Other blogs その他のブログ

Mari Takenouchi Files 竹野内真理ファイルhttp://takenouchimari.blogspot.jp/ 竹野内真理の公開質問Mari Takenouchi's open questions http://koukaishitsumon.blogspot.jp/竹野内真理動画Mari Takenouchi videos http://maritakenouchiyoutube.blogspot.jp/ おかしな人々 http://fukushimaworkerslist.blogspot.jp/ 竹野内真理エッセイhttp://takenouchimariessay.blogspot.jp/

2013年1月17日木曜日

移住を強く勧めます。Evacuation from Japan Strongly Recommended


国内移住情報はこちら→http://togetter.com/li/297069

-保養編-

こちらの方が移住情報と保養情報をいつもアップしてくださっています!!!
(なんてありがたい!!!)



@chicksmbox 21時間
◆拡散お願いします◆【移住支援情報】のまとめ、7月29日更新。 「SENJUKANZEON (あなたに差し伸べられたたくさんの手)」                 -保養編-



(10万アクセス超え!)

東日本に住んでいる方々の移住を進めます。
For English readers,  Fukushima NPP is not stable yet and Ohi NPP is under operation while seismic activity is on-going.  Urgent situation for all the people living in Mainland Japan.  Evacuation to Okinawa or overseas is strongly recommended.  At the same time, buy some iodine tablets through internet or drink Lugol solution. (2 or 3 drops in 100ml water) in case of accident.

皆様、日本の今の被曝させられ続けている現状を、また新たな過酷事故が起きる可能性があるのに、無策である現状を、一刻も早くどうにかしなければと思っています。

福島原発も不安定であり、日本海変動帯に位置して稼働中の大飯原発の事故の可能性を考えると、本州も安全とは言い難いです。(東日本は今いるだけで被曝しますから、子供さんや将来子供をつくる予定のある人は少なくとも西日本への移住が大切)

同時に日本国内のみならず、世界に発信することが急務です。

昨年末から急いで書いている日本語と英語の文章があります。まだ未推敲・未修正ですが、投稿します。

皆さまからの健康問題その他の情報も、私のメールで募集しています。mariscontact@gmail.com 

世界に訴えましょう。

そして汚染地帯の子供たち、また未来世代を守りましょう。

*なお、万一の際のヨウ素剤はアマゾンなどで個人輸入で簡単に購入できるそうです。あった方がよいでしょう。また間に合わない場合はルゴール液2,3滴を100mlの水に混ぜて飲むのも代用として考慮

個人レベルでは可能な人から移住することがお勧めです。少なくとも西日本、さらに原発のない沖縄か、海外を私は勧めています。


国内移住情報はこちら→http://togetter.com/li/297069
(7万アクセス超え!)


 

それと海外移住情報、拡散してください。

世の中が動くほどに広まって欲しい。http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/

500万アクセス超え!

ネットにつながっていない人へ教えてあげて!

 
 

安田修著『日本を脱出する本』

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E8%84%B...

 
 
 めぐさんからのフィリピン移住情報

まずは16週間英語学校へ行き、その間現地で情報収集 決心ついたら2万ドル預託で永住

 







沖縄合同就職面接会予定

事務局098-860-8900

http://jobmatching.info/glist.html


 
那覇市ハローワーク TEL 098-866-8609

沖縄起業支援 沖縄労務管理センター TEL 050-1392-6792


不動産・求人情報 うちなーらいふhttp://www.e-uchina.net/

(うちなーらいふは沖縄のコンビニに売っていますが、取り寄せたい場合は098-860-0005まで)


PCでも携帯でも!沖縄仕事情報サイト ウエブWeb アグレAgre

(沖縄のコンビニで無料冊子置いてある)

http://webagre.com/

 
必見動画!マスゴミを一撃で倒す方法!
 
2012年、ISO 26000 JIS Z 26000 企業倫理が国際規定となって日本も批准
 
放送法第四条(政治的に公平であること、意見が対立しているときはできるだけ多様な角度から論点を明らかにする)に日本のメディアは違反 
 
違法行為のあるメディアのスポンサーをする企業も違反。
 
個人がメディアを監視、集団だと威力業務妨害で犯罪になる。
 
→個人が、おかしな報道をしている放送局とCM提供しているスポンサー会社に宛てて、「コンプライアンス違法だと思う。調査を求める。再発防止はどうされますか」と発言すること。(クレームでは聞き流されるのでだめ、必ず、「調査を求める。再発防止はどうされますか」、と聞くこと)
 
NHKに対してもの申す場合:全国で年に8回くらいやっている「視聴者の皆様と語る会」にNHK経営委員も参加し、議事録に残り、国会でも取り上げられる可能性あり。一般視聴者のそこでの意見はすべて議事録に記録され、改善処置を取らなければならない
 ところが驚愕!この大事な「視聴者の皆様と語る会」、ホームページhttps://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/hearing/yotei.htmlで見ても、日程が過去のものしか掲載されていない!(意味なし)
 仕方なくNHKご意見05037865000に、日程を聞いたらなんと、「NHK経営委員会はNHKとは別組織なので把握していない、また経営委員会の電話番号も教えられないと!
また、「なぜ福島の甲状腺異常やガンの報道をしないのだ?」と怒って聞いたら、「そのような意見は初めて聞きました」。(本当?)
 
闇の組織、NHK!
 
 

それから以下に日本の原発事故と被ばく状況、健康被害について書きました。どうぞ拡散してください。

 

英語のできる人はこちらにも訴えてGoodかも!世界の反原発団体(市民側)と、原発・放射線防護団体(権力側)のホームページアドレスあり。メールアドレスを見つけてメンションしてみるのもよい~

 

In the following blog pages, I described the facts on radiation exposure and its consequent health damages observed in Japan, which has never been reported by major media companies.  Please disseminate through tweets, blogs, anything...

 

The following could be useful too.

2013年1月16日水曜日

I 東京都2011年3月15日Tokyo March 15, 2011



 

2011年3月11日に福島で原発事故が起き、3月15日の午後、私は東京から沖縄に1歳半の子供を連れて避難しました。3月15日の午前中は東京都で屋外におりました。(私の個人的体験はオーストラリアの新聞にも載っております。http://www.theage.com.au/world/escape-to-okinawa-20111205-1ofh3.html) 

After the Fukushima nuclear accident on March 11, 2011, I escaped from Tokyo to Okinawa with my 1 year and 4 months old son in the afternoon of March 15.  My personal story was covered in an Australian newspaper.  http://www.theage.com.au/world/escape-to-okinawa-20111205-1ofh3.html

 

実はこの時事故後最も濃い放射能雲が東京を通過中で、東京都は午前10時から11時までに吸入摂取量で1100ベクレルhttp://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/DATA/60lcq104.pdf

をリアルタイムで観測していましたが、知られていないサイトにネット上でデータ更新されていた以外は、一切マスコミ発表されることはありませんでした。

In the morning of March 15, I was outside with my son riding a bicycle, when the thickest radioactive cloud was passing.  The Tokyo Metropolitan government Bureau of Industrial and Labor Affairs detected 1100Bq of inhaled radiation from 10:00 to 11:00 am on March 15.  But it was never announced through any media at that time, and in stead, this important data was only updated on the Bureaus webpage, which was rarely known to the public.

 

事故前までは100Bq/kg以上の物質は低レベル放射性廃棄物として、ドラム缶内で保管されていました。それが今の日本では日常的な食品の基準値となり、そして飲食のみならず、初期被ばくとして、東京都民でさえ、10kg分の低レベル放射性廃棄物に含まれる放射性核種を微粒子として、315日の1時間で呼吸器に吸いこんでしまったのです!

http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/DATA/60lcq104.pdf

Even 100Bq/kg material was disposed as low-level nuclear waste in a drum can before the accident.  Currently, this 100Bq/kg is applied for Japanese food standard including staple food rice, and as an initial exposure, residents in Tokyo have already inhaled equivalent to 10 kg of nuclear waste attached radioactive particles in their respiratory system as initial exposure in only one hour on March 15! http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/DATA/60lcq104.pdf

 

3月中の呼吸器系による被曝は3600ベクレルに達すると言います。もちろん屋外にいた人と屋内にいた人とでは被曝量は全く異なり、屋外にいた場合です。http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/DATA/60lcq103.pdf

  People in Tokyo had inhaled radioactive material of 3600Bq in March 2011. (Of course, exposure levels differ depending on each person who was either inside or outside in these hours.)  http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2011/12/DATA/60lcq103.pdf

 

事故直後から、都内で鼻血、発熱、発疹、咳、下痢、甲状腺腫などの健康異常が出ているという声が、ブログなどでは、数多く掲載していましたが、政府やマスコミはこれらを完全に無視していました。事故直後の3月中から福島の住民からも下痢や鼻血などの声が寄せられ、6月の時点では、東京都内の健康相談会でもこれらの症状を観察したと、広島被爆医師である肥田舜太郎氏がと言っています。

Since immediately after the accident, various blog sites collected complaints from Tokyo metropolitan residents who suffered from various symptoms such as nose-bleeding, fever, rashes, coughing, diarrhea, goiter, etc, which were totally ignored by the government and media.  A-bomb survivor, Dr. Shuntaro Hida, stated the above symptoms were heard among Fukushima residents right after the accident and also were observed in the health consultation meeting held in Tokyo in June.

 

2012年12月現在、東京の子供にも甲状腺異常が福島の子供にひっ迫する勢いで出ています。これについては、東京で同じ割合あるのだから、福島は危険でないのだという科学者やジャーナリストがおりますが、私は東京も、特に初期被曝において、健康に異常をもたらすだけの量の被曝をしてしまったのではないかと考えるのが自然なように思えています。(この件については後述いたします。)

Thyroid abnormality rate among Tokyo children is as high as the one in Fukushima as of December 2012.  Some scientists and journalists insist that the same rate means that Fukushima is not dangerous.  But I think it would be more natural to think that people in Tokyo have already exposed to radiation, especially through initial exposure, to the level in which peoples health had some impact as in the case of Fukushima (I would elaborate on this in a later paragraph).

 

私自身、沖縄に来てからも子供と一緒に、1ヶ月後くらいから3ヶ月間くらい長く続く発熱や咳、皮膚の異常など体調を壊しました。私は39度以上の熱が連続8日間、子供は38度台の熱が出たり下がったりを10数回繰り返しました。

One month after the March 15, I and my son had prolonged high fever and coughing.  I had more than 103 F fever for eight days continuously and my son had 101 F on and off for a dozen times in three months. 

 

今も痰が続く、喉に違和感があるなどの症状が数カ月継続しています。先日耳鼻咽喉科で見てもらったところ鼻とのどの間が炎症でただれているためそのような違和感が続いているのだろうと言われました。私は何のアレルギーもなく、このような症状は生まれて初めてです。

I am still susceptible to catching cold and I have irritating feeling around my throat always with stuck phlegm for months.  The other day, an otolaryngologist told me that due to inflammation on the epiglottis (part between nose and throat), I have such irritation.  I have no allergy to anything, and such symptom was the first time in my life.

 

事故後に体調不良を体験した人は全国に数多くおりますし、彼らの体験は、みんなのカルテのブログhttps://sites.google.com/site/sos311home/にも掲載されています。

There are a number of people who have experienced some abnormalities in their health nationwide, and their voices are covered in the Fukushima Radioactive Contamination Research blog. https://sites.google.com/site/sos311home/

 
*以下の話は、赤字で後で書いてあるように訂正いたします。
The story below is to be amended as in red letters:

*2012年年末に、私と息子はある病院でエコー検査を受けました。何もないという結果に安心したのもつかの間、その数日後、0.1mm単位ののう胞も検知できる性能のよい機械があり、エコーの画像ももらえるという別の病院で、検査をしたところ、私で1.3mmののう胞が2個、そして息子で0.1mmー0.2mmののう胞が無数に見つかりました。



この医師によると、他の病院で何も見つからなかったと言っている、事故時に関東に在住の人のほとんどに、このような小さなのう胞が見つかっていると言います。のう胞は消えることはありませんから、これは大変な事態の予兆です。
 

At the end of 2012, my son and I took the thyroid echo examination.  At the first hospital, we were told that there the result showed no abnormalities, so I was quite relieved.  But several days after, I had the second opinion at another hospital that was equipped with high quality echo image machine.  Then the image showed that I had 2 cysts around 1.3mm each and my son had countless nodules around 0.1mm-0.2mm. 

 
 According to the doctor at this hospital, he found this type of small nodules in almost everybody who was in Tokyo metropolitan area , though there was none among those who were living in Osaka area.  Cysts usually do not disappear, so this can be called as an omen of a tremendous situation in the future.

注:上記の甲状腺の検査は甲状腺専門でない医師により行われました。そして2014年3月、私と息子は、沖縄でも有名な甲状腺の専門医によって検査をしたところ、4歳の息子はなにもいまのところはできていませんでした。(本当によかったと思いました)
Note:The above echo test was conducted by a doctor who is not specialized in thyroid.  In March 2014, when my son and I went to a thyroid specialist doctor, my 4 year old son had nothing wrong. (I was so releaved..)

私は橋本病にかかっており、甲状腺の大きさが通常の2倍になっていると診断されました。ただ私の橋本病は、福島事故のせいかどうかわかりません。

I myself had Hashimoto's Disease and my thyroid was swallen to double the size of normal.  I do not know the causal relationship with the Fukushima accident in my case.

このことでわかったことはもうひとつあるのですが、エコー検査の診断は、やはり専門医でないと難しいという事です。福島以外の場所で、同じくらいの割合でのう胞が見つかったというデータがありましたが、本当はのう胞でないものをカウントしてしまった可能性はないでしょうか?

But one thing I got aware was that echo examination can be conducted precisely only by experienced thyroid specialist doctors.  There are some data which showed that thyroid cysts were found at the same rate in other areas of Fukushima, but I wondered maybe they counted normal cases as abnormal,too.

やはりきっちり比べるには、甲状腺がんの数を比べなければならないと思いますが、まだそのようなことは行われていません。
In order to do proper comparison, we need to compare the number of thyroid cancer, but such a comparison has never been conducted yet.

 

また、事故後1年間東京在住であったある母親からお話を聞いたところ、彼女は5mmののう胞の見つかったそうです。医師に2次検査は必要ないと言われたのですが、無理に細胞診してもらったところ、甲状腺ガンがみつかったそうです。

Also, I heard from a mother who had been living in Tokyo until one year after the accident.  She had thyroid test and found that she had 5 mm cyst.  Though the doctor told her no second test was necessary, she persistently asked for a biopsy.  As a result, cancer was found in her thyroid.

 

彼女の場合は、自転車に乗ることが多く、よって呼吸によって被曝する機会が多かった可能性があります。彼女の甲状腺の容体が、7歳の息子のものより悪かった理由はここにあるのではないかと考えていらっしゃいます。

In her case, she was riding bicycle everyday and she said it was quite an exercise. Hence, she was breathing in more air and could have been exposed to radiation in her respiratory system more than her 7 year old son. 

 

そもそも、福島県健康調査でも、のう胞や結節の大きさによって、2次検査の必要性を判断していますが、これは非常に大雑把な分類化で危険があります。人によっては2年後の検査で手遅れとなる人が出てくるかもしれません。ガンのサイズは様々であり、小さいものでも悪性である可能性は当然あるのです。

Currently, Fukushima prefecture is conducting the health check and biopsy of thyroid is conducted only those who have cysts more than 20mm or nodule more than 5mm.  This way of categorization is dangerous since cancer could be overlooked and it could be too late for potential cancer patients at the next health examination after 2 years.  The size of cancer varies, and even small one could be malignant.

 

上記のお母様のように5mmののう胞でも悪性のケースがあるのですから、早期発見のためにも、5mm以上であれば2次検査を受けるシステムがなければならないと思います。

Since there is such a case of the abovementioned mother, who had thyroid cancer in her 5mm cysts, there should be a system for patients with more than 5mm cysts to go through biopsy test for early detection of cancer. 

 

121日の朝日新聞によると、東京都にある甲状腺専門病院の伊藤病院において2003年から3000名近くの子供の甲状腺エコー検査で36%もの甲状腺異常が見られたと言います。http://fukushimavoice-eng.blogspot.jp/2012/12/are-36-thyroid-cysts-in-tokyo-children.html。記事は東京も福島も変わらないのであるから、福島の放射能による異常の発生率は多くはないと言ったような結論を導き出そうとしておりますが、なぜか事故以前と事故後の発生率の数値は発表しておらず、病院に問い合わせても今は発表できないという答えでした。

According to Asahi Newspaper on December 1, even in Tokyo, 36% of 2785 children were detected with thyroid anomaly based on the data since 2003 provided by Ito Hospital that specializes in thyroid diseases.  http://fukushimavoice-eng.blogspot.jp/2012/12/are-36-thyroid-cysts-in-tokyo-children.html   The article concluded that the Fukushima incident rate was not high since Tokyo was the same rate.  But strangely, Ito Hospital did not provide the incidence rate before and after the accident even though I asked for the data on the phone.

 

東京でも冒頭に書きました通り3600Bqもの呼吸器系の被ばくをしていることを鑑みると、影響が出ていないとは考えづらいことです。既に日本国中で被曝が進む中、日本政府の影響を受けていない独立した組織による、汚染されていない地域での同じ機械を使った甲状腺エコー検査を早期に実施していただきたいと思います。

As I stated in the beginning, since people in Tokyo also exposed to 3600Bq through inhalation, it is not natural to think that there would be no impact at all.  As for this issue, I believe thyroid echo control study is urgently needed in uncontaminated areas either in Japan or overseas using the same machine by a third party not influenced by Japanese government. 

 

 先日驚くべき、そして悲しい知らせが私の友人から来ました。彼女の母親が、ステージIIIの肺がんが見つかったと言います。主治医の話によると、そのガンの形状からタイミング的には事故後に発生した可能性が強いというのです。この家族は3月の16日に沖縄に引っ越していますから、3月15日の濃い放射能雲との関連も疑われます。

The other day, my Tokyo friend who moved to Okinawa told me a shocking news.  Her mother got a stage III lung cancer.  Judging from the form of the cancer, the doctor told her that it must have been originated after the accident timing wise.  Her mother also came to Okinawa on March 16, so I suspect her mothers cancer could have been partially triggered by the thick radioactive cloud that passed on March 15 in Tokyo.

 

この問題は、私は政府が314日夜には米軍には渡して日本国民には隠し続けていたSPEEDI問題以上に重大な問題ではないかと考えております。なぜ東京都、そして政府や関係機関が、3月15日の非常に重要な実測データを公表しなかったのか、それにはどういう意図があったのか、そして過失はなかったかどうかを、できたら第三者に調査していただきたいと思っています。

I believe this issue could be even graver than the concealment of SPEEDI system, which was not provided to Japanese nationals though it was provided to US military on the night of March 14.  Why didnt Tokyo metropolitan government, along with state government and related agencies disclose this terribly important March 15th real-time radionuclide measurement data in the air?  Was there any intention behind it?  Cannot this be called an act of negligence?  I would like this issue to be investigated by a third party.

 

2012年12月26日、米海軍の乗務員も、事故で寿命を短縮する危険なレベルの放射能被曝をさせられた、今後かかる医療費等もすべて補償せよという訴訟を東電に起こしています。http://www.courthousenews.com/2012/12/26/53414.htm

On December 26, 2012, it was reported that 8 US Navy workers sued TEPCO for causing dangerous level of radiation exposure that lead to irreparable harm to their life expectancy and sought for damages including medical expenses (http://www.courthousenews.com/2012/12/26/53414.htm).

 

どうかこの被曝と健康問題が、真相究明され、すべての影響を受けた国内外全ての人々のために補償されるようになることを願っています。

 I truly hope there will be a through fact-finding investigation on this radiation exposure issue to compensate all the people, including foreign nationals, who were affected in the near future.

II 甲状腺の健康調査結果と医師の沈黙Thyroid Test and Silence of Doctors


II 甲状腺の健康調査結果と医師たちによる沈黙

II: Thyroid Examination Results and Silence among Japanese Doctors

最初に2013年6月時点での福島県での18歳未満での甲状腺検査結果を記します。2005年には日本で10万人に1人であった未成年の甲状腺がんが、まだ正確な数値はデータを取っている途中なので、確定しませんが、少なくとも数十倍規模で事故1,2年後から増えていることが読み取れます。
First of all, let me give you the latest data of thyroid cancer test in Fukushima as of June 2013.  Though we do not know the exact number since the examination is still underway and especially 2nd tests had not been completed with many suspected subjects, we can tell that the incidence rate has already jumped dozens of times compared to the 2005 statistics of 1 thyroid cancer out of 100,000 among Japanese minors.


以下が最新の福島県甲状腺検査の結果報告です。
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou2.pdf

Below is the latest Fukushima Prefectural Thyroid Examination Report.http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou2.pdf
 

現在2011年の11人、2012年度の16人、合計27人の甲状腺がんが確定しています。
As of now, 11 thyroid cancer kids in fiscal year of 2011 and 16 in 2012, in total 27 thyroid cancer cases were found.
11ページをご覧ください。
See the page 11 in original Japanese or the translation of the same at the bottom of this page.


 
2011年度には、40704人中、11人の甲状腺がんが発生しています。
(ただし、表3によりますと、205人中166人しか2次検査を受けていないため、残りの39人が検査を受けると、11人より増える可能性があります。)

Already, 11 cases of thyroid cancer were found in the fiscal year of
2011 out of 40704 (however, accouring to the chart 3, only 166 out of
205 children actually took the 2nd examination, there could be more
cancer cases if the remaining 39 go through the 2nd exam.)

2012年度では、13万4735人中16人の甲状腺がんが発生しています。しかし、二次検査を必要としている935人中、たった225人しか受けていないため、残りの680人が二次検査を受ければ、この数はずっと多くなる可能性があります。


 In the fiscal year of 2012, already 16 thyroid cancer cases were found
out of 134735 (however, once again, only 255 out of 935 children went
through the 2nd examination at this stage, so if the remaining 680 go
through the 2nd exam, this number could boost later.



 

健康上重大な影響が既に出ていることは、福島県が現在行っている県民健康管理調査における未成年者の甲状腺の異様に高い数値が最も顕著に物語っています。結節やのう胞が認められた者が43%611歳の女児に至っては50%を超えるという数値が見られたのです1

The most prominent example of health effects on Fukushima children is observed in the Fukushima prefectural health control survey for children under 18.  Amazingly, thyroid cysts or cysts were observed among 43% of the subjects and among the girls between 6 to 10 years old, the figures exceed 50%. 

 

この調査のリーダーの医師である山下俊一氏は、2000年に長崎でも250人の児童の甲状腺調査をしており、この時のう胞を保有していた児童はわずか2人(0.8%)でした。さらに若い人については転移についての危険性も過去の論文で発表しています。これに対して医師らは、現在のエコー検査機器の画像は1mmあれば検出できるが、10年以上前のエコー検査の画像は粗いため、5mm以上でないと正確な比較ができないと言い逃れをしています。

The leader of this health survey team, Dr. Shunichi Yamashita had conducted thyroid echo tests on 250 children in Nagasaki in 2000, and only 2 (0.8%) were detected with cysts.  However, Fukushima health survey team made an excuse that the current echo machine is more refined and can detect 1mm nodule image while the one in 10 years ago detected only 5mm or above. 

 

そこで北海道がんセンター院長の西尾正道医師が、5.1mm以上ののう胞を比べたところ、福島では38114人中970人で2.54%であり、同じ山下氏がチェルノブイリで事故10年後に行った調査では0.5%程度なので、事故1年半後の福島は、チェルノブイリの5倍も検出されているのです2

 As for this issue, Dr. Masamichi Nishio, the director of Hokkaido Cancer Center compared children with cysts more than 5.1mm in Fukushima one and half years after the accident with the one in Chernobyl 10 years after the accident.  Dr. Nishio said that already 5 times more children are detected with cysts of 5.1mm or larger in Fukushima compared to Chernobyl and this figure could be bigger as the time elapses. 

 

また、福島医大の内分泌外科教授鈴木真一が甲状腺ガンの進行が遅いと言っていますが、子供は進行が早いし、転移の可能性があることも留意しなければなりません。また、放射線被曝で現れる症状は甲状腺ガンばかりではありません。放射線で引き起こされるのは甲状腺ガンだけではありません。肺がんその他の呼吸器疾患も注意していかねばならないと思います。大量の放射性核種を吸入してしまった以上、当然呼吸器系の異常も予測されますし、現にチェルノブイリの汚染地帯では呼吸器系疾患が多いと聞きます。5年間チェルノブイリの子供たちの医療支援をしてきた、現松本市長の菅谷医師は、「甲状腺ガン手術をした子供たちの6人に1人がのちに肺がんに転移した」と言っています。

  It is not only thyroid cancer which is caused by radiation.  If people have inhaled a large amount of radionuclides, respiratory abnormalities surely can be predicted and Ive heard and read that there have been many respiratory diseases observed in Chernobyl contaminated areas.  According to Dr. Akira Sugenoya, who had worked in Belarus for 5 years for medical support, one in 6 thyroid cancer child patient later developed lung cancer. 

 

甲状腺学会は、福島の子供の甲状腺検査を、県の医療機関以外で行ってはならないというセカンドオピニオンを求める声を遮断する行為を行っています。それでも半年後に出現したというケースや、他の病院で検査を受けた福島の子供が、県の調査で受けたよりも多くののう胞が見つかったという例もあります。2年後の検査では、のう胞や結節の状態の悪化や、リンパへの転移なども危惧され、より頻繁に検査をする必要があります。また前述したように東京で5mmののう胞で甲状腺ガンだった患者の例をとれば、大きさで判断するのは危険であり、大きさに関わらず、細胞診が受けられる体制を作るべきです。

Moreover, some medical circles send out more concrete messages.  Thyroid Association announced a written notice to thyroid doctors in Japan not to conduct further thyroid tests on Fukushima children, which hampers the parents from getting second opinions or second test. However, some parents managed to get the second opinion and some found more nodules in their childrens thyroid.  The interval of 2 years for the next examination may become too late for some patients considering the possibility of aggravation of cysts and nodules, metastasis of cancer to lymph and other tissues.  Also as I mentioned before, there was a patient whose nodule was only 5mm and cancer was found.  Irrespective of the size, biopsy should be available.

 

また、残念なことに2012年911日には甲状腺ガンの第一号が発表されましたが、この子どもの家族は、なんと警戒区域から道一つ挟んだだけの場所に居住していたと言います。そして同日「事故との因果関係はない」と発表されました。

しかし、その後驚くニュースが流れたのですが、その前から関係者間で会の存在自体も口止めされていた秘密会が行われたと言います。甲状腺ガン第一号の発表の前には、「被曝による甲状腺異常ではない」とする模擬の質疑応答の練習までなされ、このことが公になってから、委員会長の山下俊一氏が謝罪するという事態にまで及びました3

On September 11, 2012, regretfully, the first thyroid cancer patient was found only a road outside of the evacuation zone.  At the announcement of this sad news, the causal relationship with the radiation was denied promptly by the committee members of the prefecture. 

However, immediately after this announcement, it was revealed that secret meetings had been held among the committee members and the members were told not to reveal the existence of the meeting (http://enenews.com/govt-held-inappropriate-secret-meetings-about-human-health-impacts-from-fukushima-crisis).  Before the announcement of the 1st thyroid cancer patient, members were practicing how to be prepared to answer questions so that they could deny the causal relationship between radiation and thyroid abnormalities7, and eventually, Dr. Shunichi Yamashita, the committee leader apologized on this incident (http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20121119p2a00m0na017000c.html).  

 

そしてその後、もうひとり甲状腺ガンの疑いがある子供が1人発生しましたが、なぜかその子供の2次検査の結果がどうであったか、まったく報道がされず、福島県の福島県民健康調査担当者に聞いても「結果はしばらく前には出ていると思いますが、私たちのほうでは結果を知らされておりません。」と回答をもらえませんでした。私の知人の医師は、この2人目の子供がガンであったことを聞いており、さらに3人目の未成年者の甲状腺ガンが発生したことを、患者を直接知っていて把握しています。しかし1人目以降の福島の子供の甲状腺ガンは伏せられているのです!

Even more serious issue is that the government stopped announcement of further thyroid cancer cases.  There was a additional case of a child who needed further testing in 2011 October, but the result has been concealed.  On my telephone inquiry, the person in charge at Fukushima prefecture health examination told me, We are not aware of the result, though the result should have been released sometime ago.  On top of that a doctor I know directly know the case of another child who got thyroid cancer in Fukushima.  In total, at least three children got thyroid cancer in Fukushima, but only one case has been released so far.

とうとう悲しい知らせが2013年2月13日に訪れました。ネットとローカルニュースで(全国放送でなぜかやらない)38000人の福島の子供たちの検査の結果、合計3名の甲状腺がんが出て手術をしたというのです。子供の甲状腺がんは国立がんセンターのデータでは、10万人に0.6人程度なので、18万人なら「1人」が平均的ですから、その約10倍に当たりますしかも他に7人の子どもたちにガンが強く疑われているというのです。


A sad news came finally on February 13, it was reported on the net and local news that 3 thyroid cancer patients were found among Fukushima children out of 38000 who had gone through medical inspection.  Compared to the regular thyroid cancer incident rate among children with 1 out of 180000 according to National Cancer Center data, so this is approcimately10 times high!  Moreover, 7 more children are now highly suspected to have cancer among the above children.

 
これは大変な事件であり、本来であれば世界のトップニュースに当たることだと私は思います。しかしそもそも唯一の国営放送であるNHKが、福島の子供の甲状腺検査のニュースそのものをほとんどやっていないため、不思議なほど騒がれていません。

This is such a scandal and I believe this could be on the top news in the world.  However, since the sole state-owned TV station NHK, has not broadcasted on Fukushima childrens thyroid examination itself, this scandal is amazingly not known to public.

 

それどころか、この被災地の市民から最も非難されている山下俊一医師は、元日本医師会長で世界医師会長でもあった武見太郎氏の名前にちなんだ「武見記念賞」を2012年12月に受賞しました。米国からは全米放射線防護委員会NCRPの名誉会長Warren K. Sinclair氏の名前にちなんだ基調講演「福島原発事故と総合的健康リスク管理」を、事故から2年目の2013年3月11日に行いました。なんという皮肉でしょうか。http://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/2013_Ann_Mtg/Yamashita-WKS.pdfが立て続けに送られています。

On the contrary, Dr. Shunichi Yamashita, who has been gathering the most criticisms from the citizens by nuclear accident affected areas, was honored with Dr. Takemi Memorial Award (Dr. Takemi is the name of former president of Japan Medical Association and also World Medical Association) in December 2012.  This simple fact shows how medical associations are corrupt with interested groups.

Dr. Yamashita was also chosen as the speaker for Warren K. Sinclair Keynote Address (Dr. Sinclair is the NCRP President Emeritus) on this coming March 11, 2013, 2 years after the nuclear accident.  How ironic this is! http://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/2013_Ann_Mtg/Yamashita-WKS.pdf

さて、この3.11の山下俊一米国講演会ですが、発表の64ページhttp://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/203_Ann_Mtg/Yamashita.pdfで、非常に重要な発言がありました。福島事故後に、若い男性でも肝臓機能障害や高尿酸血が、そして成人や年配者で高血圧、グルコース代謝不全、腎不全が増加していると発表しました。今現在起きている健康障害は、一番大事な問題であり、本来であれば予防原則にのっとるべきであるのに、山下氏は、何の根拠もなく、すべて生活の変化や精神的ストレスのせいにしており、放射線による原因はあえて避けています。上記の症状は、チェルノブイリの汚染地帯でも見られた症状です。

In Dr. Yamashita's March 11 speech, there was an important report on health damages.  (See page 64 of http://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/203_Ann_Mtg/Yamashita.pdf) Liverdysfunction and hyperuricemia were increased among young male and hypertension, glucose dysmetabolism, renal dysfunciton were increased among adulthood especially aged people.  These factual health hazards should be the most pressing issue, which should be focused.  However, Dr. Yamashita attributes these symptoms to solely change of life styles and mental stress, avoiding radiation effects purposefully.  These symptoms were commonly observed in contaminated Chernobyl areas.

また、同講演会では、チェルノブイリで明確に起きていた遺伝子レベルの異常についても話されました。FOXE1という遺伝子に、放射能による甲状腺がんとの因果関係が明確な異常が観察されており、山下医師は2010年にこの研究論文の執筆者の一人でもあります。(http://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/203_Ann_Mtg/Yamashita.pdf の24ページ)山下氏は、日本においてはこの問題に全く触れません。そして福島では、遺伝子の検査は全く行われておりません。

In the same presentation, Dr. Yamashi mentioned about the genetic abnormality confirmed in Chernobyl.  FOXE 1 has been observed as a genetic deteriminant for thyroid cancer and Dr. Yamashita was one of the authors for the 2010 study.  (http://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/203_Ann_Mtg/Yamashita.pdf page 24)  However, he never mentioned about it in Japan and never conducted any genetic tests of Fukushima residents.

これは、遺伝子レベルで福島の住民を検査したならば、放射能との因果関係が明白になってしまうため、隠ぺい工作として日本では沈黙しているのではないかと考えます。こうしている間にも、汚染地帯の子供たちには遺伝子レベルで悪影響が及ぼされているに違いないのです。これはまさに医師や科学者らの、国家権力に加担した犯罪だと思います。
 
I believe that Dr. Yamashita keeps his silence regarding this genetic study in fear that  the apparent adiation effects on Fukushima residents could be revealed through genetic test results.  Meanwhile, children in Fukushima are being exposed to radiation day to day, with their genes being affected by radiation.  I simply believe this is a crime by doctors/scientists who take the side of state power. 

山下俊一医師のような人が、日本甲状腺学会の会長であること、またWHO放射線緊急医療準備・応答ネットワークの所長であることは非常に危険な話かと存じます。と言いますのも、山下医師は事故直後に、「100μSv/hに達するまでは外に出ても全く問題ない」と発表して、その10日後に、「10μSV/hの言い間違えであった」と訂正したくらいのお粗末ぶりだからです。

Truly, it is a very scary fact that a doctor like Shunichi Yamashita is the President of the Japan Thyroid Association and Director of the WHO Collaborating Center for Research on Radiation Emergency Medical Preparedness and Response Network.  He was the one who told Fukushima residents, It is no problem to be outside until the air dose will reach 100 micro Sv/h, and corrected himself 10 days later on March 22, saying, It was 10 micro Sv/h, not 100 micro Sv/h.  I apologizes.

 

もうひとつ、知り合いの医師から驚くべき話を聞いております。その医師の話では、被ばく医療シンポジウムで放射線指導医が「首の動脈硬化の超音波検査の時、結節等所見があっても、検査技師には甲状腺の写真や記録を残すな。」と講演したと言います4。所見を書くなとは見たことのない、通達であったと言います。これのみでなく、この医師によれば、病院内で、放射線被曝の話題を避けるような自己規制は広くみられると言います。放射能汚染された日本で、現場の医師たちがこの問題に真剣に取り組まないことは、非常に危機的なことかと思います。

Moreover, I heard quite an amazing story, from a doctor I know.  According to him, at a radiation related symposium for medical workers, a radiation expert doctor stated in his speech, At the time of echo examination for arteriosclerosis in neck area, tell the echo technician not to leave a photo or written record of thyroid even if a cyst is found there. According to this doctor, he has never heard of this kind of restriction since he became a doctor decades before.  Not only that, he mentioned that similar kinds of self restraints are widely observed in hospitals avoiding the topic of radiation exposure.  It is quite a matter of concern that Japanese doctors themselves avoid the issues of radiation exposure in their daily practices in this contaminated land. 

 

Sources:

1.   Fukushima prefecture thyroid test progress and result as of November 1, 2012


 



Results

Number

%

Number

%

A1 No cysts or nodules

24,469

64.2%

33,158

57.3%

A2 Cysts not more than 5.0mm or nodules not more than 20.0mm

13,459

35.5%

24,367

42.1%

B Cysts not less than 5.1mm or nodules not less than 20.0mm

186

0.5%

314

0.5%

C Second test is needed immediately.

0

0.0%

1

0.001%

 

Results by age/sex/year (%)



05 years

610 years

1115 years

16 years

2011

2012

2011

2012

2011

2012

2011

2012

M 13.7

M 19.5

M 37.6

M 48.4

M 42.9

M 48.6

M 38.8

M 43.1

F 14.0

F 22.9

F 42.4

F 53.1

F 49.6

F 54.0

F 44.5

F 46.4

 

2.   Comparison Between Chernobyl and Fukushima Thyroid Result

 



 

Chernobyl

Fukushima

Nodules 5.1mm or larger

0.5% (10 years after)

2.5% (1 year after)

Cysts 5.1mm or larger

0.5% (10 years after)

0.5% (1 year after)

Source: Dr. Masamichi Nishio, Director, Hokkaido Cancer Center

 


4.   Personal communication with Dr. Hiroshi Okayama from Tohoku University

https://twitter.com/mariscontact/statuses/266637491958841344



平成23年度及び平成24年度県内実施対象市町村別二次検査結果
Fukushima Thyroid Examination Results in 2011 and 2012


 


(平成25527日現在 As of May 27, 2013


 


平成23年度 県内実施対象市町村 Results by Municipalities in 2011




 

一次検査実施人数

No. of 1st exam

implementation

二次検査対象人数

Subject to 2nd exam

二次検査実施人数

Actual No. of 2nd exam implementation

二次検査率

Rate of 2nd exam implementation

悪性、悪性疑い

Cancer/

Suspected

cases

悪性、悪性疑い一次検査実施率

Rate of cancer and suspected cases

川俣町Kawamata

2229



0.4


0.09

浪江町Namie

3161

24

20

0.8


0.03

飯館村Iidate

937



0.6


0.00

南相馬市MInamisoma

10436

50

44

0.5


0.02

伊達市Date

10599

50

44

0.5


0.02

田村市Tamura

6358

33

23

0.5


0.03

広野町Hirono

734



0.4


0.00

楢葉町Naraha

1038



0.4


0.00

富岡町Tomioka

2072



0.4


0.05

川内村Kawauchi

262



1.5


0.38

大熊町Okuma

1844

10


0.5


0.00

双葉町Futaba

881



0.3


0.00

葛尾村Katsurao

179



0.6


0.00

その他Others

34






合計

40764

205

166

0.5

11

0.03


*1 一次検査実施者は、県内および県外検査の受診者を合計した人数


1. The first exam was the total number of residents who reside in and outside of Fukushima after the accident.


*2 細胞診結果において悪性疑いで手術後良性であった1例は含めない


2. One case where the malignancy was suspected after the cytodiagnosis and was found out its benignant after the surgery was excluded from No. of cancer/suspected cases.


*3 その他は、国が指定した警戒区域等避難区域市町村以外で、学校等において甲状腺検査を受けた人数


3. Ohters are those from outside of Exclusion zone and who conducted the examination at schools etc.



 


平成24年度 県内実施対象市町村 Results by Municipalities in 2012




 

一次検査実施人数

No. of 1st exam

implementation

二次検査対象人数

Subject to 2nd exam

二次検査実施人数

Actual No. of 2nd exam implementation

二次検査率

Rate of 2nd exam implementation

悪性、悪性疑い

Cancer/

Suspected

cases

悪性、悪性疑い一次検査実施率

Rate of cancer and suspected cases

福島市Fukushima

46367

263

228

0.6


0.02

二本松市Nihonmatsu

8619

51

20

0.6



本宮市Motomiya

5135

27


0.5



大玉村Ootama

1354



0.5



郡山市Kooriyama

50805

442


0.9



桑折町Kuwaori

1788

12


0.7



国見町Kunimi

1364

15


1.1



天栄村Tenei

850




0.7


白河市Shirakawa

10942

61


0.6



西郷村Nishigo

3585

28


0.8



泉崎村Izumizaki

1145



0.4



三春町Miharu

2440

15


0.6



いわき市Iwaki

341



0.9



合計Total

134735

935

255

0.7

16


 

 

 

 

 

 

 


*1 一次検査実施者は、県内および県外検査の受診者を合計した人数


1. The first exam was the total number of residents who reside in and outside of Fukushima after the accident.


*2 福島市以外は、まだ検査開始早々で受診率が低いため表記していない。


2. Except Fukushima, cancer rates are blank due to low rate of 2nd exam implementation.


*3 早期に診察が必要と判断した方については優先的に二次検査を実施


3. For those who show early diagnoses are needed at the 1st exam, the 2nd exam is implemented with priority.