Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年1月16日水曜日

VI) 東大WBC研究の矛盾点Controversies on WBC Study by Tokyo University


東大ホールボディーカウンター研究の矛盾点

Controversies on WBC Study by Tokyo University

 

ベラルーシのエートス計画では、医師も協力し、ホールボディーカウンター(WBC)によるモニタリングで内部被曝線量が下がるのを成功裡に記録していたと言います(とはいっても最も大事な健康の改善はみられていなかったわけですが。エートスの章を参考にしてください。http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

In ETHOS Belarus, residents internal radiation had been measured with whole body counter and the report said that the figures were successfully decreased, though the most important health improvement was not reflected by it. Please see http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html

 

さらに、このWBCでは、ガンマ線しか計測できず、アルファ線、ベータ線核種は検出できません。内部被曝でより危険なのは、体を突き抜けるガンマ線ではなく、アルファ線、ベータ線核種ですから、本来は尿検査が必要です。

 WBC can measure only gamma rays and cannot detect alpha and beta rays, which are much more harmful on human bodies as internal exposure sources.  To detect these, we need to conduct urine test.

 

福島エートスでも、ご存知かとは思いますが、福島の避難地域から外れた南相馬市でも、WBCによる体内被曝の調査が行われ、20128月に米国医師会(JAMA)で発表されています。

As you probably know, in Minimisoma city, which is outside of evacuation zone, Dr. Masaharu Tsubokura from Tokyo University Medical Science Institute, measured the residents internal exposure using WBC and submitted the thesis to JAMA in August 2012 (http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1346169). 

 

この論文の著者の東京大学医科学研究所の坪倉正治医師には、私も沖縄で201111月に放射能の勉強会でお会いしております。そこで私は直接氏にバンダジェフスキー論文を読んだことがあるかと聞いたところ、「読みました。実は私も大変困っています。福島では、人が食べるものは全数検査しなければいけないが、機材が足りません。」とおっしゃっていました。

I met Dr. Tsubokura in person at a radiation seminar held in Okinawa and directly asked him whether he had read paper by Dr. Bandazhevsky.  His answer was, Yes, I have.  As a matter of fact, I feel troubled.  Every food should be measured before the local residents would eat, but we do not have enough equipment.

 

また、坪倉医師は、20122月に書いたご自身のブログhttp://medg.jp/mt/2012/02/vol410wbc.htmlにバンダジェフスキーの研究について言及しています。この中で、坪倉医師は、はっきりとバンダジェフスキーによれば、10Bq/kg20Bq/kgで心臓に影響が出ているという報告があるから、病院で心電図の検査もやり始めた、住民の長期的なフォローアップが必要であると記しています。

In Febrary 2012, Dr. Masaharu Tsubokura mentioned about Dr. Bandazhevskys study in his own blog, http://medg.jp/mt/2012/02/vol410wbc.html.  In here, he stated that long-time follow-up will be needed including electrocardiogram test for residents since there is a report by Bandazhevsky that says 10Bq/kg20Bq/kg cesium concentration in body causes heart malfunction. 

 

ところが、この坪倉医師の8月の研究報告では、大人でも小児でも最も高い人は50Bq/kg以上、10Bq/kg20Bq/kg以上はざらに見られます。これは大変なことかと思いますが、なぜか論文の結論としては、これらのベクレルの体内濃度からシーベルトに換算し、1.07mSVを浴びた1人を除いてすべての住民の実効預託線量は1mSV以下であり、被曝レベルは低いと結論されています。

According to the JAMA report by Dr. Tsubokura in August 2012, there were even people with more than 50Bq/kg and many with 10Bq/kg20Bq/kg among adults and children.  This figure is of grave concern itself in the light of Dr. Bandazhevskys study.  However, strangely, the conclusion of Dr. Tsubokuras study was the residents exposure level was low, with all the subjects exposure less than 1mSV with only one exception of 1.07mSV effective committed dose.

 

不思議なことに、その後坪倉氏がバンダジェフスキーをでたらめと言っているというサイトが作られていました。そのサイトの中では、上述の福島の地方局TVユー福島の報道局長の大森真氏(http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/medias-sins.html参照)が、坪倉氏がバンダジェフスキーを酷評していたというコメントしているのです。坪倉医師が私に直接話したこととも、上述のネットで坪倉医師が書いたこととはまったく正反対の記述です。

However, quite strangely, an internet site was made in May 2012, saying that Bandazhevsky was denied by Dr. Tsubokura quite harshly (http://togetter.com/li/303308).  This was stated by Mr. Makoto Omori(See http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/medias-sins.html), the chief of broadcast section at TV You Fukushima.  What Mr. Omori was saying was quite contrary to the saying I heard from Dr. Tsubokura directly. 

 

この体内濃度が初期被ばくによるものなのか、または飲食物によるものなのか、判断できませんが、いずれにせよ、既にこれだけの体内濃度になった人に、さらに汚染された空気を吸わせ、食べ物を食させるのは殺人行為だと思います。

Nobody knows whether this cesium concentration in body came from initial exposure or food intake afterwards, but in any case, it would be a act of murder not to relocate residents making them breath contaminated air and consume contaminated foods. 

 

このWBCを使った研究については、東京大学医科学研究所の上昌弘特任教授が責任者となっており、研究目的には、「原発災害で大きな影響を受けた福島県浜通り地方において、住民の健康不安を解消する目的、および低線量被ばくを含む原発災害が人体へ及ぼす影響について調査するため、一般健診および健康相談会を行う。」と書かれてあります。

As for the WBC study, Professor Masahiro Kami, Tokyo University Medical Science Institute, is in charge.  Amazingly, the purpose of the study says;

 

The purpose of this study is to conduct medical checkup and medical consultations to resolve anxiety of the residents in costal line area in Fukushima  greatly damaged by the nuclear disaster and to study the effects of nuclear disaster on human bodies including low-level radiation effects.

 

低線量被曝が人体へ及ぼす影響について調査すると明記されているのです!これは放射線を使った人体実験に他なりません!

It clearly stipulates the purpose as studying low-level radiation effects on human body!  This is nothing but a human experiment using radiation!

 

さらには、上昌広教授のこういうセリフを聞いた人がいます。

「福島市も郡山市も、とてもじゃないが避難させられない。将来奴らは、集団訴訟とかするんだろうなあ」

「南相馬はあぶないよ。」

 

 Moreover, one of my friends acquaintances and my own acquaintance heard Professor Kamis personal statement as follows;

 

It would be impossible to evacuate residents in Fukushima City and Kohriyama City.  I guess in the future, they would file a class action lawsuit.

Minamisoma City is at risk. (Minamisoma is one of the cities along the costal area of Fukushima where the WBC study is being conducted by Professor Kami himself.)

 

この危ないと言っている地域で、上昌弘教授は、部下の坪倉氏に、子供達まで含む住民を使った低線量被曝の研究を進めさせているわけです。これはまさに時間軸の延びた731部隊の人体実験に他ならないと私は思います。

 In this area at risk, Professor Kami himself is conducting WBC study including local children and pregnant women with his subordinate doctor Masahiro Tsubokura.  This is nothing but a recurrence of Unit 731 evil human experiment with prolonged time span. 

 

そして彼らが所属している東京大学医科学研究所は、731部隊研究の拠点の一つでもありました!以下のサイトを参照ください。

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

As a matter of fact, Tokyo University Medical Science Institute used to be a hub for Unit 731 human experiment studies.  http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

 

 どうかこれらの犯罪的な東大の医師たちの悪魔の実験を即刻辞めさせ、危険な地域にいる住民、特に妊婦、子供たちを安全な場所に移動させてください。

 I sincerely ask for international organizations to stop these Tokyo University doctorsmedical experiments and please relocate the residents in high risk area, especially pregnant women, children.