ready, countermeasure manuals, explanations by specialists, control over virus, selection of vulnerable people should have been provided. But you see what's going on ...
In all times, people in all countries used to have seriously ill patients, but there had never been such a mass. And the society was not mentally prepared for the situation.
多くの国で予防システムが準備できていませんでした。準備ができていれば、パニックは生じなかったでしょう。備えがあったら、マニュアルがすぐに作成され、専門家の説明、ウイルス管理、危険に脆弱である人々についての説明がなされていたでしょう。ところが現在、何が起こっているかおわかりですよね。
あらゆる国において、重症患者はいるものですが、ここまで集団的な発生はありませんでした。そして社会はこのような状況への心理的な備えもありませんでした。

Q: Some are sure: Belarusians are hardened, and they will carry this burden. We were scared of chicken, swine flu, predicting a pandemic ...
Q: 一部の人々はこう確信して言います。「ベラルーシ人は緊張を強いられています。今後もこの重荷を背負い続けるのでしょう。」鳥インフルエンザ、豚インフルエンザの時も私達はパンデミックを恐れていました。

- I remember how the Belarusian authorities were ironic in this regard and turned out to be right - then there really was an excessive tension on the situation. Now the situation is more serious, the coronavirus has been spread all over the world.
博士:皮肉にもベラルーシ当局が、この点においては正しかったことが判明したようですね。こういった状況に対して、当局は過度に緊張感を持っていました。そして現在、状況はより深刻で、コロナウイルスは世界中に広まっています。

The Italians also did not believe to the last: they drank, ate, hugged. Ignoring the information that one restaurant can infect half a city. I am very worried about Belarusians, many have low immunity, and I have two daughters in Minsk.
イタリア人においては、最後まで脅威を信じませんでした。飲んで、食べて、抱きしめるという行為を続けていたのです。たった1つのレストランが都市の半分に感染する可能性があるという情報を無視していたのです。私はベラルーシ人を非常に心配しています。ベラルーシの多くの人々の免疫力は低く、ミンスクには私の2人の娘もおりますから。

Q: China and Italy went the same way, Sweden, like Belarus, still has not entered quarantine (at the time of signing the issue in print. - Ed.). What, in your opinion, is correct?
Q: 中国とイタリアは同じ道を辿りました。スウェーデンはベラルーシと同様、まだ検疫体制に入っていません(編集者注:本誌発行時点)。あなたの意見では、何が正しいでしょうか?

- There is no one right choice. Quarantine is introduced so that not everyone would get sick right away. But they are afraid that the economy will sag thoroughly. If a country does not have serious financial measures, it will be hard to survive.
博士:正しい選択は1つではありません。検疫が導入されて、誰もがすぐに病気になるわけではないでしょう。しかし、人々は経済が完全に衰退するのを恐れています。国がしっかりした財政政策を持たなければ、生き残るのは難しいでしょう。

Some argue: "Yes, some part of society will perish, but we will not lose the economy." On the other hand, in Italy both people and the economy are losing. People fell ill at the same time, they could not immediately help everyone - this is a tragedy.
このような意見を言う人もいます。「社会の一部は滅びるかもしれないが、経済全体を失うことはないだろう。」一方、イタリアでは、人も経済も両方とも失っています。人々が同時に病に倒れ、皆をすぐに助けることができなかった。これは悲劇です。

Q: Some countries provide humanitarian assistance to others. Germany, for example, itself ordered for the population of 10 thousand devices of artificial respiration.
Q: 一部の国は人道支援物資を提供しています。たとえばドイツは、人口1万人分の人工呼吸器を注文しました。

- The Germans can go easier - they are punctual and disciplined. To show the need for quarantine, Merkel went into self-isolation. They announced that she had a suspicion of a virus, she was tested, and she showed the importance of quarantine by her example.
In Spain, Italy, Ukraine, large fines are imposed now for violation of quarantine. Many hope that the virus will weaken, mutate and come to naught.
博士:ドイツはまだましです。ドイツ人は、時間厳守で規律性がありますから。検疫の必要性を示すために、メルケル首相は自己隔離を行いました。首相がウイルス感染の疑いがあると発表し、検査をし、自らを模範として検疫の重要性を示したのですから。
スペイン、イタリア、ウクライナでは、今や検疫の違反に対して多額の罰金が科せられます。多くの人が、ウイルスが弱まり、変異し、そしてなくなることを期待しています。

Q: How to counter panic?
Q:パニックに対抗するにはどうすれば良いですか?

- One morning, many years ago, I was sitting in the office of the leadership of the Gomel region, solving issues. And in the evening they burst into me and arrested me on the decree on terrorism. The worst thing was for the family: it was respected and prosperous, and at one point people turned away. So I have experience with panic.
博士:私は何年も前のとある日の朝まで、ゴメリで指導的地位におり、オフィスに座って様々な問題に対処していました。そしてその日の夕方、警察が私のオフィスにいきなり押しかけ、テロリズム関連の令状をもって、私を逮捕しました。最悪だったのは私の家族でした。それまでは敬意を払われ、裕福な地位にいたのです。そしてある時を境に、人々も私たちに背を向けたのです。ですから私にはパニックの経験があります。

It is important to get together internally, to understand that you need to help people. I try to work, although my health is not very good right now. Even in the most difficult conditions, I try to look for whatever thing that give me at a little joy at least. Now the sun has risen - its already good.
自分が人を助ける必要があることを心底理解するには、自分の内なるものを結集させることが大事です。私は現在、自分の健康状態はあまり良くありませんが、それでも仕事をしようとしています。最も困難な状況の時でも、私は自分に少しでも喜びをもたらしてくれる何かを探そうするのです。太陽が昇ってきた、すでに良いことが起きているぞ、という感覚を持つのです。

This is a system of psychological training.  Suppose a situation where you sit on your own in a very harsh conditions - you would be either lose your mind or your mind soften like plasticine. You need to be optimistic and bring joy to your loved ones with jokes, good music, funny light films, etc. If your dog jumped unconventionally with his feet in front of you and if you were laughing, then the internal panic would be gone from you and from your family members.
これは心理的なトレーニングの一種です。想像してみてください。ひどい逆境の中一人で座っている時、正常心を失ってしまうか、もしくは彫刻用の粘土のように柔軟に心をほぐすことができるかどうかという瀬戸際の場面を。あなたはまず、楽観的にならなければなりません。また家族に何か喜んでもらおうと試みるのです。ジョークを言ったり、良い音楽を聴いたり、面白い映画を見たり。飼っている犬がおかしな姿勢でジャンプしているのを見て一緒に笑えたら、それで心の中のパニックは止むのです。自分の心からも家族の心からも、パニックの意識は消えるのです。

Q: Already filled my teeth with a tip to wash my hands. Many are angry: What, we have not washed before?
Q: 手をよく洗う習慣が広まっていますね。「以前に洗ってなかったとでもいうのですか?」と怒る人もいるようですが。

- Be sure to wash 10 times a day.
博士:110回は必ず洗ってください。

There is an algorithm: one hand should do one, the other the other. Do not mix.
If you open the outer door in the house, then raise this hand up and carry it to wash, unscrewing the faucet with your second hand, which had no contact with the outside world.
In no case do not touch the eyes, forehead, nose, mouth.
やり方があるのですよ。片方の手で何かをしたら、もう一方の手で別のことをするようにする。両手を一緒にしてはならない。
家の外のドアを開けたら、その手を持ち上げたまま移動し、外と接触していない別の手で蛇口を緩めて水を出すのです。目や額、鼻、口は決して触れてはなりません。

Wash 20 seconds, no less than and above the wrists of centimeters by 10. On the street, wear a mask, glasses, gloves. Take the elevator one at a time. If you walk your dog on the street, wash her paws and face with soapy water.
そして20秒間、手首の10センチメートル上の部分まで洗います。街では、マスク、眼鏡、手袋を着用します。エレベーターには1人ずつ乗るようにします。犬を通りで散歩したら、犬の足と顔を石鹸水で洗ってあげます。

Wash floors and surfaces twice a day, with special cleaning equipment.
床と物の表面を12回、特別な清掃用具を使って清掃してください。

After 50, its better for people not to go out yet, I go out only to a store when there are less people. I wear glasses and a homemade mask of dense gauze. And do not come closer to anyone than a meter. In Ukraine, people already live like that.
50歳以上の人は外出しない方がいいですよ。僕は人が少ない時のみ、店に出かけるようにしています。メガネと濃いガーゼの手作りマスクを着用しています。そして誰にも1メートル以上、近よらないでください。ウクライナでは、皆既にそのようにして暮らしています。

In order not to panic - get busy: provide loved ones with gloves, masks. Instead of pharmacy paper, sew from gauze in several layers. Nonsense when they say that the mask does not protect. Protects! If it is one - wash and process.
パニックにならないためにはどうするかですが、忙しくすることです。家族に手袋やマスクを与えてください。薬局の紙マスクの代わりに、ガーゼで何層か重ねて縫います。マスクでは守れないという人がいますが、それはナンセンスです。マスクで防護してください!マスクが1つしかなかったら、洗濯洗浄してください。

We need vitamins, they also help. Vitamin C enhances the ability of macrophages to digest viral particles. Eat more fruits and vegetables. Drink multivitamin complexes, including group B, they contribute to the formation of the body's defenses. Important are folic acid, vitamin B12, as well as vitamin D.
ビタミンは必要で、身体を助けてくれます。ビタミンCは、マクロファージがウイルスを食する能力を高めます。果物や野菜をもっと食べましょう。グループBを含むマルチビタミン複合剤を飲むと、身体防御の形成に寄与してくれます。また重要なのは、葉酸、ビタミンB12、ビタミンDです。

Do not eat pork with fat, but eating chicken, fish, turkey, eggs is good.  Immunity is based on protein nutrition. First of all, children need it. Why am I concerned for Belarusians?  Because their immunity is very suppressed, which manifests itself through cancer growth, and it is not clear yet how this will behave during the coronavirus pandemic. A huge number of Belarusians are dying of cancer, and this problem needs to be addressed. But first you need to deal with coronavirus.
脂肪のある豚肉を食べないようにしてください。でも、鶏肉、魚、七面鳥、卵はよいです。免疫はタンパク質の栄養を基盤とします。子供たちはタンパク質が必要です。ベラルーシの人に関して私がなぜ憂慮しているかというと、免疫力が非常に低下しているからです。免疫力低下は癌が増えるということで顕著になっていますし、コロナウイルスの蔓延でどのような影響がでるかは、まだ今の段階で明らかになっていません。非常に多くのベラルーシ人がガンで亡くなっており、ガンの問題に対処する必要があります。しかし今はまず、コロナウイルスに対処しなければなりません。

Coronavirus is a lesson to all mankind. We must believe in the future and learn to live anew. The fact that life will change is good, and life should not be stable. You would not just sit near your hut for all your life as before.
コロナウイルスはすべての人類に対する教訓です。私たちは未来を信じ、新たな生きかたを学ばなければなりません。生きかたが変わるというのは良いことです。よどんだ状態ではいけません。以前までのように家の近くで、残りの人生の時間をぼんやり座っていてはならないのです。

We used to fear the threat of nuclear war and it has not gone anywhere.  But now it turns out that we could be hit like this and that everyone starts to shiver even without nuclear weapons. Now a lot depends on scientists.  When will they be able to develop specific prevention methods? It is important to work out treatment regimens. Now we need to provide all the money to protect people's health.
私たちはかつて核戦争の脅威を恐れていました。その問題もなくなってはいませんが、このようにウイルスが攻撃してくる可能性があることがわかりました。核兵器の脅威がなくても、誰もが震える状況が存在するのです。いつ特定の予防法を開発できるのか、今こそこの問題は、科学者の肩にかかっています。治療計画を練ることが重要です。そして今こそ人々の健康を守るために必要なお金を使うべき時です。

We need to change the philosophy of the world: from insane enrichment to caring for others. Belarusians have always had the concept of human. I remember how my deceased friends and I evaluated a person specifically from this human. Because it is this important quality that helps a person to survive at any time.
私たちは、世界における哲学を変える必要があります。狂った豊かさから他人をいたわる社会へ。ベラルーシ人は常に「人間」としての概念を持っていました。私は亡くなった友人たちが「人間」としてどうであったか記憶しているし、僕は人間性で人を評価します。いつの時代でも、人が生き残っていくには、人間性が大事なのです。