Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年10月3日木曜日

Health Hazards of Ronald Regan Soldiersロナルドレーガン号の海軍兵士の健康被害

2013 March 11, NY Academy of Medicine
2013年3月11日 NY医学アカデミー

Medical and Ecological Consequences of Fukushima Accident
福島事故の医学的生態学的影響についての国際会議にて

To watch the video of US soldiers who got exposed to radiation
http://www.totalwebcasting.com/view/?id=hcf#
Press "Press Conference" in organge letter on program to listen to the soldiers.

米海軍兵士の健康被害について聞くには、http://www.totalwebcasting.com/view/?id=hcf#の左のページにあるプログラムにあるオレンジ色で書いているPress Conferenceを押してください。

The following is the summary of their speech.
以下に2人の発言をまとめます。

Their ship was going near the coastal area to give relief supplies, and closest was only 1~2 miles away from the coast.

彼らの船は、日本の沿岸を行き来し、沿岸近く1~2マイル地点まで近づいていたそうです。

****************************

US Navy Quartermaster 米国海軍操舵員 

Ms. Jamie Plim  ジェイミー・プリムさん

5 days after Tsunami and Earthquake happened, we went to the desaster-hit coastal area in Japan to give food and water.  We never knew anything about nuclear power plant, let alone the leak. 

地震と津波があった5日後に、私たちは被災地の沿岸に食料や水を運びに行きました。原発については何も知らされず、放射能漏れも全く知りませんでした。

Our job was not only navigating but also communicating with other ships by hoisting flags.  So while we were outside, we were breathing in radioactive materials and handling flags.  We never heard about leaks until a couple of weeks after. 

私たちの仕事は、操舵だけでなく、旗を掲げて他の船とのコミュニケーションをとることも仕事でした。それで我々は外に出て、放射性物質の混じった空気を吸いながら、旗を扱わねばなりませんでした。放射能漏れについては、2週間後くらいまで知らされませんでした。

We were not allowed to go outside probably one month and half after March 11 but we were breathing in radiation.  Our mission lasted until October 2011.

私たちは3月11日の後は、外に出ることは1か月半禁止されていました。しかし我々は放射能を吸っていたのです。私たちのミッションは2011年10月まで続きました。

As for the medical consequences, my menstral period stopped completely and came back and stopped. Then when it came back in 2012 summer, the bleeding was so massive, so I had to be in a hospital emergency room for blood transfusion because I lost so much. 

健康被害については、その年の夏、私の生理は完全に止まり、それから少しあったり又止まったりしました。しかし2012年の夏には、大量の出血があり、その時は病院の緊急室で輸血を受けねばならないほどでした。

I got out of Navy in January 2013, so during that time, my medical expense was covered by the Navy.  I was already taking birthcontrol pills, which are supposed to control mentral cycle.  So the only thing they could do that I also had IUD and hormone along with it.  But the bleeding actually didn't stop and I still have this issue (March 2013), and now I have to pay the medical cost for that.

2013年に海軍を除隊しました。その間は私の医療費は海軍で賄われていました。私は元から生理のサイクルをコントロールするピルを飲んでいました。だから私の医師は、その他にできることはIUDを入れて、ホルモン剤をくれることくらいでした。しかし私の出血の問題は、止まることはなく、今でもあります。(2013年3月)そして今私は医療費を自分で払わねばなりません。

In addition to that, in Febrary  2012, I developed bronchitis then summer of 2012, I had it 6 times until the summer of 2012 and the respatory doctor told me I had asthma. 

さらに2012年2月には、私は気管支炎になり、その年の夏までに6回も繰り返しました。私の呼吸器系の医師は、2012年の夏に私がぜんそくになっていると診断しました。

Unless I got retired after 20 years of service or got injured for service related actions, I cannot be compensated for the medical expenditure by the Navy, and we are now suing TEPCO.  We are going to have to pay for it out of our pocket.

軍には20年勤務したか、また軍の任務の途中での傷害でなければ、医療費は賄われません。自腹です。それで我々は東電に対して訴訟を起こしています。これも私たちが自腹を使わねばなりません。

US Navy Quartermaster 米国海軍操舵員 

Mr. Maurice Ines  モーリス・イネス さん

Part of our job is to communicate with other ships through maulice signals and flags.  We stored all our flags outside in leather bags and hoisted US flag as the sign of friendship and I was told to retrieve the American flag from the highest point of the ship and brought it down which was all over me and I folded up. 

私たちの仕事はモーリス信号や旗を通じて他の船と通信することです。旗はすべて看板にある皮の袋に入れてあり、星条旗を友情の印として掲げました。私は船の一番高いところから、星条旗を下げる仕事も言いつけられていて、その時は旗を下げて、自分の体の上にもってきて折りたたみました。

After work, I got something to eat with my close friend and we were joking around since there was some rumor on radiation leak.  My friend was joking around that I would get extra finger and toes and then, he said, "Let's stop. Let's get checked for radiation because they set the checking point in the ship. Just precaution."

仕事の後、   私は親友とご飯を食べていました。我々は、放射能漏れのうわさもあったので、冗談を言い合いました。僕の手や足から新たに指が生えてくるんじゃないかと。それから、「もうやめようぜ。船の中にチェックポイントができたみたいだから、測定してみよう。用心のために。」と友人が言いました。

We got some free time, so we went to the radiation check point just for precaution.  We were laughing and joking.  Nothing happened to my friend, and he said, "I told you, waste of time."

休み時間があったので、我々はチェックポイントに、念のため行きました。僕たちは笑ってジョークを言い合っていました。友人が先に測り、何も出なかったので「言っただろう?時間の無駄さ」と言いました。

When my turn came, I checked my boots and pants and as soon as I put my hands on the machine, the machine went crazy and instantly we went from smiling to being nervous and scared.  

僕の番が来て、ブーツ、ズボンと測定しました。僕が手を測定機に載せるや否や、測定器は狂ったようにブザーが鳴り、すぐに我々の笑顔は硬直と恐怖の顔になりました。

Every one was  told to back away from me.  They marched me to go to the decontamination station and everybody was told to get back and they were looking and freaken out. 

皆が僕から離れるように言われ、僕は除染室に連れていかれ、その間も皆が離れるように言われ、彼らは驚いて見ていました。

I had to go through scrubbing again and again until finally the beeping stopped. 

ブザーがならなくなるまで、何度もスクラブをしなければなりませんでした。

I got the highest level of radiation exposure on the ship and later our work area in the ship also had the highest reading of radiation.

僕は船の中で最も多く被曝をしていることがわかり、また僕たちが作業していた場所が、高い汚染をしていたことがわかりました。

2 months after, I had lump appeared on my jaw. There was nothing I could do.  Then a lump between my eyes and then on my right eye. 
2か月後、僕の顎にはできものができました。対処法はありませんでした。それから目と目の間にでき、それから右目にできました。

As soon as got out, I went to back to University, I started track and field sports again.  But soon after, my body just fell apart and I had difficulty to breathe and it continues even now.  Feel like my lungs are too big for my body. 

海軍を除隊してからは、僕は大学に戻り、陸上競技を再開しました。しかし間もなく、僕の体はがたがたになり、行き苦しくなるようになりました。それは今でも続いています。僕の肺は、自分の体と比べ、あまりにも大きくなってしまったような気がするのです。

I lost a lot of weight.  I got stomach ulcers.

僕の体重もかなり減りました。胃には潰瘍ができています。


I started to loose hair and stopped washing and combing, only every 3 days.  After Navy it is custom to grow hair, but I didn't want to speed up the hair loose.

毛も抜け始めました。3日に一回しか洗髪や髪をとかさなくしています。海軍を除隊したら、皆髪を伸ばすものですが、僕は、脱毛をひどくしたくなかったのです。


Before pulled into the next port since the disaster, we had to sign a paper which said military is not responsible for anything. We were OK and ...You had to sign it.  It was not Yes or No we just had to sign it.

次の寄港地にくるまでに、我々は海軍にいかなることにも責任はないという書類にサインをしなければなりませんでした。私たちは健康上問題ないとも。サインをしなければならなかったのです。Yes かNoの問題ではなく、サインをしなければならなかったのです。

We never knew about iodine tables, but later we got to know that people in higher ranks got iodine tablets. 

ヨウ素剤については知りませんでした。しかし後になって、ランクの高い人々はヨウ素剤をもらっていたことを知りました。

Since I was a hard worker, I had developed a friendship with a person in high rank, and he asked me, "Did you get your radiation medicine? I got mine."  I thought he was just joking, but later I found out all the high ranking people had taken the tablets, but not generals and sailors.

僕は真面目に任務をする方だったので、高いランクの上司と友人関係のようなものがありました。ある日、彼が「君は放射能の薬はもらったかい?僕はもらったよ」と言いました。僕は、上司がジョークを言っているのかと思いました。しかしのちに、ランクの高い軍人はヨウ素剤をもらい、ランクがなかったり、低い軍人はもらっていないことを知りました。


We were told and brainwashed that the level was not much radiation exposure such as smoking cigarette or getting sun-tan on a beach for a day.

被曝については僕らは洗脳されました。被曝量はたいしたことはなく、タバコとを吸ったり、一日ビーチで日焼けしたのと変わらないと言われました。 

There was no medical record left around that time with any exposure dose figures.  There were only records of flu shot and something like that before the disaster.

当時のカルテは残っていません。線量も残っていません。残っているのは、それより前に受けたインフルエンザ予防注射のことだとかだけです。