Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年5月12日月曜日

不起訴ですが、私を犯罪者とみなす起訴猶予!拡散続けて下さい。英文記事と和訳「ツイートで刑事告訴?」Please keep sharing though I got unindicted. "How could a single tweet land Takenouchi in Jail?"

5月30日、国境なき記者団の新記事も!

On May 30, Reporters Without Boarders Issued a New Article, criticizing, "Suspended"indictment.

 今回の決定は起訴猶予であり、私をいまだに犯罪者であると、安東量子氏と彼女のサポーターが拡散しています。また彼女の友人らが竹野内をさらに告訴すると言っています。

The decision by the prosecutor was "suspension of indictment," and Ms. Ryoko Ando and her supporters are disseminating the news regarding me as a criminal!  Moreover, some of her friends are saying that they will sue me additionally!

 国境なき記者団も、起訴猶予の猶予というのはおかしいと批判!以下に記事掲載します。

****************************

Reporters without Boarders criticized "deferred indictment." The following is their article.
 

Japanese prosecutor suspends contempt proceedings against journalist

日本の検察官、ジャーナリストへの侮辱罪を起訴猶予

Published on Friday 30 May 2014.

2014年5月30日      
 
             

Reporters Without Borders takes note of prosecutor Eiji Masuhara’s decision to suspend “criminal contempt” proceedings against freelance journalist Mari Takenouchi in connection with her coverage of the aftermath of the Fukushima Daiichi nuclear disaster.

国境なき記者団は、フリーランスジャーナリストの竹野内真理氏による福島第一原発事故後の発信で「侮辱罪」で告訴されていた事件で、検察官の増原英司氏が起訴を猶予したことに注目している。

The proceedings were initiated as a result of a complaint by Ryoko Ando, the head of an organization called Ethos, after Takenouchi tweeted that its efforts to get people to return to live in contaminated areas were an “experiment on human beings.”

竹野内氏が汚染地帯に人々が帰らせ居住させようという行為が「人体実験」にあたるとツイートしたことに対し、エートスという団体の代表である安東量子氏が刑事告訴をした。
(竹野内注:エートスという団体は福島への帰還を奨励している団体ではないと国境なき記者団の当初の記者には説明していましたが、この記事を書いた別の記者が把握していなかったと思います。)

“The decision to suspend the proceedings against the journalist Mari Takenouchi is obviously encouraging, but we persist in calling on the authorities to abandon them altogether and not just suspend them,” Reporters Without Borders secretary-general Christophe Deloire said.

国境なき記者団事務局長、Christophe Deloire氏は言う。「ジャーナリスト竹野内真理氏が起訴猶予されたことは明らかにうれしいニュースであるが、しかし当局は、起訴を猶予するだけではなく、起訴そのものを破棄すべき(日本の法律用語でいうと嫌疑不十分の不起訴)だと要求し続ける。」
 

The prosecutor urged Takenouchi to continue her work and even wished her “good luck” with it. Takenouchi told Reporters Without Borders that her goal now was to “save the children living in contaminated areas and suffering from thyroid cancer.”

検察官は竹野内氏に彼女の仕事を続け、さらには勇気づけたという。竹野内氏は国境なき記者団に、現在の目標は「汚染地帯に住む子供たちや甲状腺がんに苦しむ子供たちを助けることだ」との述べたという。

Japan is ranked 59th out of 180 countries in the 2014 Reporters Without Borders press freedom index.

 
日本は2014年の国境なき記者団の自由の報道ランキングで180か国中59位である。

********

世界に広げたい、エートス問題を何年も追っているドイツの人が書いたブログ

I would like to disseminate this news worldwide. 

A German site by a blogger who has been writing about ETHOS for some years

takenouchimari.blogspot.jp/2014/05/nuke-l

米国、英国、フランス、ドイツ、オランダの人が、私の刑事告訴をニュースにしてくれている。今朝新たに別の国からも問い合わせが来ました。 

ENENEWSでも私のストーリーは取り上げられ、コメント欄が半端でないです。すごい反響が上りつつあります。

http://enenews.com/vice-japan-mother-fled-radiation-jail-tweet-critical-nuclear-lobbyist-fukushima-police-travel-1000-miles-interrogate-her-examine-computer-officer-only-prefecture-potentially-dangerous-criminal

 
こちらは米国の紙媒体もある、Nuclear Resisterという記事
The following is the US newsletter, Nuclear Resisiter

 5月22日、福島地方検察庁の検察官から不起訴処分を頂きました。しかし、東電の幹部や国の責任者が誰一人として警察や検察の捜査を受けなかった中、なぜ福島の警察と検察が沖縄のシングルマザーの私のところまで来たのか、今でも納得はいっていません。

On May 22, I got UNINDICTED by the Fukushima local prosecturo.  However, I still do not understand why Fukushima police and prosecutor came for investigation on a single mother who is living in Okinawa (1600km away) while nobody in TEPCO and the government who are responsible for the Fukushima nuclear accidents were investigated. 

 
 
よって以下の記事を拡散し続けていただくとありがたいです。

Accordingly, please do disseminate the article below...
 
https://news.vice.com/article/how-a-single-tweet-could-land-a-japanese-nuclear-activist-in-jail
より転載

How a Single Tweet Could Land a Japanese Nuclear Activist in Jail 

たった一つのツイートで反原発活動家がどうして刑務所に送られるかもしれないのか?

 

By Nathalie-Kyoko Stucky


In 2012, more than 15,000 people living near the crippled Fukushima nuclear power plant filed a criminal complaint at the Fukushima prosecutors’ office. They alleged that Tokyo Electric Power Company (TEPCO) and the Japanese central government were criminally negligent for the March 2011 Fukushima meltdown and the way in which the resulting cleanup was handled.
The Fukushima police, however, declined to investigate.

2012年、福島原発の近隣住民の1万5千人以上の人々が福島地方検察庁に刑事告訴を提出した。東京電力と日本政府が2011年3月の福島メルトダウン、それに伴う後始末のやり方には犯罪的な過失を行ったという訴えだった。ところが福島県警察署は調査するのも却下した。

And prosecutors quietly dropped all charges against TEPCO, arguing that it was too difficult to prove criminal negligence even though several third-party watchdogs found that TEPCO and government officials had failed to carry out measures necessary to prevent the disaster despite knowing that a devastating earthquake could potentially strike near the plant. Even an independent investigative commission set up by the Japanese National Diet had concluded, "The meltdown was a manmade disaster."

そして福島県地方検察庁は東電に対するすべての起訴内容を棄却した。いくつかの第三者機関が東電と国が壊滅的な地震が原発付近で発生する可能性があることを知っているにもかかわらず、必要な対策を講じなかった、という指摘があったにも関わらずだった。日本の国会が設置した独立の事故調査委員会でも、「メルトダウンは避けられない災害だった」と結論づけた。


Meanwhile, Fukushima police and prosecutors have set their sites on a 47-year-old single mother named Mari Takenouchi because she wrote a tweet critical of a nuclear lobbyist. Takenouchi may go to jail for it.

一方、福島県警察著と福島地方検察は、47歳のシングルマザーであり、原子力推進ロビーを批判する竹野内真理氏を、批判ツイートひとつで追及している。竹野内氏はこれにより刑務所に行く可能性さえある。

* * *
Fukushima police and prosecutors are currently investigating Takenouchi for criminal contempt; if found guilty, she could face a month in jail. Prosecutors confirmed they will be flying to Okinawa, where Takenouchi lives, to question her on May 13. Police have already traveled from Fukushima to Okinawa to interrogate her — an unusual occurrence.

福島県警察署と福島県地方検察は竹野内氏を侮辱罪で取り調べ中である。有罪となれば、竹野内氏は1か月の拘留刑となる場合もある。5月13日、検察は竹野内氏の住む沖縄に飛び取り調べを行うと述べた。警察は福島から沖縄に取り調べのために飛んだ。非常に珍しいケースである。


“We only send police officers from one prefecture to another if the subject is really a potentially dangerous criminal,” Fukushima police spokesman Lieutenant Tadashi Terashima told VICE News.

「警察官を他県に送るというのは、被疑者が潜在的に危険な犯罪者である場合に限る」福島県警報道官の寺島正警部補はVICE Newsに語った。


Takenouchi, the potentially dangerous criminal in question, is a journalist and blogger who fled her hometown of Tokyo with her infant son days after the disaster, hoping to avoid fallout from Fukushima. (She was too late; radiation had already reached Tokyo.) Today, she reports on the health of children in Fukushima. This is the translation of the tweet that has authorities flying across the country to interrogate her

潜在的に危険な犯罪者として議論されている竹野内氏はジャーナリストでありブロガーで、自分の幼子を連れて福島からの放射能を恐れ東京から避難した。(彼女はしかし遅かった。放射能はすでに東京に到達していた)今日、彼女は福島の子供たちの健康について情報提供している。以下は当局が、飛行機を使い、竹野内氏を取り調べている問題のツイートである:

There is a common point between the two criminals of the century: Yasuhiro Nakasone, who introduced nuclear power to Japan, and Ryoko Ando, a government-sided citizen activist who leads Fukushima Ethos. It is their human experimentation project.

Mari Takenouchi@mariscontactのツイート
世紀の罪人2人に共通項→日本に原発導入した中曽根康弘「2011年の日本がこんなにくたびれているとは思わなかった。」
福島で人体実験エートスを主催する(御用)市民活動家、安東量子「戦後67年かけて辿り着いたのが、こんな世界とかや。」長崎の日にて
 
Nakasone was an influential Japanese politician for much of the second half of the 20th century — he served as Prime Minister in the 1980s — who championed Japan's exploration of nuclear power in the 1950s.

中曽根康弘氏は80年代に首相を務めた20世紀後半の大半の時期に影響力のある政治家であり、50年代に日本の原子力導入に最も力を入れた人物である。

Ando is the Japanese head of Fukushima Ethos, a project lead by French NGO the Center of Studies on the Evaluation of Protection in the Nuclear Field (CEPN) and funded by the French nuclear energy lobby. Fukushima Ethos encourages residents to continue living in contaminated areas as long as decontamination procedures and radiation measurements continue to be done.

安東量子氏は福島のエートスの代表である。エートスはフランスの原子力ロビーから資金提供を受けた仏NGOであるCEPN(原子力防護評価研究所)により行われてきた。福島のエートスは住民たちに除染や放射線測定が行われている限り継続して住み続けることを推奨している団体である。

“Ryoko Ando blocked me on Twitter and rejected my offer to engage in an open debate with a mediator," Takenouchi told VICE News, "and instead filed a criminal accusation against me."

「安東量子氏はツイッター上で私をブロックし、仲介者を通した公開討論も拒否し、代わりに私に対し刑事告訴をしてきました。」

* * *

After the tweet appeared, Ando reported it to the Fukushima Prefectural Police, accusing Takenouchi of either criminal defamation or criminal contempt. This past January 29, Takenouchi received a telephone call from Fukushima police, notifying her that Ando had filed a complaint against her. Two weeks later, Takenouchi said police came to her apartment in Okinawa and examined her computer.

竹野内氏のツイートの後、安東氏は福島県警に通報し、竹野内氏は名誉棄損か侮辱罪を起こしていると訴えた。今年の1月29日、竹野内氏は福島県警から電話を受け、安東氏が刑事告訴していることを告げられた。2週間後、竹野内氏は警察が沖縄の竹野内氏のアパートを訪問、コンピュータの取り調べを行った。

She was also asked to attend an interrogation at the Naha City police station. During the interrogation, Fukushima police asked her about her background as a reporter, her career as an anti-nuclear activist, and why she used the words “human experiment" in the tweet.

竹野内氏はさらに那覇市警察署で取り調べを受けされられた。取り調べ中、竹野内氏は、彼女のジャーナリストとしてバックグラウンドや反原発活動について、またツイートでなぜ「人体実験」という言葉を使ったのかを聞かれた。
'If all debates about nuclear energy in this country are going to become grounds for criminal investigations, freedom of speech will vanish.'

「この国の原子力についての議論が刑事告訴の調査対象になるならば、言論の自由はなくなるだろう」

So far, Takenouchi's legal fees have totaled about $5,000, which she's been paying with the help of donations. “I'm affected by this accusation to the point that I cannot sleep at night, but I would like to keep fighting for protecting our freedom of speech and for protecting the health of the children of Fukushima,” she said.

今までの所、竹野内氏の弁護士費用等は5000USドルであり、カンパから賄っている。(竹野内注:この部分は間違いで2000ドルであり、起訴され裁判となったらもっと高額の費用が掛かります)

「夜眠れないくらいにこの刑事告訴は私の生活に影響を及ぼしています。しかし言論の自由と福島の子供たちの健康を守るために闘い続けたい」と竹野内氏は語る。

Ando, meanwhile, acknowledged to VICE News that she'd filed the complaint, but despite repeated requests to clarify her position and the position of Fukushima Ethos, she said she would not comment on the investigation until it's concluded.

安東量子氏は、VICE Newsから自身や福島のエートスの見解を明らかにしてほしいと何度も取材リクエストを送ったが、告訴の結果が出るまでは調査に対するコメントはしないと言っている。

The charge of criminal contempt is very different from a charge of libel in the US. Takaaki Hattori, a Japanese legal expert and co-author of Modern Media and The Law, says the charge is inappropriate. "It's unprecedented for the police to launch a contempt investigation against a journalist for a single tweet, made in the public interest," he said. "If all debates about nuclear energy in this country are going to become grounds for criminal investigations, freedom of speech will vanish. The fact that police even sent the case to the prosecution is disturbing."

日本の侮辱罪は米国における名誉棄損罪とは非常に異なる。日本の法律専門家で「現代のメディアと法律」の共著者である服部孝明氏によれば、この告訴は不適切であるという。「公共の利益を考えて発信したツイートに対し、ジャーナリストを侮辱罪で警察が取り調べを行う事は前例がない」という。「原子力に対する議論が刑事事件の取り調べの対象となるならば、言論の自由はなくなるだろう。警察が検察に書類送検したという事実だけでも驚きである。」

Still, this isn’t the first time those with ties to the nuclear industry have used the law in an attempt to silence criticism in Japan. In 2012, the president of nuclear power safety company New Tech brought a $600,000 lawsuit against investigative journalist Minoru Tanaka, who exposed links between the Japanese mafia, politicians, and the Japanese nuclear industry.

しかし、原子力産業とつながっている人物が日本において批判者を黙らせるために法的手段を講じたことはこれが最初ではない。2012年には、原子力安全にかかわる企業であるNew Tech社は、フリージャーナリストの田中稔氏に対し60万ドル(約6000万円)の訴訟を起こしているのである。これに先立ち、田中氏は日本のやくざ、政治家、そして原子力産業のつながりを暴いていた。

The prosecutor’s office will decide by July whether to indict Takenouchi. If they go ahead with the case, she may be held without bail until her trial, as is often the case in Japan, without a right to see a lawyer or have one present during questioning. Police told VICE News they would not comment on the case "due to privacy matters."

検察は7月までに竹野内氏を起訴するかどうか決める。刑事告訴を進めれば、日本ではよくある話なのだが、裁判まで竹野内氏は拘留される可能性もある。その間、竹野内氏は弁護士に会う事も尋問中に弁護士に立ち会ってもらう事もできない。警察はVICE Newsに対して、「個人情報なので」とコメントを控えた。

* * *
The investigation of Takenouchi is an unusual but not unique example of an ever-increasing crackdown on freedom of the press in Japan. Earlier this year, Reporters Without Borders issued a statement condemning "the censorship and self-censorship that continues to prevail in discussion of nuclear energy in Japan three years after the disaster… [and] the treatment of independent journalists and bloggers who are critical of the government and the nuclear energy lobby."

竹野内氏への捜査はまれにみるものだが、言論の自由に今までにないほど圧力が増加している日本においては唯一のケースではない。今年3月の『国境なき記者団』は声明を発表している。「災害から3年たった日本において、独立系のジャーナリストやブロガーへの対応を見るに原子力についての議論への規制と自己規制、が蔓延している。」


In Reporters Without Borders' press freedom rankings for 2013, Japan fell to a new low of 59th place, due in part to the Special Secrets Act passed in the middle of the night in December, and “the ban imposed by the authorities on independent coverage of any topic related directly or indirectly to the accident at the Fukushima No. 1 nuclear power plant.” Amid these discouraging trends, Takenouchi waits to learn her fate.

2013年の『国境なき記者団』による言論の自由における世界ランキングでは、日本はかつてない下位である59位に沈んだ。これは一部には同年12月に国会を通過した「特定秘密保護法」や「福島第一原発に直接的間接的に関連する独立系の報道への禁止(竹野内注:これわからず。)」そのような中、竹野内氏は自分の運命を待っている。

“We are still considering whether to prosecute or not," a prosecutor's office spokesperson said. "We’re not aware of past cases in which tweets were found to be the basis for criminal contempt, but the law is the law."

「私たちはまだ起訴するかしないかは検討している最中です。ツイートで刑事事件の侮辱罪の根拠となったケースは我々は知りませんが、法律は法律ですから。」と福島県の地方検察庁いわき支部の報道官は語っている。



*こちらの下の「t」のところにカーソルを合わせると青に変わりますので、クリックするとツイッターで拡散できますのでお願いします。