Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2014年7月30日水曜日

More Support Needed for Takenouchi! 海外の人が竹野内へのさらなる支援を呼びかける(感謝!)

 The Nuclear Attacks on Mari Takenouchi: Free Information, Health and Safety in today Japan
原子力推進側が竹野内真理氏を攻撃:今日の日本における情報の自由度、健康と安全の問題

From http://fukushimaemergencywhatcanwedo.blogspot.fr/2014/07/the-nuclear-attacks-on-mari-takenouchi.html より

I am appealing to all of you, students, activists, bloggers, podcasters, journalists, lawyers, doctors, stand up to help denounce and expose those pro-nuclear agents'  illegal permanent harassment of Mari Takenouchi.

皆様にお願いがあります。

学生さん、活動家の方、ブロガー、ポッドキャスター、ジャーナリスト、弁護士、医師の方々は、竹野内真理氏に対する原子力推進側からの違法な嫌がらせを非難し、世間に知らしめるために立ち上がってくれるように、皆さんに訴えます。

A Fukushima evacuee, single mother,  Mari Takenouchi became an full-time independent journalist after 311, a beacon in the night calling attention to the plight of the Fukushima children, of the Fukushima evacuees and non-evacuees, calling for the protection and evacuation of the Fukushima Children.

福島事故後の避難母子でシングルマザーの竹野内真理氏は311後、フルタイムで独立系のジャーナリストをしており、福島の子供たちの苦境を拡散し、福島の子供たちの保護と避難を呼びかける広告塔のような人です。

She needs OUR HELP. She is now under observation by some nuclear offices and agents, virtual and in real life. Those pro-nuclear agents are constantly harassing her, pressuring her, intimidating her, in their will to silence her.

竹野内氏は我々の助けを必要としています。原子力関連の人々から、ネットの世界でも実生活でも監視されています。これらの原子力推進の人々は、竹野内氏を黙らせるため、常々彼女に嫌がらせをし、圧力をかけ、脅しています。

We can make them stop, if we all denounce those illegal acts, on our blogs, podcasts, websites articles, bringing maximum exposure to their harassment, those pro-nukers will realize that their actions are counter-productive, that more they pressure her to silence her, more they will be bring attention to her cause worldwide and more international support for Mari Takenouchi, then they will have to reconsider and stop.

彼らの動きを我々は止めることができます。もしわれわれ皆が、これらの違法な行為を私たちのブログ、ポッドキャスト、ウェブサイトの記事などで拡散し、彼らの嫌がらせを世間に最大限知らしめれば、自分たちの行動が反生産的であり、彼女を黙らせようと圧力をかければかけるほど、彼女の抱く大義が世界の注目を集め、世界中から竹野内真理氏に対する支援が来ることに原子力推進者たちは、気づき、ひいては考え直して嫌がらせを止めざるを得なくなるでしょう。

Due to the present Japanese Government politics and their recent State Secrecy Law, somehow most the Japanese people are presently scared to support her, to become involved and implicated.
It belong to us, the foreign No Nukes activists to bring her our full and loud support, that is the least we can do for a lady who  has been courageously opposing and denouncing the activities of Nuclear lobby Ethos Project in Fukushima.
日本政府の政策と、最近制定した特定秘密保護法により、ほとんどの日本人は現在、彼女に支援の手を延ばし、問題に関与したり巻き込まれることを恐れています。
竹野内氏の支援を全面的に声を大にして行う役割は、我々海外の反原発活動家たちに担われるべきです。すなわち、福島のエートスという原子力ロビーの活動に対し反対や批判を勇気をもって発信している一人の女性に対して、我々が少なくとも成しえることなのです。

Mari needs our help, let's not abandon this lady to fight those crooks alone.
Thank you in advance for you future given support to Mari.
真理さんは我々の助けを必要としています。おかしな人々と一人で闘っているこの女性を見捨てないでください。
今後とも、真理さんに皆さんがしてくださるご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

BACKGROUND:背景情報

ドイツ人の方が書いた英文記事

http://tekknorg.wordpress.com/2014/05/20/iaea-cepn-edf-cogema-areva-and-irsn-bully-mari-takenouchi-and-yury-bandazhevsky-and-sacrifice-japan-and-belarus/

Mari Takenouchi, a Japanese journalist is under criminal accusation by Fukushima ETHOS leaders – who work FOR the nuclear holocaust industry, AGAINST people, but fake it as humanitarian aid.

竹野内真理さんは、(多数の人を殺傷できる原子力産業推進であり、人々の命には反する活動をしながら、人道支援をしているふりをしている)「福島のエートス」という団体の代表から刑事告訴を受けています。

“ETHOS and CORE, who must take their share of the responsibility. (Translator’s note: CEPN is the Centre d’étude sur l’Evaluation de la Protection dans le domaine Nucléaire ; Mutadis, ETHOS and CORE are all offshoots of the French nuclear industry, financed either through Electricité de France or the Autorité de Sureté Nucléaire.)

「エートスとコア」は責任を取るべきです。(CEPNという団体はエートスを行っている団体でフランスの原子力産業から資金提供を受けています。)

The same fate awaits the Japanese people and their children living in areas contaminated by the Fukushima disaster because the same strategy is being put in place in Japan with the same players, the same pseudo-scientific justifications and under the aegis of the same authorities.”:

福島原発事故後、汚染地帯に住む日本の人々とその子供達にも、チェルノブイリと同じ運命が待ち受けています。というのも上記のフランスのエートスと同じ人物が、同じえせ科学による正当化をし、同じ当局に守られながらエートスを推し進めているからです。

http://independentwho.org/en/2014/02/05/chernobyl-model-fukushima/


竹野内氏からの最新資料 Latest (quote):

To Asahi Newspaper朝日新聞殿:貴社の写真から冷泉明彦@Joseph Yoikoと@Nii_Motoharuが竹野内の住所を特定し仲間内で拡散しています!

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.html

@Nii_Motoharu and @JosephYoiko attacks Mari Takenochi

@Nii_Motoharu and @JosephYoikoが私の自宅まで拡散すると言う嫌がらせ!

この嫌がらせについて書いたドイツのブロガーがなんと@JosephYoikoから脅迫メールを受けたと言います。ドイツの弁護士を探しているところです!

After the German blogger wrote the following, @JosephYoiko sent him a threatening mail to him!
Now we are looking for a German lawyer!

Net-Stalker
@JosephYoiko attacks Mari Takenouchi by disseminating her apartment! (how dirty!)
竹野内のアパートを拡散している冷泉明彦@JosephYoiko

Net-Stalker2
@Nii_Motoharu who attacks Mari Takenouchi and even her parents
竹野内とその両親まで攻撃している!新居元治@Nii_Motoharu

To Asahi Newspaper朝日新聞殿:貴社の写真から冷泉明彦@Joseph Yoikoが竹野内の住所を特定し仲間内で拡散しています!

不起訴ですが、私を犯罪者とみなす起訴猶予! 拡散続けて下さい。英文記事と和訳「ツイートで刑事告訴?」Please keep sharing though I got unindicted. “How could a single tweet land Takenouchi in Jail?” http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/05/please-disseminate-this-article-along.html

More on her website: 
竹野内真理氏の「Save Kids Japan」のブログに更なる情報があります。

http://savekidsjapan.blogspot.jp

 
******************
 
I do really appreciate kindness of overseas supporters.
海外の人がとても親身になって下さっています。
 
On the contrary, Asahi newspaper, which triggered this time's stalker incident, had not earnestly addressed the issue... The following is the story..
今回のアパート拡散事件では、故意ではないにせよ、朝日新聞社の写真でひどい迷惑をこうむっていますが、残念ながら朝日はまったく真摯に対応して下さっていません。
 
July 31, Asahi PR section person called me and said that they cannot accept my proposal to address the following issue.

Stalker issue triggered by Asahi photo
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.html

7月31日、朝日新聞広報部から連絡があり、「ストーカーの件http://savekidsjapan.blogspot.jp/2014/07/sos-net-stalker-niimotoharu-josephyoiko.htmlで私の望む対処をしていただけない」と回答もらいました。

I told Asahi that their way of coping the stalker issue was extremely regretful.

私は非常に朝日の対応を残念に思うと伝えました。

First of all, though I was panickly told Asahi regarding the photo which identify the apartment of me and my son for net harassers on 28th, they did not take it down until on 30th, when I realized and hastly called the City News Section to take it down.

(The PR section person did not make an apology but in stead told me not to call City News Section.)

まず、朝日は私が28日月曜日の午前中に警察に通報しながら朝日に切羽詰って訴えてあった、記事の写真の掲載をなんと30日午後、私が気付いて消去するように社会部に訴えるまで、何もしないでいたのです。

(それなのに、広報部は私が社会部に電話したのを、(写真をすぐに取り下げなかった件についての謝罪もなく)今後社会部に電話しないようにと要望だけ私に言ったので、私はそれはおかしいと言い返してしまいました。)

Furthermore, through the conversation, I realized that Asahi has never checked @Nii_Motoharu and @JosephYoiko's tweets at all...

さらに会話をしていくと、私が以下のブログで書いた@Nii_Motoharuと@JosephYoikoの嫌がらせツイートをその後、まったくチェックしていないことがわかりました。

Moreover, the reporter who took the photo and carried the photo in her article has been ignoring this case though I contacted her through telephone and mail.  She was using her tweets just as regularly...

さらにはその写真を撮影し、掲載した記者にも電話とメールでコンタクトしましたが、当の本人はしらんぷりで普通に関係ないツイートをしています。

However, what is most important is, though Asahi carried my article with a colored photo in nationwide version when I just evacuated to Okinawa after Fukushima, they have been ignoring me when I pleaded directly to the UN regarding Fukushima kids and when I got criminally accused by ETHOS (this news was carried by Reporters without Boarders and other foreign media) and then been under harrasment by many including those who disclose my apartment due to Asahi's photo!

しかしながら、一番重大なのは、朝日新聞が、私が「ただ沖縄に母子で引っ越した時には全国版の記事にしてカラー写真まで掲載」しながら、私がその後国連にまで福島の子供たちの問題で直訴し、多くの嫌がらせにあい、エートスに刑事告訴までされて海外では国境なき記者団やロイター財団まで私の記事を掲載している中、まったく無視している事、そして今回社内の記者の写真により、私がこれだけ実害をこうむっているのに、私の記事にしてくれという要望を無視していることです。

I once again asked Asahi Newspaper to convey my opinion above to the appropriate section of the company.

以上の私のコメントを再び社内で伝えていただくように広報の方にお願いしました。